RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Trey Songz「Ready」
trey-songz-ready.jpg

Atlantic Recordsの創設者Ahmet Ertegunが大絶賛し、あの大物ProducerであるTroy Taylorが仕上げたTrey Songzの通算三作目となる『Ready』を御紹介。何より今考え直せば前作『Trey Day』がかなり実験的で攻めていて、なかなか面白かったんですよね、それからどんどんTrey Songzが好きになりました。そして気付けばHip Hop勢との絡みが多い男性シンガーになっていて、やはり彼の才能&キャラに一目置く様になった訳です。前作よりもっとムキムキに鍛えられたこの裸、このジャケットだけで多く女性を虜にする事に成功しているハズ(笑)。そしてより大人の男性に成長している自信に満ち溢れていますね、期待できます。
それではかなり気になる内容を御紹介致しましょう……まずはしっとりと妖艶にエロ~く幕開けを飾るTroy TaylorとPatrick Hayes共同制作の「Panty Droppa(Intro)」、タイトルからしてエロくていかにもTrey Songzらしい(笑)、“君はヒールだけ履いていればいい♪今夜一緒にベイビーを作るのさ♪"とねっとり歌うTrey Songzに女性陣は卒倒するでしょう。そのまま流れ込む爪弾くギター弦が繊細で美しい「Neighbors Know My Name」は再びTroy TaylorとPatrick Hayesの共同制作、水滴ピチョンをバックで鳴らした王道濃厚なベッドイン曲が官能的。トラックもゆったりとまどろみながら展開するドリーミーなメロディラインでセクシーの一言に尽きる、Trey Songzの時に張り上げ時に裏声使うこの歌い方は、完璧にR.Kellyマナーを踏襲していますね。“セックスを発明したのは僕だと思うだろうね♪”と自信満々に口説く(羨)「I Invented Sex」 はLos Da Mystroが製作を担当、客演には注目度No.1のDrakeが参加。キラメキ度満点の流線形のエレクトロチューンは眩いばかり、Trey Songzの優しく耳元で囁く様な歌声も色気たっぷりで似合ってるし、Drakeのメロディに対応した様な蛙声ラップもモロにフィットしていえて素晴らしい遊泳感を演出しています(浮)。ギター弦の音に颯爽として甘酸っぱいメロディが流れてゆく「I Need A Girl」はStarGate製作曲、爽やかな風のように吹き抜けるトラックはやはり天晴れですし、Trey Songzの淀みのない歌声に惹かれてグイグイ惹きこまれる口説きの一曲。「One Love」はBryan-Michael Cox製作(ソングライトをJohnta Austin)の哀愁漂うなぜか寂しげな一曲、Trey Songzのちょっと涙ぐんだ様な歌声にギュッと胸を掴まれる想いがするし、どこか乾いたメロディがその切実さをより濃くする一曲。「Does He Do It」はSean "The Pen" GarrettとEric Hudsonによる共同制作、これもま程よいキラメキ具合が抜群にキュートで綺麗ですし、フックでの幾重にも織られたTrey Songzの歌声も胸をキュンとさせてくれるから好き。フックと言えば分かり易く短く繰り返すのもキャッチーで耳に残るし、途中から後ろで聴こえるトークボックス使いも華やかさを演出しててかなり良かった(褒)。ちょっぴり平坦な歌い方で攻める宇宙曲「Say Aah」はYoung YonnyとTroy Taylorによる共同制作、この曲はもう完璧にThe Dream仕様の曲ですか構いません(笑)、フックでのロボ声加工された“あああーあああー♪”には完全K.O.されましたから。しかもこの曲ではFabolousが援護射撃で参加、こういう電子で流麗なミッド曲でのFabolousは無敵、閃光の如く駆け抜けるメロディも素晴らしくで中毒性高いです(溺)。ハンドクラップに乗せてカラフルでキュートなメロディに乗っかる「LOL :-)」、製作はFisha & Priceが担当で客演にはGucci ManeとSoulja Boyの若手有望株が参戦。チープすれすれの子供っぽいメロディがとにかく可愛いし耳に残る、それに合わせてラップする二人もなかなか素敵です。「Jupiter Love」はTroy TaylorとJohn "SK" McGeeによる共同制作、しっとりした静寂の中でTrey Songzの歌声が色っぽく撫でる様にして深々と響き渡るラヴソングに思わずウットリ、気品漂う極上のベッドソングで溜息モノの美しさ。「Be Where You Are」はChristopher "Deep" Henderson製作の爽やかな疾走チューン、黒さこそ無いけれどこの滑り心地は気持ち良いから良しとしましょう。暗く光の差さない深海のような世界観で不思議な感覚に陥る「Successful」はNoah "40" Shebib製作でDrake参加、というよりこの曲はDrake×Trey Songzの曲でしたね。メロディとかはどこかRock調ながら終始シンセサイザーがティロティロと鳴り続ける「Black Roses」、この懐かしくてブルージーな荒涼曲はなかなか異色ですね、製作はBei Maejorが担当。「Love Lost」はTroy Taylorが単独で製作、澄み切った優しいメロディが透明感抜群で綺麗ですごく素敵。この純粋で素直で切ない失恋曲はTrey Songzの切ない歌声を堪能できます、それこの曲はなんとなくMichael Jackson「Human Nature」を思い出させます。「Holla If Ya Need Me」はTroy TaylorとChris Hinesが共同制作、どっぷりディープな切なさが込み上げる失恋曲で、自分の元を去った女性に“連絡してくれよ♪”と泣きそうなほど感情こめて歌うTrey Songzに胸を締め付けられます(涙)。Troy TaylorとPatrick Hayesが製作のラストナンバー「Yo Side Of The Bed」、この曲はカントリー風味の寂寞感が詰まった寂しく情熱的な一曲。とここまでが本編で、国内盤にはこれらに加えボーナス曲が二曲追加収録。だだっ広い空間の中を当てもなく彷徨うようなミステリアスなTroy Taylor製作の「Scratchin Me Up」、同じくTroy TaylorとJohn "SK" McGeeによる製作曲「You Belong To Me」は酩酊したような感覚の中でTrey Songzの歌声が浸透し浸食してゆく摩訶不思議な一曲。

うん良かったですねぇ、流石はTrey Songzだけあってもう完璧な大人(紳士)のシンガーとなっています(認定)。ただ惜しむらくはキラーボムは無かったです、突出した一曲があればまた評価も変わるんですケドねぇ。あと本作もエレクトロな感触のトラックが目立っていて(Trey Songzに関しては前作『Trey Day』からその印象は顕著でしたが)、もっとオールドソウルマナーの楽曲も収録して欲しかった。王道ソウルといえば1st『I Gotta Make It』、実験的だといえば2nd『Trey Day』の方が勝っていたかなぁと。でもケチをつけている訳ではありません、良い一枚でしたよ、次世代R.Kellyと言えるほどにエロく官能的な世界観にも御注目くださいませ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment