RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Dru Hill「Dru Hill」
Druhill-1996.jpg

Nokio、Sisqo、Woody、Jazzで四人で結成された実力派ヴォーカルグループ、Dru Hillの記念すべきデビューアルバム『Dru Hill』を御紹介。最近では再結成なんて噂も流れていたDru Hill、Sisqoも好きだしDru Hillも勿論好きなんで大歓迎です。この赤を基調としたシックなジャケットに、Dru Hillもシンボルである龍のマーク、ナイスで御座います。
それではどんな楽曲が収録されているか言いますと……幕開けを飾る「Nothing To Prove」はTim DawgとTrence Daddleyが共同制作、しっとりとしながらもどこかタフなHip Hopっぽいグルーヴも混ざった、Sisqoの声質に合ったハードボイルドな一曲。と思えば一気に清らかでクリアな艶っぽい美スロー「Tell Me」でとろけてしまう、製作はStanley BrownでどことなくR.Kellyっぽいゴスペル趣味も加わったセクシーなラヴソング。ここではガッチリSisqoがそのほとばしる歌声で熱っぽくも美しく歌い上げてくれています。Tim DawgとTrence Daddleyが再び共同制作の「Do U Believe?」は、Craig Mack「Making Moves With Puff」使いのかなり好きなメロディライン(惚)。プアーっと流れて上がる不思議音に、流麗で煌びやかな電子音と電子鍵盤が軽やかにタッチする、爽やかスマートなキラメキ愛の告白曲。「Whatever U Want」はStanley Brown製作(Rapで女性MCのTripが参加)、ベンベンと鳴るベースラインに硬質なドラムビートが絡み電子鍵盤のポロポロと鳴る音色が、ちょっぴりJazzyな雰囲気を醸し出すHip Hop風味のソウル曲。「Satisfied」はHitmenとNokioが共同制作、妖しげな雰囲気でネットリとぽわわん音が絡むベッドイン曲で、Sisqoの灼熱ヴォイスで吐息と共に体も溶けて交じってしまう官能的な一曲。「April Showers」はA. Haqq IslamとNokioの共同制作、“4月は君の愛を僕に降り注ぐ♪”と歌うBoyz II Menっぽい落ち着いたメロディがアダルトで紳士的なミッド曲。ヒラヒラと奏でられるピアノ鍵盤にキュンと胸がうずいてしまう「All Alone」は引き続きはA. Haqq IslamとNokioの共同制作、恋人と別れたあと孤独なままでいる男の気持ちを歌った切ない失恋曲(涙)。ここではSisqoが極上のファルセットで一気に聴き手の気持ちを奪っています(憎)、力強くも時に微弱いSisqoの歌声でもう涙腺は緩みっ放しです。「Never Make A Promise」は本作中で僕が最も好きな一曲、製作はあのDaryl Simmonsが担当しています(拍手)。いかにもDaryl Simmonsらしいしっとりと穏やかで温かい純粋スローに、“守れないような約束はしない、そんな僕じゃない♪”と真摯に愛を捧げる、なんとも真っ直ぐでクサくてそれがまた心地良い汚れ無き王道のラヴバラード(感動)。そのDaryl SimmonsがA. Haqq IslamとNokioと製作した「So Special」も、まったりとしたメロディの中でキラキラと音雪が降ってきて、そこに“すぺしゃる♪すぺしゃる♪”がリフレインするフックがなんともドリーミーでキュートな一曲でグッド。“誰かが僕のベッドで寝ている♪”と彼女の浮気を責め、部屋を出てゆく哀愁たっぷりのスロー「In My Bed」はDaryl Simmons製作曲。このどっぷりとディープな滑らかメロディと、Sisqoのぐっとこらえて徐々に声を張り上げるフックがたまらなく感情移入してしまう悲しく切ない一曲。「Love's Train」はあのKeith Sweatが製作、このスウィングする様なトロトロスローは極めてKeith Sweatっぽい感じでグッド。続いてもKeith Sweatが製作したピアノ基調の綺麗なバラード「Shere My World」、“気味は僕のためにいる♪僕は君のためにいる♪”と歌う不器用ともいえるほど真っ直ぐなラヴソング。Stanley Brown製作の「5 Steps」は夜のスターダストなゴスペル風味の一曲で、フックでの神々しく濃厚で美しいDru Hillのハーモニーに一瞬で失神させられてしまいます(昇天)。とここまでが本編、国内盤にはこれらに加えてボーナス曲を二曲追加収録してまして。Tim DawgとTrence Daddleyが硬質なビートとスクラッチをかましてタイトなHip Hop風味に仕上げ直したRemixモノの「Tell Me(Bounce Version)」(Big Dex客演)、その名の通りなハッピー溢れるクリスマス曲「This Christmas」の二曲。

Sisqoの相変わらずの濃厚灼熱バーボン声にウットリさせられっ放し、しかしきちんとしっとりR&Bを聴かせてくれるんだから憎い(惚)。Dru Hillもやはり超が付く実力派で、活動休止状態にあるのはあまりに勿体無い(そういう男性ヴォーカルグループばかりだけど)。言うまでもなく素敵な一枚、是非聴いてみて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment