RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Michael Jackson「This Is It [Deluxe Edition]」
michael-jackson-this-is-it-soundtrack-450x450.jpg

Michael Jacksonが最後の公演と銘打ったロンドン公演のリハーサル映像を綴った映画のサントラ盤であり、新たなベスト盤ともいえる『This Is It』を御紹介。映画『This Is It』を観た方なら絶対に購入して聴きたくなる一枚だと思います、なんといったって劇中で流れる曲順にMichael Jacksonの名曲が収録されているのですから、映画を観た興奮をそのままに味わえます。そう言う僕はちなみに映画を観る前に購入しました(笑)、TOWER RECORDSのポイントが一万円分貯まっていたので、それを使って。ちなみに本作は1CDの通常盤と、ボーナスCDを特典とした2CDのDeluxe盤の二種類がありまして、僕は勿論後者を購入しました。
それでは内容をずらりと御紹介したいと思います……まずは特筆すべき一曲、新たに発掘され本作に収録された未発表曲「This Is It」ですね、Michael Jackson(以降はMJと表記)とPaul Ankaの共同制作との事。MJの温もりのある優しい“1,2,3,4♪”の掛け声で始まるピアノ鍵盤のメロディが美しい純粋スローのラヴソング、録音の時期は『Thriller』の様でまだ若くハリのある歌声が凛と響き渡ります(感動)。「This Is It(Orchestra Version)」ではバックトラックにオーケストラの綺麗で壮大な演奏を敷き、Jacksonsの面々がバックコーラスで彩を添えています。MJの意思に反した形で発表されたかもしれないけれど、それでもこうやって彼の歌声を聴けるのは、やっぱり素直に嬉しいです(感謝)。あとはもう完全なベスト盤な内容、MJのオリジナルアルバムはどれも紹介しているので、ここでは曲にまつわるエピソードを添えて。その詞の意味合いからもオープニングに演奏される事が多かった「Wanna Be Startin' Somethin'」、最後の方で流れるアフリカ音楽っぽいあのメロディはMJのお気に入りだったManu Dibango「Soul Makossa」を敷いたものだったそう。詩の中ではあのBillie Jeanも登場、“人にすり寄っては嘘をつく♪”と歌われています。ガチャガチャとぶっ壊しながら突進する「Jam」、PVではMichael JordanとMichael共演しましたね。怒りに満ち溢れたMJが咆哮しまくる「They Don't Care About Us」、一説ではあのドカドカと叩かれるビートはQueenの名曲「We Will Rock You」からの着想ではとの話も。そのトラックの透明感とMJの透き通った綺麗な歌声が素晴らしい「Human Nature」はTOTOのSteven Porcaroが書いた曲で、彼らが当時送ったデモ数曲の中で唯一骨組みだけのラフな曲だったのを、Quincy Jonesが気に入って採用したのだとか。「Smooth Criminal」はもう文句無しにカッコイイ、ダンスでギャングを殺すだなんて凡人には考え付かない発想(天才)。MJ製作でそのアルバム『Bad』収録の「The Way You Make Me Feel」は、そのメロディ調から『Thriller』の頃に書かれた曲なのではなんて話も。The Jacksons時代の曲「Shake Your Body(Down To The Ground)」は、MJが初めてペンを執って書く事の出来たターニングポイントな一曲としての収録でしょうか。「I Just Can't Stop Loving You 」はSiedah Garrettとのデュエットですが、当初はBarbra Streisandにデュエットの依頼を申し込んでいたのだとか。Rod Tempertonが書いた「Thriller」は当初「Starlight」という曲名で書かれていたのを、Rod TempertonがMJがホラー映画好きなのを知り、ああいった不気味な詩の内容に変えたのだとか。「Beat It」であの激しいギターソロを聴かせているのは御存知あのEdward Van Halen、彼はQuincy Jonesからのオファーで参加を快諾、“あれ(この曲への参加)は好意だから”とセッション代は受け取らなかったとか(美談)。完璧にロックしてくれた「Black Or White」はGuns N' Roses(当時)のギタリストSlashが参加、この曲も大好き。地球の危機を歌った「Earth Song」は、環境破壊に疎かった米国でなく興味の高い英国でヒットした曲で、ロンドン公演だからこそ(でないと)収録されなかったであろう一曲かも。そして誰も思わず踊りたくなる不朽の名曲「Billie Jean」、この曲は後にデモも公開され、実質MJが一人で殆どこの曲は完成させていた事が分かります。MJが腰振り踊るあのベースとビートのみのイントロは当初、Quincy Jonesに“長過ぎるから短くした方が良い”と助言されたのを、MJは“そこが良いんじゃないか、あれを聴いていると踊りたくなるんだ”と言ってそのままにしたのだとか。ちなみにMJはこの曲の登場人物である女性、Billie Jeanは“あなたに妊娠させられたという内容で自殺する日時と方法を書いた手紙と凶器を送ってきた”実在の人物だとも発言していたり、“あれは僕の長年に渡って悩ませてきた類の人達の象徴を表した”架空の人物だとも話しています(ちなみみにQuincy Jonesは“無断で敷地内に入るなり“あなたは私の双子の片方の父親だ(!?)”と詰め寄った女の子の事だ”と発言している)。最後を飾るのはゴスペル調のあの煌びやかなメッセージ曲(作詞作曲にはSiedah Garrettが参加)「Man In The Mirror」、名門一家The WinansやAndrae Crouchが参加した重厚で輝きに満ちた一曲が素敵。
そしてDeluxe Editionにはもう一枚、CDが付いていて、僕はこちらが目当てで購入したとも言えます。まずはMJの、そして世界を代表する“泣きの一曲”といえる失恋バラードのデモ「She's Out Of My Life(Demo)」、アコースティックギター一本で聴かせるこのバージョンも良い、冒頭の“間違えたからもう一度いいかな?”と聴くMJが可愛い。この曲をレコーディングする時、“MJが歌う度に泣き、毎回最後のところで必ず泣くんだ、11回くらい録り直したと思う”と後にQuincy Jonesは語っています。あとは「Wanna Be Startin' Somethin'(Demo)」、MJの細いファルセットと多重録音のみで一人アカペラの如き「Beat It(Demo)」も収録。特に後者はMJの歌声を存分に堪能できてまた違った味わい、これはこれでカッコイイです(痺)。そして最後には地球を愛し大事にしたMJが綴った詩の朗読「Planet Earth」も収録、たくさんの音源がまだ残っているのですねぇ。

普通のベスト盤とはちょっと違った趣で(絶対にベスト盤としては収録しなければ成立しない曲が、やっぱり収録されていない)、やはりこれは映画『This Is It』のサントラ盤なんだと痛感しました。とにかく映画を観に行った帰り、その足でレコード屋に立ち寄ってこの一枚を手にして欲しいし、そうすべきです。まぁそう言わなくてもきっと、映画を観た人は絶対に欲しくなってこの一枚を購入するでしょうね(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment