RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Wale「Attention Deficit」
wale-attention-deficit.jpg

首都Washington, D.C.出身で人気DJのMark Ronsonがイチオシの新進気鋭のMC、Waleのデビューアルバム『Attention Deficit』を御紹介。恥ずかしながら僕は名前をなんとなくで覚えていたぐらいで、ほぼノーチェックでいました(苦笑)。タワレコの店頭に並んでいたのでふと手に取り、その客演陣の豪華さを見て(僕的にはMark Ronsonはそんな好きという訳でもないので)購入に至ったってぐらいで。
それでは肝心のWaleは、本作の内容はどうなのかと言いますと……まずはDave Sitek製作でナイスなホーンの響きとポコポコ鳴るパーカッションが小気味良い「Triumph」で幕開け、そんな派手でもないけれどツボを突いていて、これがなかなかイイんです。続いてはBest Kept SecretがKool & The Gang「Summer Madness」を下敷きにした激渋メロウ調がたまらなく色っぽい「Mama Told Me」、この曲なんかはソウルフルが滲んでいて、Waleの太くもなくケド男っぽいライトな声でさらりと聴かせてくれていて、すごく素敵な一曲。「Mirros」は先述のMark Ronsonが製作を担当、ベベベン鳴る弦音が紡ぎ出すフォーキーロックな味わいがなんとも彼らしい一曲。しかしここで特筆すべきは呪文のような例の言葉遊びフックと、客演参加のBun Bが野太い歯切れの良いラップでエッヂをより鋭くしている点。再びBest Kept Secretが製作のドカドカとゆったりと揺らしながら行進する「Pretty Girls」、これもイイ塩梅にソウル味が滲んでいて凄く聴き易く馴染みやすい(親近感)。ここでは人気者Gucci Maneがあのサグでしゃがれたラップで悪な援護射撃を披露、Weenseyの歌フックも相俟ってこの曲もなかなか良いんです。「World Tour」はCool & Dre製作でJazmine Sullivanが客演という、僕的にダブルで好きな面子が揃った一曲(最高)。ピアノ旋律を滑らかに響かせながら軽やかに疾走する夜風の様なトラックで、ライトに流すWaleもいいし、Jazmine Sullivanのあの麗しくも艶やかな歌声が華やかで綺麗でグッド(惚)。「Let It Loose」はなんとThe Neptunesが製作、という事で勿論Pharrell Williamsが客演参加であの微細いファルセットをハイに聴かせてます。ゲーム音みたいなチープな電子音のピロピロリピートがなんともThe Neptunesらしい遊び心、プラスチックみたいな独特のヒンヤリした感触も彼らならではですね。ちょっぴりエフェクト加工されたヴォーカル使いといい、このフワフワした可愛い系のエレクトロビートといい完璧にDrake流儀(Waleの歌う様に途切れさせたフロウも)な「90210」はMark Ronsonが製作を担当。あのChrisette Micheleを客演に招いた「Shades」はBest Kept Secretが製作、青白く仄かに光る閃光のような電子音にビートが絡む不思議な魅力に溢れたメロウチューン。これまたChrisette Micheleの温もりの中にも曇ったような影のある歌声が最高に雰囲気を盛り上げていて、この曲に奥行きと深みのある味わいを生み出しています(絶賛)。Cool & DreがSteam「Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye」をサンプリングした「Chillin」は今を時めくLady Gagaが客演参加、ブツ切りにした様な尖った電子音が連なりながら妖しく光輝く近未来サイバーな一曲で、Lady Gagaのちょっと抜けたフックもキュートで嵌ってます。「TV In The Radio」はDave Andrewが製作を担当、捻れるホーンにK'naanのカリブチックな歌フックがノンビリ心地いいビート抜群の一曲。「Contemplate」はSyience製作で下敷きにRihanna「Question Existing」を使用、ドロッとしたダークでマットなシンセ曲がゆっくり広がってゆく感触が中毒性高くて、Rihannaの歌声がモロに聴こえるのも高得点。追憶の中にどんどんと惹き込まれてゆく摩訶不思議なダーク童話チックな「Diary」はThe Sleepwalkersが製作を担当、またここで詩的で詫び寂びの効いたMarsha Ambrosiusのコクのある歌声が響いて、心にしっとりと沁み込んでゆきます(浸透)。DJ Green Lantern製作(Co製作をMark Ronson)でThe Spinners「(Do It, Do It)No One Does It Better」をサンプリングした激渋ソウルフルな「Beautiful Bliss」は、Roc Nation所属のJ. Coleと期待の新人女性シンガーのMelanie Fionaが参加の、それこそ次世代を担う三人が強力タッグを組んだ要注目曲。しっとりと美しいほろ苦いメロディも素晴らしいの一言に尽きるし、なによりMelanie Fionaの麗しい歌声に一瞬でヤラレました(惚)。最後を締め括るのはBest Kept Secret製作の70年代ソウルな埃っぽさとアーバン香る「Prescription」、キラキラ輝くメロディにWaleのスマートで優しいフロウが心地良い一曲。

おお~良いですねぇこの一枚(惚)、やはり新世代はこうでないと。エレクトロし過ぎずにオートチューンも使ってないし(どちらも悪いとは言わないが)、ソウルな面もカラフル電子な面を両方を兼ね備えてて、フロウ&声質も結構好きでしたよ(高評価)。客演陣もかなり豪華ですし(そして似合っていた)、これは2009年のダークホースな一枚だと思います(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment