RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Sade「Lovers Rock」
sade-lovers.jpg

Sade Adu、Stuart Matthewman、Andrew Hale、Paul Spencer Denmanの女一男三の四人構成のグループ、Sadeの通算五作目となる『Lovers Rock』を御紹介。Sadeは僕の母親がすごく好きで昔から家の居間で大音量で掛けられていて(母はそれを聴きながら夕飯の支度をしていた)、僕も自然とSadeを聴いていたのでそのまま好きになりました。SoulともJazzともRockともR&BともBluesともFolkいえる、なんともカテゴライズし難いまさに“Sade”というひとつの音楽観を持った独特のアーティストで御座います(唯一無二)。
そんな深過ぎて表現の難しい本作を簡単に御紹介しますと……製作はすべてSadeの面々が担当しており(Co製作にMike Pelaが参加)、これがSadeのまず礎で楽器演奏なども彼らは行っています(バンドなんだから当然ですが)。まずはさらりと流れるアコースティックギターの優しい音色と、ほんわかした温もりある響きのオルガン調のメロディがたまらない「By Your Side」でまったりと幕開け。“あなたのそばにいるわ、駆けつけてあげる♪”と優しく微笑む様に歌うSade Aduの歌声に、僕は思わず涙が出そうになります(滲)。ちょっぴり影がある寂寞のメロディにHip Hop流儀のビートが胸を打つ燻し銀な「Flow」、こういうビートチックなダークなグルーヴをさらりと繰り出すからSadeってカッコイイ、ひんやりと冷たく光るSade Aduの歌声もキマッてます。爪弾くギターに乾いたビートが絡まり、悲しくも寂しいメロディが染み出て“私は悲しみの王様♪”と嘆く「King Of Sorrow」も、その哀愁漂う雰囲気とSade Aduの曇った歌声が物凄く似合ってて、キャッチーで耳馴染みの良い繰り返しのフックも心をグッと掴みますねぇ。「Somebody Already Broke My Heart」は優しく包み込むように鳴る生音の奥の方で、細かく繊細に構築されたシンセ音が静かになって漂うような感覚と奥行きを表現しているし、底辺で鳴る鼓動に似たビートもどこか自分の心臓のような生身の感触をこの曲に与えていて不思議な魅力。“私の心ならとっくに誰かが引き裂いてしまっている♪”と、次の恋に臆病になっている女性の心情を切なくも赤裸々に表現した、胸を締め付けられる失恋曲。南国風味の和やかなギターサウンド&パーカッションに、Hip Hop風味の硬質なドラムパターンが寄り添う天国曲「All About Our Love」も素敵、長い間一緒に歩んできた恋人同士が“長い歳月を共に過ごし、いろんなことがあったけれど♪”と永遠の愛を誓う素敵なラヴソング。どこか異国情緒の溢れるスパイシーなメロディがたまらなく妖しく灼熱な「Slave Song」も、打楽器音に合わせてスクラッチや電子音が不穏に響き渡る面白い一曲で素晴らしい仕上がり。ほぼStuart Matthewmanが奏でるアコースティックギター一本での弾き語りといえる子守唄「The Sweetest Gift」は聴いているだけで癒される、もし自分に子供が生まれたらこの曲をお昼寝の時間に聴かせてあげたい(慈愛)。どことなくカリブチックで影のあるサウンドにThe Fugeesの醸し出していたフィーリングを僕は感じる「Every Word」、“あなたの言ったすべての言葉を、すべてあなたに送り返してやる♪”と恨めしく歌い上げる恋人の裏切りを責めるドラマチックな一曲。硬質なドラムビートパターンが冷たく降る雨の様に劇的で悲しい「Immigrant」は、人生の苦難を歌った重い一曲でその殺伐としたトラックが素晴らしくカッコイイ一曲。表題曲となる「Lovers Rock」は青空の様に爽やかなギターメロディに、Sade Aduの明るく晴れやかな歌声が心地良いハッピーな一曲。最後を締め括るのはゴスペルチックな神々しくも輝かしい「It's Only Love That Gets You Through」、教会のオルガンの様な深みのある響きに、優しくて煌びやかなピアノ旋律がほろりと鳴る素敵なラヴバラード。“愛の力だけがどんな困難も、あなたに乗り越えさせることが出来る♪”と真っ直ぐに愛の素晴らしさや尊さを歌った真摯で純粋な一曲で、この曲を結婚式に流したらきっと幸福になれるだろうと思います(誓)。

Sadeの素晴らしいラブソング集、これを聴かないのは損です(絶賛)。Sadeはどこか悲しみに似た寂しい曲が多い印象があるんですが(しかしどの曲もいろんな愛を歌っていたのには変わりないのですが)、本作ではほんのり幸せで明るい極がちょっと多めだった気もします。これだけの魅力と世界観を持っているアーティストはそうそういないですね(稀少)、最近は何処も彼処もエレクトロ過ぎるから、こういう生音な音楽に触れるとホッとします(安息)。Sadeの素晴らしい一枚に大満足、あなたもきっと好きになりますよ(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment