RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nate Dogg「Music & Me」
nate-musicme.jpg

西海岸を代表するベテランギャングシンガーNate Doggの通算二作目となる『Music & Me』を御紹介。その上手いのかどうか時々微妙に感じてしまう“下手ウマ”な歌声が最大の魅力のNate Dogg、その客演の多さは凄まじく、数々のヒット曲で素晴らしい援護射撃を撃ち放っています(功績)。あのSnoop Doggの従兄弟で、そのSnoop DoggとWarren Gと三人で、213なるグループも結成していますね。
それでは気になる内容を御紹介致しますと……幕開けからして僕は要注目、僕のお気に入りのあのB!nkが製作した「I Got Love」だからです。Donny Hathaway「I Believe To My Soul」を敷いた燻し銀ソウルフルがギラギラ光る真っ黒なトラックに、Nate Doggのゆる~く震わす喉がマッタリ味わい深い一曲。続く「Backdoor」もB!nkが製作、ここではなんというかちょっぴりアラビアンで異国情緒の溢れる砂漠なトラックを提供。Megahertz製作のギュイギュイと歪んで唸る電子音とぐわぐわ鳴るトークボックスが奇怪で機械な「Keep It G.A.N.G.S.T.A.」はLil' MoとXzibitが客演参加、こういうダークでドロっとしたトラックだとNate Doggの歌声が澄んで聴こえるから不思議(笑)、Lil' Moは相変わらず可愛くも力のある歌声で華を添えてます。Xzibitは濁声で吠えていてこの曲によくお似合い、というかこの曲はカッコイイですねぇ。「I Pledge Allegiance」はDr.Dreの右腕(?)Mel-Manが製作を担当、Clay Pitts「Tiger Theme」をあしらった真っ黒70年代ソウルの香りプンプンのトラックが渋い、Nate Doggの平坦に歌い上げるフックもカチッと嵌ってますね。しかも途中からあのPharoahe Monchが火を吹くラップで援護射撃を撃ち放つから痛快、これがナイスアクセントでバッチリ盛り上げます。「Your Woman Has Just Been Sighted(Ring the Alarm)」はJermaine DupriとBryan Michael-Coxの御馴染みタッグが製作、彼ららしいちょっぴりアジアンな弦音っぽいシンセが軽やかに鳴るメロディに、絶えずアラーム音が騒々しくなる完璧So So Defな作りの一曲。これだけ騒々しい分、Nate Doggの単調でマッドな歌声がより誇張されて耳にこびり付きます、そこに絡むJermaine Dupriの鼻声ネチネチラップが良いスパイス。「Your Wife」はDr.Dreが製作&客演参加(Mike Elizandoとの共同制作)、これまたDr.Dreらしい単調な鋼鉄ビートがガッチガチな一曲。再びMegahertzが製作の「Can't Nobody」はKuruptが客演、これまたバッチバチなシンセクラップが弾ける様に跳ねるビートで、Nate Doggの多重録音された歌声とKuruptのラップがワルにキメてくれるナイスな一曲。「Concrete Streets」は西の大御所Battlecatが製作を担当、これが西らしいゆるめのビートにピュンピュピュピュンな宇宙光線音が面白い一曲で、Nate Doggのまったりマッドな歌声に難なくフィット。「Real Pimp」はB!nk製作でビュイーンビュイーンと波打ち鳴る電子メロディに、民族っぽい打楽器音がポカポカ鳴るR.Kelly節の一曲で妙味です。そこにあのLudacrisがあの野太い声で、骨太に木っ端ドカンとかましてくれます。Fredwreck Nassar製作の「Ditty Dum Ditty Doo」は盟友Snoop DoggとTha Eastsidazが客演、やはりSnoop Doggとの相性が抜群で、カッチリ音が聞こえそうな程にハマッててしっくりきます。「Music & Me」はDimizzaが製作、うんコレはこれで良い感じ。最後を締め括るのはオマケな感じのRemix物「I Got Love(Remix)」、しかし侮るなかれあのFabolousが冒頭から登場しガツンと鼻声スウィートなラップで魅せてくれます(惚)。他にもB.R.E.T.T.とKuruptもマイクを回していますが、ここはFabolousに要注目かと。しかし本作のハイライトは中盤に登場する「Another Short Story」で決まり、製作はあのMike Cityですからねぇ(感動)。Mike Cityらしいオシャレに煌めくキラキラスムージーチューンがほんのり甘酸っぱく、そこに絡むNate Doggのまったりとまどろむ甘めの歌声が気持ちよ~く伸びる素敵なミッド曲、これがかなり気持ち良くほんのり輝いてて僕は好きです。

Nate Doggの歌声は結構好きなので、それなりに楽しめました。ただやはり下手ウマな印象なので、じっくりと聴かせる(聴かせられる)一曲がなかったが惜しいかな、やはりR&B盤となるとそういう一曲を求めてしまうから(我侭)。そういう意味でも彼が客演の名手なのが頷けるかもしれません、でも適度に客演も呼んでいるのでそこも上手い。最近はどうも体調が良くないらしいNate Dogg、早く回復してその下手ウマな歌声を聴かせて頂きたいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment