RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mario「D.N.A.」
mario-dna.jpg

次世代を担う若きR&Bシンガーの代表格、Marioの通算四作目となる『D.N.A.』を御紹介。歌唱力もあるしダンスの腕前もかなりなものなんですが、最近はどうも楽曲&リリースタイミングに恵まれていない気がするMario。本作がまず無事にリリースされたから良かった、お蔵入りとかになったらかなり悲しいから(安堵)。しかし毎回Marioは素敵なジャケットだからそこは高評価、やはりCD蒐集家としてはジャケットはかあんり重要なポイントだったりしますので。
それでは気になる内容について簡単に触れますと……まずは先行シングルとなったSean "The Pen" GarrettとShondare "Mr. Bangladesh" Crawfordが共同制作した「Break Up」で幕開け、客演には大人気の新進気鋭Gucci ManeとSean Garrettが揃って参加。グルグル回ってグラグラ酩酊しそうになる不思議なドロドロ電子チューンが、どうも好きにはなれない一曲で、この曲で本作への不安が募りました(苦笑)。どうもこの呪文系の曲はR&B向けじゃない気がする、メロディラインが平坦過ぎて聴き辛くて。「Thinkin' About You」はThe Runners製作(Co製作をRico Love)の煌びやかな眩しい系の爽やかチューン、Marioの澄んだ歌声が輝かしくだんだんハイになってくる“あの娘にゾッコン”曲。Jim JonsinとRico Love共同製作のドカドカ踏み鳴らすビートにビュイビュイ振動するシンセがクールで尖っている「Get Out」はダーク、Timbaland辺りが好みそうな微振動メロディでこれはカッコイイかなぁと。“これは傷ついた僕の心を歌ったサウンドトラックなんだ♪”と歌う気障な詩がなんとも僕好みな「Soundtrack To My Broken Heart」、製作はかなりの腕前を誇るLos Da MystroとRico Love共同制作。切ないピアノ旋律にNe-Yoっぽい甘酸っぱい爽やかシンセが絡むトラックが透明感あって綺麗だし、時折ファルセットをかますMarioの歌声も甘くて素敵。冒頭からエフェクト加工しまくりのヴォーカルで聴き手の気持ちをガッチリ掴む閃光ディスコ系の「Starlight」は、御馴染みC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashが共同制作。これは途中のエレピメロディ(とかベースの弦音)がMaichael Jackson「Thriller」に似てると思うのは僕だけ?この煌びやかなダンスステップ踏むトラックも、どこかMichael Jackonの名盤『Off The Wall』辺りを思い出す感覚でグッド(痺)。再びSean "The Pen" GarrettとEric Hudsonが共同制作の「Stranded」は白い吐息の様なMarioの息遣いに近いヴォーカルがキラキラ綺麗、こういう透き通った朝靄のようなトラックがMarioにはお似合い。タイトル連呼のリフレイン曲「Ooh Baby」はJoel AugustinとAlan BiambyのJackpotコンビと、Rico Loveによる共同制作。「Bootleggin」なる曲をあしらった完璧Hip Hopなブレイクビートと一緒にMarioが疾走するガチャガチャ曲「Before She Said Hi」はAndre Harris×Vidal Davisの御馴染みタッグ、客演にはLil Wayneっぽいへナ声をかますDef Jam所属のBig Seanが参加。乾いたギター弦に清涼感溢れる電子音が優しく響き渡る「I Choose You」はStargate製作曲(ソングライト&ギターでKenneth "Babyface" Edmonds参加)、ここでは裏声でひらりと舞い上がるように歌い上げる“僕は君を選んだんだから♪”フックが印象的で、いつまでも胸奥で真っ直ぐ深々と響いてきます(刹那)。ポカポカ打楽器音に静かな警報みたいなシンセが遠くで鳴り続ける「Don't Walk Away」は“別れないでほしい♪”と哀願する男の様を歌った女々しい失恋曲、切なくて嫌いじゃないですが(笑)。Marley & KP製作(Babyfaceも再び関与)の「I Miss My Friend」も未練タラタラな失恋曲で好き(笑)、現行R&Bらしい流線形のビコビコ電子曲でMarioにもバッチリお似合いの一曲。最後を締め括るのはElvis "Blac Elvis" WilliamsとHarold Lillyが共同制作したゴスペル風味のキラキラ優しい天使曲「The Hardest Moment」、お互いの道を歩こうと決心し涙する男の心情を歌った、恋人との別離曲をMarioが情感たっぷりに深く慈愛に満ちた声で歌い上げます(感動)。国内盤にはこれらに加えボーナス曲の「Do For Love」を収録していて、Andre Harris×Vidal Davis製作(ソングライトにJohnta Austin)のどこか影のあるドラマチックなメロディに、Marioの哀愁漂う歌声がまったりと妖しく絡むアダルトな一曲。

先行シングル「Break Up」はやはりどうだろうと首を傾げてしまいますが(辛口)、中身は結構しっとりした曲やらもきっちりこなしていて、流石はMarioは抜かりが無いなと感心しました(上目線)。必殺バラードっていうのはなかったけれど(そういう意味ではBabyfaceにガッツリ一曲作ってもらったら良かったのに……)、どれもなかなか一定水準をキープしていました。「Braek Up」があまり好みでなかった方、きっと多いと思いますが、本作『D.N.A.』は結構良いですよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment