RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Michael Jackson「Blood On The Dance Floor: HIStory in the Mix」
Blood On The Dance Floor_ HIStory In The Mix

Michael Jacksonのベスト盤『HIStory:Past, Present and Future, Book I』からのRemix曲と新曲までをも収録したRemix盤、『Blood On The Dance Floor: HIStory in the Mix』を御紹介。このアルバムタイトルからしてカッコイイ(痺)、完璧に絵で描かれたジャケットは『Dangerous』からの流れでしょうか。Remix盤といえば聞こえが悪いかもしれませんが(いや、Michael Jacksonともなればそんな事もないか)、しかし先述の通り本作でしか聴けない楽曲も収録されていますので、やはり所持しておく事は必至かと思われます。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まずは幕開けを飾る「Blood On The Dance Floor」、製作をMichael Jackson(以降はMJと省略)とTeddy Rileyが共同で担当。バチンバチンと激しく叩きつけるビートにMJの囁くような歌声がスリリングでヒリヒリ、フックではそれこそ鋭く高いファルセット気味の歌声で聴き手を一気にハイにする、完璧なまでのダンスナンバー(踊)。バキバキな荒っぽいエレキ瓦礫音にMJのシャウトが噛みつき回す「Morphine」はMJ製曲、途中で悲しげなピアノメロディに転調する辺りがトリッキーで僕は好き。コーラスにAndrae Crouchを迎えてますがもう存在感は皆無、MJの激しい咆哮がこだまします。カラフルな電子ポップ具合がどこかPrince調のファンキーさで華やかな「Superfly Sisters」もMJ製作曲(ArrangedにBryan Lorenが参加)、単調ながらもMJの跳ねた軽快なリズミカル唱法に得意の“ひーーっ♪”がナイスアクセントでグッド。ビリビリと電流が流れる様なシンセサイザーに時折スーッと爽やかなMJのファルセットが流れ込むクールな「Ghost」、製作はMichael JacksonとTeddy Rileyが担当。タイトルからしてもどこか名曲「Thriller」の続編的な印象で、エッヂの効いた電子音の後ろでちょっぴりオカルトなメロディが流れる面白い魅力の詰まった一曲。MJとのJimmy Jam & Terry Lewisが共同制作した「Is It Scary」、滑らかで流麗で壮大な疾走系トラックにMJのブレス(息遣い)をビートとしてサンプリングした、Jam & Lewisらしい美しさとMJらしいスピード感が見事に融合した一曲。とここまでが新曲群で、ここからは『HIStory』収録曲のRemixが登場しまして。クラブRemixみたいな曲もあるんですが、先に注目のRemixから触れますと。妹Janet Jacksonとのデュエット曲として注目された「Scream Louder(Flyte Tyme Remix)」はJimmy Jam & Terry LewisがRemixを担当、Sly & The Family Stone「Thank You(Falletin Me Be Mice Elf Again)」を下敷きにした楽器映えしたキャッチーファンキーなリメイクで、凄くしっくり来ていてこれはこれで良い。「2 Bad(Refugee Camp Mix)」は御存知Wyclef JeanがRemixを担当、隠しエッセンスにMJの名曲「Beat It」を混ぜ込んだり、スクラッチをFunkmaster Flexが担当してたり、ラップでFugeesのPrasが参加してたりと、かなり面白い組み合わせの一曲。Wyclef Jean持ち味のRagge風味のメロディアレンジと、あの独特なギターリフが絶妙に効いたトラックで、MJのフックが見事に映える一曲。これら以外は僕が無知なので知らないけれど、しかしかなり有名なRemix玄人がRemixしているみたいで、London出身のTerry Farley & Pete Hellerがすっきり爽やかに風通しよくリメイクした「Money(Fire Island Radio Edit)」、ハウスミュージックの大御所らしいTodd Terryがリメイクした完璧四つ打ちで原型はとどめていない「Stranger in Moscow(Tee's In-House Club Mix)」、MJのボーカルを切って継ぎ接ぎしてそこにハモンドオルガンの音色がグルーヴを生み出すDavid Moralesがリメイクの「This Time Around(D.M. Radio Mix)」、深遠なデジタル世界にどんどん惹き込まれる不思議な魅力の「Earth Song(Hani's Club Experience)」はHaniなる人物がリメイク、原曲の美曲さに煌びやかで華やかなエッセンスを振りかけたハッピーな「You Are Not Alone(Classic Club Mix)」はFrankie Knucklesがリメイク、N.Y.の才人として名高い(らしい)Tony Moranがリメイクしたトリップ感抜群の「HIStory(Tony Moran's HIStory Lesson)」と、きっと知っている人が聞いたら涎の垂れる面子が勢揃い。

後半のRemixは僕みたいな素人ではちょっと楽しむ程度になるけれど、それでもやはりMichael Jacksonのヴォーカルを堪能できるのは嬉しい事。新曲群に関してはここでしか聴けない楽曲ばかりだから必見、「Blood On The Dance Floor」も近日発売のほぼベスト盤な『This Is It』には収録されていませんし、持っていて絶対に損はありませんよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment