RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Trey Songz「Trey Day」
treys-trdcovs.jpg


Trey Songzの通算二作目となる『Trey Day』を御紹介。デビューした時は、まだ弱冠二十歳だったんですよねぇ。二十歳はもう立派な大人だと思うけど、それでもあの頃はまだ歌声が青かった記憶があるんです。それでもきちっと仕上がったアルバムだったんで、個人的にはこの2ndは楽しみだったんですよ、客演でもTrey Songzはあちこち参加していましたしねぇ。
そんなTrey Songzはさらなる成長を遂げたのか……まずは「Intro」で幕開けなんですがこれが豪華、スクリューかかったトラックであのBun BがTrey Songzの紹介をラップしています、普通に一曲作っても良さそうなもんに(贅沢)。続く「Long Gone Missin」はHip Hop色が強くTrey SOんgz自身がラップで口火を切る一曲、製作はBei Meajorと、前作から引き続き参加のベテランTroy Taylorが共同で担当。続く「Wonder Woman」は始まった途端にそれと分かる、Timbalandの右腕とも言うべき(完全に独立してるけれど)Danjaが製作を担当。Danjaらしい(Timbaland一味らしい)冷ややかなシンセの歪みがとても妖しく、一時期のGinuwineを彷彿とした方もきっと少ないハズでは(笑)。「No Clothes On」はヒットメイカーのThe Runnersが製作を担当、低い音を活かしながらも高音での繋ぎ方が器用に光る辺りは流石の出来、煽る声も良い感じにハマッてます。タイトルからして艶やかで濡れ場な匂いプンプンの「Sex For Yo Stereo」はこれでもかってぐらいに色っぽくしっとり、製作は待望のTroy Taylorが一人で担当(拍手)。前作ではR.Kellyっぽさがかなり強くて、この曲聴いたらその印象がまた蘇りました。妄想の世界でSexしてしまう辺りはなかなかR.Kelly趣味(笑)、でも曲もTrey Songzの歌声も文句なしの甘さでかなり好きな一曲。「Last Time」はあのBryan-Michael Coxが製作を担当した当然ピアノ旋律が光る刹那曲、ジゴロな男を描いた歌詞も刺激的で共感もしてしまうし(笑)、最後に音を絞っての“聞いてくれ、これが最後だ”ってのも耳に残る(上手)。「Can't Help But Wait」はもう最近のR&Bモノでは欠かせないStarGateが製作を担当、負けじと彼らも刹那曲でバシーッとキメてくれます(流石)。清涼感と甘酸っぱさが混じった高音シンセを交錯させるナイーブなトラックも素敵だし、Trey Songzの歌う“どうしても待ってしまうんだ”なる歌詞も痛いほど共感できて……これはかなり秀逸、悔しいけどやっぱりStarGateの音に毎回惨敗している自分がいます。「Grub On」ではTrey Songzが喜んだであろうR.Kellyによる製作曲が飛び出す(驚)、完全なるR.Kelly節で(歌詞も勿論)Trey Songzの歌いまわしもかなりR.Kelly風味です。「Fly Together」ではEric Hudsonが製作を担当、ゲストにJim Jonesが参加している話題曲。しかしながらトラックも地味な感じだし、僕個人としてはJim JonesよりもJuelz Santanaで聴きたかったかななんて(我侭)。その始まりからして美しく煌びやかな「Store Run」は、僕の好きなAndre HarrisとVidal Davisのコンビが担当。がしかし内容はというと、急な展開で急いでゴムを買いに行くという内容……これを素敵ととるかどうかは、個人の問題でしょう、ただトラックは優しく温かいんです。T-Painがやりそうな宇宙人声でガッチリ心を掴む「Missin You」はStarGateが再び製作を担当、フックでのこの宇宙人声が卑怯なくらい乗らされてしまう(中毒)、車で聴きながら一緒にファルセットで歌っちゃう事は間違いないです(阿呆)。これまた異空間に響くような叩音が面白い「Role Play」は、Troy Taylorが製作を担当。そして最後を飾る心温まるバラード「We Should Be」はJimmy JamとTerry Lewisの大御所コンビが製作を担当、Michael Jacksonがめちゃ歌ってそうなトラックで聴きやすく、しかしそれでいながら品があって美しい、流石はJam & Lewisと唸らされる一曲で御座います。国内盤にはこれらに加えてボーナストラックとしてTroy Taylor製作の「Fades Away」と、日本よりAIが参加した「Are You A Performa」が収録されています……AIってのはどうだろう。

全体的のは最近のR&Bアルバムってのを完全に踏襲した作りで、安心して聴ける一枚に仕上がっている事は確かです。バラエティにも富んでいて、最後まで飽きさせない並びである事も確か。がしかし何故でしょう、前作『I Gotta Make It』があまりにクラシックな作りだっただけに、これだけ流行りの音になったのはちょっと寂しい気も。売れるアルバムではあるけれど、深みでいけば前作の方が勝っていたかも……。でも期待は裏切らない良い一枚、買って損は絶対にありません。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment