RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Seal「System」
SEAL-system.jpg

英国はLondon出身で奥様は美人モデルのHeidi Klumのソウルシンガー、Sealの通算五作目となる『System』を御紹介。Sealは僕の好きなシンガーの一人で、毎回書きますが彼がいなかったらUK産のR&Bは聴かなかったかもしれません。あと僕がSealで好きなのは、毎作きちんと趣向を凝らして製作された芸術性の高いアルバムジャケット、CD蒐集家の僕としてはジャケットはかなり重要なんですよね(豪語)。御多分に漏れず本作のSealのジャケットも好きです、黒を基調としたモノトーンで、Sealの顔がミラーボールの様に作られています。何故ミラーボールなのか、その真相やいかに……?
その理由は内容を聴けば見つかりますから御安心を……本作は全編通してエレクトロなダンスチューンで構成されているのです。これまでのSealといえば名ProducerのTrevor Hornと一緒に作品を制作していましたが、本作では全編を通じあのStuart Price(Madonna『Confessions On A Dance Floor』を製作した人物)をProducerに起用しているからなのです(作詩は全てSealが担当)。内省的で静かなバラードを歌ってきたSeal、この振り幅にはかなり期待できます。まず幕開けを飾るのは「If It's in My Mind, It's On My Face」、煌びやかながらも静かで、激しいビートながらもゆっくりと広がってゆく感触がたまらないフリーダムな一曲。轟く雷鳴から始まり流麗な電子ギター弦の音に導かれる「Just Like Before」、ハスキーなSealの歌声で繰り返される“べいびべいびー♪”が心地良く脳内でリフレインするラヴソング。ドロドロと底の方へ沈んでゆく様な感覚に陥る冷たくドラマチックな「Loaded」、“僕の瞳に映る君は、弾丸が詰まった銃のように♪”と歌う詩がなんともヒンヤリと冷たくシリアスで、Sealの透き通る様な歌声もどこか冷徹で透き通っています。爪弾くアコースティックギターの音色が柔らかく温かい木漏れ日の様なラヴソング「Wedding Day」では綺麗な奥方のHeidi Klumが参加、この曲はそこまでエレクトロしてなくてこれまでSeal作品らしいポエムチックなメロディ、ゆったりと漂うSealとHeidi Klumの歌声が繊細で気持ちよく響き渡ります。“この色分けが間違っていることは、我々も解っている”と歌う人種差別撤廃をテーマとした「System」、最初はゆっくり始まり徐々にエレクトロを呈しながら加速し広がるこの曲は開放感を感じるし、Sealの伸びやかで淀みの無い歌声にガッチリ似合っていてナイスな疾走具合で聴いていて爽快。ピコピコな電子音にジャカジャカ鳴る弦音が小気味良いリズムを刻みながら踊る「Dumb」は、どこかスパニッシュにも感じるメロディラインに電子鍵盤が軽やかに絡む不思議な魅力に包まれた一曲。「Right Life」は波音の様な電子音が揺れながら押し寄せるエレクトロ曲で、真っ暗な闇の中を閃光がチカチカと光る様な、程良い眩しさが美しく流麗な一曲でかなり好き。エレクトロを一旦脇に置いてアコースティックギターを爪弾き聴かせる「Rolling」はSeal趣味、前向きにひたむきに生きる人生を謳った輝きに溢れた一曲で、聴いていると癒されるし希望が沸々と胸内に沸いてきます(神々)。最後を締め括るのは繊細で不思議なトリップ感に思わず体が浮いて漂ってしまうスペイシーな「Immaculate」、この無限に広がる宇宙のように全てを包み込むSealの歌声とStuart Priceのエレクトロチューン、見事の一言に尽きます。敢えて飛ばしましたが本作からの先行シングルは「Amazing」、詩にある“だから君は走る、走り続ける♪”のラインを抜群に表現したような、軽やかで滑る様に颯爽と交錯する電子音がたまらなく爽快で、だんだんと気持ちも高揚してしまいます(昇天)。なおこの「Amazing」は国内盤では三通りも収録されていまして、「Amazing(Kaskade Remix)」「Amazing(Bill Hamel Vocal Mix)」はもうクラブ向けに作られたトランスチューンで、まぁ本作のエレクトロなコンセプトには合致しているから良いのかなと。気になるのは四つ打ちビートにクラップ音が重なるサイバーな「Amazing(Thin White Duke Edit)」、“Thin White Duke”とはかのDavid Bowieの別称ですからね、でも彼が参加しているのかどうか分からないんです(勉強不足)。

Sealの歌声ってちょっとハスキーな感じがまた素敵、擦れてはいるけれどシルキーで耳触りが優しいんです。最近はやたらエレクトロが流行(横行)しているので、今聴いても嵌る方がおられるかもしれません(薦)。ただしかし普通のエレクトロと一緒にされては困ります、やはりSealならではの深遠さが広がった、穏やかな宇宙空間の様な神秘的な一枚に仕上がっています。僕としてはやはり『Seal II』や『Human Being』の方が好きですが、Stuart Priceが手掛けたこのエレクトロな空間遊泳トラック満載の本作も異色な感じがして好きです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment