RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Keyshia Cole「Just Like You」
keyshia-jlycovs.jpg


Keyshia Coleの通算二作目となるアルバム『Just Like You』の御紹介。デビュー作となる前作『The Way It Is』があまりに良く出来ていて、当然の様に絶賛されっ放しだったKeyshia Cole、もっと早く2ndが飛び込むかと思ってましたが、結構時間を空けてのリリースとなった気がします。一時期はG-Unit加入の噂なんてのも流れていましたが、結局は無かったみたいで……良かったです。とにかく僕はかなり期待していた二作目ですし、世間様もきっとそうだったハズ。
そんな本作の内容をまたざっくり……まずは先行シングルとなった「Let It Go」で幕開け、製作を担当したのはもう御存知、才女Missy "Misdemeanor" Elliottで御座います。The Notorious B.I.G.「Juicy」で御馴染みのあのネタ、Mtume「Juicy Fruit」をベッタリと使ったみずみずしくてキュートなトラックに、Keyshia Coleの力強くちょっぴりハスキーな極上歌声が乗っかる上出来な一曲。Missy ElliottはBiggieへの追悼の意も込めたらしく、自分のフックではBiggieのラインも使ってますし、もう一人のゲストがLil' Kimなのもそれが狙いなんだとか。Lil' Kimも当然女王なラップでバッチリ援護しています。「Didn't I Tell You」はThe Runnersが製作を担当したサウスっぽさ香るHip Hopテイストも濃い一曲、しかしゲストには西のベテランToo Shortが参加してまして。別にToo Shortが嫌いな訳ではないですが、これがLil' Wayneだったらもっと格好良かったかなぁと(我侭)。心の琴線に触れる美し過ぎるバラード「Fallin' Out」は、久々に名前を聞く気がするベテランコンビ、SoulshockとKarlinが製作を担当(StringsとVocalのアレンジをRon Fairが担当)。離れゆく恋人と終わりそうな恋を歌った歌詞があまりに切なく、Keyshia Coleの憂いを帯びた女性的な歌声が感情を思いっきり揺さぶる極上バラード。Keyshia Coleは流石、一流のシンガー、製作したSoulshock & Karlinも流石は一流の仕事っぷり。「Give Me More」は最近めっきり名前を聞かなくなった感のあるScott Storchが製作を担当、しかしここでの彼の仕事っぷりは素晴らしく、どこかレトロな雰囲気を持ったピアノ旋律活かしたトラックがKeyshia Coleの歌声にバチンとはまってます。爪弾くギターが夢見心地な失恋ソング「I Remember」はGregory G. Curtis製作曲、本当にこういう聴かせる曲を歌わせたら、Keyshia Coleの右に出る女性シンガーは居ないと断言できます。「Shoulda Let You Go」はRodney "Darkchild" Jerkinsが製作を担当したアッパー曲、切れ味はなかなかながら、もう一捻り欲しかった気もする一曲、ゲストにAminaなる女性MCが参加しています。「Heaven Sent」はJason Farmerが製作を担当した美曲、これまた歌詞が美しいんです、Keyshia Coleのソングライティング能力も本当に素晴らしいですね(絶賛)。「Got To Get My Heart Back」はRon Fairが製作を担当、The O'Jays「She's Only A Woman」を下敷きにした味わい深い大人なトラックながら、これほどまでに堂々と歌い切るKeyshia Coleに脱帽です。「Was It Worth It?」はBryan-Michael Coxが製作を担当、“そこまでして、価値はあったのか”と詰め寄る歌詞とリンクしたヒンヤリした空気感も見事にリンクしたトラックは流石、毎度ながらの哀愁ピアノに絡ませた歪む電子音が絶妙のバランス。「Just Like You」はShawn Carroll製作の一曲、これもやはりKeyshia Coleの歌声にどっぷりと浸かってしまう。「Losing You」は僕個人としてはかなり楽しみにしていた一曲、なぜならあのAnthony Hamiltonとのデュエットだから(拍手)。ToxicとDonald AlfordのコンビがNatalie Cole「Sorry」をサンプリングした甘いバラードに、Anthony Hamiltonのあの独特のほろ苦さが混じった歌声が……たまらなく良いんですわぁ(溜息)。J Wellsが製作を担当した「Work It Out」、もうKeyshia Coleの伸びやかで魂のこもった昇天歌声で、鳥肌立ちっ放し、もう涙で前が見えません。最後は「Let It Go(Remix)」を収録、ここではLil' Kimに代わってT.I.とYoung Droが参戦しています。これがまた違った格好良さが光る好Remix、やっぱT.I.って格好良いんですよねぇ(痺)。とこのような曲の並びなのが輸入盤、しかし僕は国内盤を購入しているんですが、ボーナストラックの配置がなんとも不味いのが難点でして(苦笑)。既出の曲を途中々々で挟んでいて気が散る、許せるのはSean Paulと組んだ話題曲「(When You Gonna)Give It Up To Me」ぐらいかな、この曲は評判通りに素晴らしい仕上がり、最後に収録すれば良かったのに。

とまぁざっと説明しましたが、とにかく素晴らしい仕上がりで、誰もがKeyshia Coleの熱っぽい歌声にうっとり惚れ込む事は間違いないです(宣言)。1stも良かったけれど本作も良かった、Kanye West製作曲なんかが入っていると(あとRaphael Saadiq製作曲)もっと面白かったけれど、それは高望みし過ぎか(笑)。とにかく予想を上回る出来映えに感動、購入してない方は急いでCDショップへ!
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment