RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Xzibit「Man Vs. Machine」
album-man-vs-machine.jpg

西海岸はL.A.出身の濁声MC、Xzibitの通算四作目となる『Man Vs. Machine』を御紹介。その編み編みな頭でMTVの人気番組“Pimp My Ride”のホストを務めたXzibit、人気者で御座います。その濁声も結構インパクトがあって、ハードコアな部分もキッチリと持っててそこもアルバムが売れた一因なのかな。
それでは内容を簡単に触れておきたいと思います……まずはRockwilder製作の鉄工所チューン「Release Date」で幕開け、Rockwilderらしいガチガチ硬いトラックにXzibitの喉をガラガラ通す濁声フロウが低く這うシリアスな一曲。「Symphony In X Major」はDr.Dreが客演参加、なんですが製作はRick Rockが担当(Dr,DreはMix担当)。ちょっぴりオペラ交えたこのシンセオペラがなんとも奇怪な一曲で、これならBusta Rhymesの方がもっと面白く出来たのではないかと思います(辛口)。Denaun Porter製作の「Multiply」はNate Doggが客演参加、プワプワと上下する変てこなシンセに単調なビートが乗っかり、その上をXzibitが冷徹に滑走し、Nate Doggがマッタリとベタな歌声で彩るウェッサイなノリの一曲。「Break Yourself」は再びRick Rock製作曲(Additional VocalでTruth Hurtsが参加)、ティロティロと上下し流れてゆく垂れ流し系の宇宙シンセ曲に、Xzibitの男臭い濁声が唾飛ばし歯切れよく走り回るThe Neptunesっぽくもある一曲。「Heart Of A Man」はJelly Rollが製作を担当、あのTotoの名曲「Africa」をネタ使いしたふんわりと浮遊する流麗なメロディが素敵だし、結構澄んだ歌声で華やかに染め上げるJelly Rollの歌フックにも注目のナイスな一曲。そのJelly Rollが次はRockwilder顔負けのバキバキ鋼鉄チューンで尖って跳ねるビートを提供した「Harder」もアガる、Golden State Projectが客演で参加。Dr.Dre製作の重低音鳴らすドカドカ突き進む迫力がたまらない「Choke Me, Spank Me(Pull My Hair)」は痺れる出来映え、Xzibitの声色変えたフロウも癖があってかなり巧い。しかしここで特筆すべきは舐める様な挑発的な歌フックがエロい女性シンガーTraci Nelson、彼女の分かり易いエロフックが素晴らしいスパイスに。続いてもDr.Dreが彼らしいシンプルでダークで音数少なく仕上げた「Losin' Your Mind」、Xzibitのしゃがれた男臭いラップとは好対照のSnoop Doggのユルユルだるいラップが混ざります。「BK To LA」はBrooklynの猛者M.O.P.が参戦、製作はそのM.O.P.の盟友ともいえるTy Fyffeという事で間違いなし(興奮)。シリアスでゴシック調のトラックにM.O.P.が灼熱声で吠えるこの曲は、完全にXzibitが喰われていますが仕方ありませんね(健闘)。「My Name」はEminemが製作を担当、ここでもEminemが客演参加し完全にXzibitを喰い散らかしています(毒々)。Eminemを中心にしてXzibitとNate Doggが援護射撃している感は否めませんが(Nate Doggもコンピュータチックな歌声加工がイカシてます)、かなりナイスな一曲な事は間違いなし。「The Gambler」は僕的にたまらない組み合わせ、B!nk製作でAnthony Hamiltonという粋なコンボ炸裂で速攻でやられます。B!nkらしいシンプルに硬質に鳴るブレイクビートがソウルフルでタイト、そこに絡むAnthony Hamiltonの渋い緑茶声で一気に煙たくソウル感が増します(痺)。Rick Rock製作の「Missin' U」はマッタリソウルフルなトラックに、宇宙船がトリップする様なシンセが飛んで絡む面白い一曲。ここでなかなか甘い歌声を披露しているのは、Andre "Dre Boogie" Wilsonなる男性シンガー。「Right On」はErick Sermon製作の木琴叩く様なポカポカ音が面白い、ちょっぴりファミコンチックなチープな電子曲。
本作にはこれらに加えてもう一枚、ボーナスCDが付属していまして、こちらがまた侮れない曲が収録されています。まずはB!nkが製作でTraci Nelsonが客演の「My Life, My World」、シリアスで甲高いキンキン金属ビートがひんやり格好良くて素晴らしい。「What a Mess」はなんとあのDJ Premierが製作、Primoらしいディープで影のあるピアノループにピュンピュン光線音が走り抜ける&鬼スクラッチがギュルギュル鳴る激渋な一曲で、Xzibitもバッチリ決めてくれています。最後を締め括る「(Hit U)Where It Hurts」はRockwilderが製作を担当、どこかG-Unitっぽい重低音がおどろおどろしい危険な香りプンプンの男臭いストリート曲でカッコ良さも抜群。

うん、Xzibitはまず声がキャラ立ってるんで僕も結構好きです。本作ではかなり豪華な製作陣&ゲスト陣が配されていて、その点でもそんな聴いていて飽きる事もないと思います。僕としては大好きなProducerのB!nkが製作している曲が多かったので、そこもお薦めの点かと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment