RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rihanna「Rated R」
rihanna-rated.jpg

現代を代表する歌姫となったクールディーヴァ、Rihannaの通算四作目となる『Rated R』を御紹介。Def Jamを代表するアーティストにまで上り詰めるのも早かったですが、まさかここまでの大物になろうとは(驚)。やはり前作『Good Girl Gone Bad』での変貌ぶりが凄まじかったですね(脱皮)。プライベートでのスキャンダルを乗り越え、より強くなったRihannaの本作、気合入ってますきっと。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まずはダークでサイコな世界へとRihannaが妖しく誘う「Mad House」で幕開け、製作はLondon出身のProducerチームのChase & Statusが担当。ドロっとしながらもどこか滑らかなフックがやはり妖艶だし、張り上げるでなく歌声を伸ばすRihannaのクールでヴィヴィットな歌声が鮮明で黒く美しい。「Hard」はC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashによる製作曲で、客演にはJeezy名義でYoung Jeezyが参加。ピアノ鍵盤の神経質なループに音にダークで冷たい電子音が絡む真っ黒な一曲、Rihannaのフックでのフラットでベッタリした繰り返しフックが嫌でも耳に残るし、そこにYoung Jeezyのしゃがれた火傷しそうな悪声がジリジリと響いて中毒性が高過ぎます(虜)。悲しいピアノ鍵盤の旋律に身も心も凍えそうになる「Stupid In Love」はStarGate製作(Co製作にNe-Yo)の失恋曲、“愛してる愚かな女よ♪”と自身を嘆き鼓舞する詩がなんとも痛々しくて胸が苦しくなります(締付)。Rihannaはやはり普通の失恋曲じゃなくこういう悲哀に満ちた曲を歌うと巧い、あの冷たく無機質なプラスチックの様な歌声にバッチリと似合うから(悲劇)。元Guns N' RosesのギタリストSlashが参加した完璧に硬派なロキッシュ半分エレクトロ半分の曲「Rockstar 101」はC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashが製作、Slashの尖ったギターにトコトコと機械的に響くドラムス、途中でのメロディラインのドリーミーな展開などはこのタッグならではの流線形を描いていて、Rihannaとの相性も抜群。そして本作からの先行シングル「Russian Roulette」はChuck Harmony製作(Co製作をNe-Yo)の、ヒンヤリとした感触がこめかみに突きつけられた銃口の様に冷たく震えるドラマチックな一曲。“次は私の番♪”と冷静に静かに息を呑むRihanna、本当に陰湿×病的スレスレの漆黒の一曲。「Fire Bomb」はBrian Kennedy製作の純白さが輝く(つまりポップ風味の)流麗バラード、メロディラインは繊細で美しいんですがそこにエレキ弦の音が荒く衝突する事で、この曲の持つ失恋による激情を煽るのに巧く成功しています(感心)。恋人の別離を爆発に喩えた詩もなかなか奇抜で、でもものすごく繊細で儚くて悲しくて。Rihannaの透明感のある微弱くて寂びしそうな歌声が、また胸をギュッと掴んで離さないのです(涙)。カラフルな電子音の連続にエフェクト加工されたRihannaのヴォーカルが滑走する「Rude Boy」はStarGate製作曲、この曲の持つ華やかで近未来的なエレクトロ風味は物凄く嵌るし、Rihannaの色っぽい歌声にもガッチリと当たってます。詩の内容もかなりエロくて挑発的で刺激的で、大きな胸にむっちりした太股のRihannaにあんな事言われたら男は狂喜乱舞しますよ(興奮)。「Photographs」はwill.i.amが製作&客演で参加、“今の私にあるのはこの写真だけ♪”と過ぎ去った恋を悲しそうに歌うRihannaとちょっぴりフォーキーな電子メロディが寂しい。かと思えばwill.i.amが登場する部分では完璧にエレクトロ&ロボ声だったりして、どことなくKanye West『808s & Heartbreak』の感触を思い出させる一曲。「G4L」は再びChase & Statusが製作を担当した女性ソルジャー曲、低く構えたRihannaの男顔負けなギャングチックな歌声で痺れる人も多いハズ。打楽器のポカポカ音tと途中の手拍子が異国情緒(スパニッシュ)を醸し出す「Te Amo」は初期のRihannaを彷彿とさせる南国風味のメロディラインが素敵、程よく鳴るピアノ旋律と電子音が閃光放っててクールな印象を強くしています。女性の愛に“愛してる、でも今はダメなんだ♪”と男性が歌う、大人の恋を歌ったドラマチックな一曲。「Cold Case Love」はJustin TimberlakeとJames FauntleroyによるProduceチームThe Y'sが製作を担当(Strings ArrangedにLarry Goldが参加)、前作から引き続き製作陣としてJustin Timberlakeが参加している事が僕は嬉しい(感激)。教会のようにシックで厳かなオルガン調の曲にハンドクラップ、繊細で神経質(デリケート)なシンセサイザー、ヴァイオリンやチェロのオーケストラ調の弦音、きっとJustin Timberlakeによるものであろうビートボックス、どれもが完璧に構築されたトラックで素晴らしいクラシック曲(絶賛)。Justin Timberlakeがソングライトした彼らしいガラス細工の様に脆い詩、壊れてしまった二人の愛をいつまでも引きずるその様を、“時効の過ぎた愛=コールドケース・ラヴ”と歌う表現力もやはり圧巻。フックラインの“時効の過ぎた愛をぶり返している、指紋に証拠写真にチョークの白線、全ていまだに現場に残されたまま♪”なんて巧い、Rihannaのパーソナルな一面と魅力を存分に惹き出した悲しいバラード。最後を締め括るのはBrian Kennedyが製作を担当した、その名の通りを示す「The Last Song」。この曲は恋が終わる瞬間を“二人の最後の曲”と表現したバラードで、壮麗で純粋で激しくも静かで胸に深々と響いてくる別離曲(涙)。黒さこそないけれどこの曲は美しく儚くて、Rihannaの澄んだ歌声にどこまでも溺れてしまいます(涙溢)。延々と永遠に続くと思っていた愛が終わってしまう、二度と聴けない二人の曲は最後になってしまった……切ないですね(溜息)。

Rihannaの恋愛の結末をそのまま歌って表現した様な一枚、前作『Good Girl Gone Bad』を中間地点として、より一人の女性として振り切れた感がありました(圧倒)。全体を覆うサイバーでメタリックでブラックな質感もRihannaならではの味、これはもう完璧なRihanna流儀として昇華されています(開眼)。そして葬送曲のように暗澹とした寂寞の想い募る楽曲群、まるで喪服の人達の行進の様、悲恋を歌った曲ばかりでしたが、それもこの一枚全体を通してのトーンを統一していて入り込みやすかったですね(涙濡)。悲劇的な一枚ではあったけれど、なんだか良い一枚でした、次作はもっとハッピーな一枚になればいいなと願っています。しかし流石はRihanna、きちんとRihanna色に仕上げていて圧巻でしたよ(賞賛)。余談ですがJustin Timberlake製作&客演の「Hole In My Head」は未収録、これは後々に豪華盤がリリースされそこに収録されるのが可能性濃厚ですねぇ……できっと購入するだろうなぁ(罠)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment