RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Leona Lewis「Spirit」
Leona-Lewis-Spirit.jpg

英国のオーディション番組“the X Factor”で見事優勝を果たしデビューしたLeona Lewisのデビューアルバム『Spirit』を御紹介。その歌声だけでなく美貌や人柄も人気を評した様で、ここで日本でも連日エアプレイされていて、大ヒットしていましたよねぇ。そんな彼女のデビューアルバムは米国でも堂々の第一位を獲得し大成功、今や世界が知る歌姫となっています。
そんな本作の内容を今更ですがここで紹介しますと……まずは全世界で大ヒットを記録した透明感溢れるヒーリング曲「Bleeding Love」でスーッと幕開け、製作は御存知Ryan Tedderが担当。このどこまでも澄んでいて無垢で綺麗なメロディがもうLeona Lewisにピッタリ、R&Bではないけれどこの味わいが素晴らしい出来映え。“私は流すの、愛という名の血を♪”と真摯に歌い上げるLeona Lewisにただただ胸を打たれるばかり(感動)、ちょっとした傷なら癒えてゆきますよ。続く「Whatever It Takes」はNovelとDallas Austin(!?)が共同制作のライトなエレクトロ調曲、これもLeona Lewisの清楚で伸びやかな歌声が広がる素敵な流麗曲で、シンセの華やかさはきっとDallas Austinの仕業。自分の過ちで傍を離れていった恋人を想い、その悲しみを歌う失恋曲「Homeless」はSteve Mac製作。ここでの感情&悲哀が込み上げるLeona Lewisのドラマチックな歌声は実力発揮していて素晴らしい、弱々しいストリングスも相俟って耳をガッチリ掴まれて離れません(涙)。売れっ子J.R. Rotemが製作を担当のピアノ鍵盤をしっとり鳴らす「Better In Time」は、フックでのファルセット交えたLeona Lewisの歌声が清廉で美しい、失恋から立ち直ろうとする女性の力強さを歌った希望に満ちた輝く一曲(溜息)。ピアノ鍵盤の柔らかなメロディに煌めくリズムが散らばった木漏れ日の様な「Yesterday」、製作はThe Runawaysが担当。これも透明感抜群の純白曲でLeona Lewisの凛とした歌声が気持ち良く響き渡ります、“過去は奪えない♪”と歌う詞が切なくて身に沁みる失恋曲。ここで急にHip Hop調のダークなビートに転調するのが「Take A Bow」、製作はThe RunawaysとWayne WilkinsとRyan Tedderが共同で担当。ちょっぴりRihannaっぽい漆黒トラックでLeona Lewisがちょっぴり激情っぽく歌う、自分を裏切った男に別離を叩きつける骨太な一曲(恐)。Dr. Lucas製作(ソングライティングにMax Martin参加)の「I Will Be」、煌びやかで純潔を捧げるひたむきなラヴバラードで、黒さは皆無ですがLeona Lewisの真っ直ぐ過ぎるくらい真っ直ぐな歌声にはピッタリ似合う。爪弾くギターの音色と甘酸っぱいメロディラインですぐソレと分かるStarGate製作(ソングライトでJohnta Austinが参加)「Angel」は完璧なNe-Yo節、“あなたは天使♪”と繰り返すフックも心地良く耳の中でこだまする爽やかな一曲。ピアノ弾き語りともいえるシンプルクラシックな「Here I Am」は、あのWalter Afanasieffが製作という事で納得。“私がいるわ♪”と優しく囁きかけるように歌うLeona Lewisに一瞬で抱かれ包み込まれます(温)、雪降る街中をあるきながらこんな壮美曲を聴いたら沁みる(涙)、愛に満ち溢れた素敵なスローバラードにうっとり。「I'm You」はEric Hudson製作(ソングライトをNe-Yoが担当)、ダメダメな男を勇気づけ励ます献身的な愛を歌った一曲で、女性がいないとこの世界は成り立たないと痛感させられる一曲(感謝)。「The Best You Never Had」はBilly SteinbergとJosh Alexanderが共同制作、これは上がっては下がるフックメロディがとても面白くて難しい、そこに絡んでくる煌びやかで淡いエレクトロ音がまたクールで巧い一曲。「The First Time Ever I Saw Your Face」はWayne Wilkins、Sam Watters、The Runawaysが共同で製作。打ち込み無しの生音のみの荘厳で壮大な一曲で、ものすごく詩的で叙情的、Seal作品を思わせる(つまり英国産R&Bの魅力を思わせる)ドラマチックな一曲。最後を〆括るのはSteve Mac製作のあまりに寛大で底なしの安心感に包まれるラヴバラード「Footprints In The Sand」、“きっと見つかるよ、砂の上に僕の足跡が♪”という台詞がクサイけれど素敵過ぎる(痺)、高らかに突き抜けるような歌声を聴かせるLeona Lewisが素晴らしい(絶賛)。とここまでが本編で、国内盤には更にボーナス曲が三曲追加収録されていまして。まずはSteve Mac製作の愛の奇跡を歌った眩しいほどの輝きが詰まったドリーミー×壮美な「A Moment Like This」、Salaam Remi製作のJazzyな雰囲気プンプンな感じがAlicia Keysっぽい「Forgiveness」、同じくSalaam Remi製作でこれはもう完璧にAlicia Keys風味のダークなピアノループ曲(Leona Lewisの歌い方もちょっと似てる)「You Bring Me Down」と、これまた雰囲気の違う味わい深い通な楽曲が入ってます。

確かに黒さは殆ど皆無で、完璧なポップフィールドアルバムだと思いますが、それで充分にLeona Lewisの魅力は伝わったと僕は思います。純白&純潔なバラードではその容姿に負けない美しさ輝く歌声がガッチリと聴き手のハートを掴み、汚れちまったハートの柔らかな部分を綺麗に浄化してくれます(癒)。Beyonceの『I Am... Sasha Fierce』のDisc 1はこんな感じだったですね、R&Bの純白化(Pop寄りアプローチ)はどんどん増えるかも。とても綺麗で結構好きな一枚でした、これからもLeona Lewisに期待してしまいます。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment