RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rakim「The Seventh Seal」
full_rakim_the_seventh_seal_500.jpg

Hip Hop界の伝説的なMCとして神様の様に崇拝され続ける、“Master Of Hip Hop”ことRakimの通算三作目となる『The Seventh Seal』を御紹介。ソロ作としては前作『The Master』よりおよそ十年振りとなる本作、なんの前情報も仕入れていなかった僕はかなり驚きましたし喜びました。あのRakimが久々にマイクを握るという事で狂喜乱舞したのは僕だけではないはず、多くのHip Hop愛好家がこの瞬間を待っていましたよ(叫)。伝道師の様な格好をしたこのジャケットもイカしてますよねぇ、もう聴く前からテンション上がりっ放しで御座います(興奮)。
それでは気になる内容を簡単にですが御紹介しますと……まずはSlyce製作のキャッチーなノリがオールドスクール回帰な101曲「How To Emcee」で軽快に幕開け、Rakimの太過ぎず滑らかでスマートなラップが滑る素敵な一曲にもう感動。単調なメロディ部分のみをカットしてループするこういうグルーヴは最近のHip Hopでは出逢えないから嬉しい、Additional vocalsのTracey Hortonの歌声もなかなか素敵。Needlz製作のシリアスで不穏な空気が流れる「Walk These Streets」ではN.Y.の若手Mainoを客演に起用、しゃがれた煙たいラップで殺伐とした雰囲気を煽っていてなかなか健闘していてグッド。荘厳で重たいピアノ旋律のループに硬質なビートがドカドカと衝突かる「Documentary Of A Gangsta」はY-Notなる人物が製作を担当、客演にはIQ鳴る男性シンガーが参加。シリアスでクラシックなタッチのトラックが超ベテランのRakimにはバッチリお似合い、このクールさ&男臭さはRakimならではの濃厚なコク深さで迫力ありますね。完璧にソウルフルな45回転早回し技がクリティカルヒットな僕好みの「Man Above」は玄人Nottzが製作を担当、ネタが分かりませんがとにかくソウルフルで真っ黒なファンク香る、生音バンドチックな音構成もたまらなく燻し銀な一曲で最高。歌フックを担当するTracey Hortonも前に出過ぎずに、でもちょっと癖のある渋いシャウトを聴かせてくれていてコレが甘渋くて素晴らしい。Samuel ChristianとJ.Wellsが共同制作したちょっぴりスペーシーなクールシンセ曲「You and I」、カチカチと鳴るビートに笛音が時折絡む不思議な空間を漂う一曲で、その中でRakimが淡々とラップして空間を刻む姿が渋くも眩しくて深々と染み入る一曲。客演参加の男性シンガーSamuel ChristianはどことなくJohn Legend似の歌声でフィルター曇った様なソウルフルな歌声がなかなか素敵です。Jake One製作で電子鍵盤を単調に叩くメロディに捻れたシンセがビートに変化した「Won’t Be Long」も、シンプルなだけにRakimの神ラップが鋭く斬り刻む感覚を身体で感じる事のできる、なかなかクラシックなタッチの佳曲でグッド。ここでは再びTracey Hortonがフックを担当していて、甘酸っぱい系のその歌声を搾り出す様に出してメロウさを30%増にしています(助演男優賞)。古臭いレコードからフックを切り取ってループさせ、そこにシリアスでダークなメロディを加算した「Holy Are You」はNick Wiz製作曲。50 Centが好きそうな殺伐として冷たく蒼く光るシンセサイザーが交錯するトラックながらも、どこかオールディーズな味わいも混ぜ込んだRakim仕様の一曲。この曲でもしも50 Centが援護射撃していたら最高だった(夢)、しかしRakimの冷静で紳士な声で聴かすこの曲はブランクを全く感じさせない現代風のギャング曲。これまたソウルフルなメロディ要素をドカドカと振動させながら合体させたトラックが面白くも物凄くカッコイイ「Satisfaction Guaranteed」は最高の仕上がり(痺)、製作はNeo Da Matrixという事で納得の出来映え。James Brownの様な吠え声の早回しに、ダダダダダダと機関銃の様に疾走するボトムビートが凄まじく殺傷力高い、Rakimのラップも余裕綽々で疾走するスマートで冴えていてもう失神寸前です。Robert Cray Bandが演奏するブルージーでマッタリとコク深い哀愁抜群の「Working For You」はBassi Maestro製作、湿っぽく鳴るエレキギターの弦音に物寂しい気分になる大人の一曲、Rakimの紳士で渋いバーボンラップに思う存分酔い痴れるしかありません(溺)。これまた僕の好きな45回転早回し(一時期のJust BlazeやKanye Westが得意とした)が炸裂する激渋ソウルフルな「Message In The Song」はLofeyが製作を担当、歌フックを担当するDestiny Griffinなる女性シンガーはRakimの実娘ですかね。ストリングスの美しくも鮮麗なメロディに合わせてRakimのスマートで流暢なラップが華麗に舞う流麗な一曲(壮美)。Poppa Pill製作の「Put It All To Music」も45回転早回しのネタ曲、スッキリ爽やかでいて黒いファンクが漂うトラックは息吹を感じるちょっぴりキュートな一曲、Rakimのスマートさ(賢さ)が滲み出た燻し銀な一曲で、そのままR&Bシンガーに歌わせても違和感無しのスムージーなR&Bチューン(惚)。黒くドラマチックで滑らかで艶っぽいメロディが色気たっぷりの「Psychic Love」も、溜めては叩くビートとソウルフルな歌声がカットされループする「Still In Love」も、No Doubt「Don't Speak」をサンプリングした(Gwen Stefaniの歌声も聴こえる)物悲しいRock調のブルージー曲「Dedicated」も、全てをNick Wizが製作していて、そのどれもが古き良きソウルを体現した味わい深いトラックメイクでRakimとの相性抜群で御座います(天晴)。

黄金期のあの頃のRakimに逢える素敵な一枚、これは良い意味です、Rakimがあの時代で止まっているとかいう意味ではけしてありません(警告)。勿論僕も26歳なのでRakimの全盛期はよく知らないし、現代のHip Hopを聴いて育ちました。がそれでもやはりRakimの創るこういう音に再会できたのは凄く嬉しい、最近のHip Hopが忘れているものを思い出させてくれます(懐)。Rakimのソロ作品は全て持っていますが本作も劣らずに素晴らしかったですよ、我侭を言うならもう一度だけDJ Clark Kent製作の曲を聴きたかったです(惜)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment