RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Training Day The Soundtrack」
trainingday-st.jpg

アカデミー俳優のDenzel WashingtonとEthan Hawkeが主演を務めた映画のサントラ盤『Training Day The Soundtrack』を御紹介。Denzel Washingtonは凄く格好良いから好きな俳優の一人なんですが、この映画はまだ観た事が無いんです(恥)。以前から観たい観たいと思いながら観れていない、早いところDVDを入手して観たいなと思います。そんな映画のサントラ盤、例に漏れず黒人アーティストが集結しているので購入しました。
それではどんな楽曲が収録されているかというと……まずはKrumbsnatchaとM.O.P.が共演した「W.O.L.V.E.S」で幕開け、不穏でざらついたビートはNottz製作で、これがなかなかシリアスで冷ややかでカッコイイんです。Krumbsnatchaは知らないので正直M.O.P.だけで良かったですが(Krumbsnatchaも良い声してますが)、しかしM.O.P.のあの灼熱吠えるラップ聴けるだけで燃えます。「Bounce, Rock, Golden State」はXzibitにRas KassにSaafirがマイクを回すゴツゴツした男曲、製作は西の大御所であるBattlecatが担当。せっかくXzibt使ったんだからもっとエッヂの効いたバキバキ系のトラックにしてほしかったけれど、まぁちょっぴりビュワビュワしたスペーシーなトラックはなかなかの出来。「Put It On Me」は西海岸の重鎮、Dr.DreとDJ QuikとMimiなる女性シンガーが共演(豪華)。Dr.Dreらしい不穏&隙間グルーヴを活かしたシンプルなトラックに、二人のユラユラ揺れるラップとMimiのセクシーな歌声が絡みつきます。Nellyの「#1」は既出曲、Nellyのゆるやかに流すように歌うフックが絶妙な味付けでやっぱりイイ。「Fuck You」では通が愛して止まないPharoahe Monchが製作&登場、エレキギターの弦音をギュイギュイ鳴らすのみのシンプルでタイトなファンキー曲で、Pharoahe Monchの抑揚の効いたフック&流麗なラップがたまらなくカッコイイ一曲(痺)。刑務所暮らししている(ハズ)のC-MurderとTrick Daddyが男臭くぶつかる「F*** Tha Police」使いのシンプル基本的なブレイクがカッコイイ「Watch The Police」、製作はXLが担当。Jadakiss×Styles P×Sheek Louchから成るThe Loxがマイクを回す「Dirty Riders」はDJ Shock製作、時折擦り音がつんざめく地味なメロディのトラックがまた燻し銀な彼らにはお似合い、こういう101なトラックが一番Hip Hopの真髄を感じるから好きです。NapalmなるMCが勢いよく吠える「Crooked Cop」はRockwilder製作のビコビコうねるロボット曲、Rockwilder製作だからという訳ではないですが、このNapalmはRedmanに声が似てます、良い味出していて骨太感が結構好きな一曲でお気に入り。本作の要注目曲が「American Dream」、P.DiddyがBig Azz Ko、Kain、Mark Curry、Black RobのBad Boy Familyを引き連れ参戦。製作は勿論Sean "P.Diddy" CombsとMario "Yellow Man" Winansで、サンプリングにDavid Bowie「This Is Not America」を使い、フックにはDavid Bowie本人を召還するというBad Boyらしい大ネタアプローチ(流石)。シンセ音が波打ちべコベコとビートを打ちつける摩訶不思議な魅力に包まれた一曲。僕的にお気に入りなのはThe ClipseとPharrellが共演した「Guns N' Roses」、The Neptunesが得意の一音&一指使いで鳴らすシンプルデジタルビートがクールでエグイ、The Clipseとの相性も相変わらず抜群で最高に冴えています。「The Squeze」は大御所Gang Starrが登場、DJ Premier製作のダークループ&鬼スクラッチが光る埃っぽいトラックに、Guruの落ち着いた聴かせるラップが撃ち放たれる渋過ぎる一曲。Nelly周辺で動くKing JakobとProfessorがライトなバウンスで聴き手を揺らす「Let Us Go」はJason "Jay E" Epperson製作(Exective ProducedにNelly)、ほんのりカリブチックなメロディに鋼鉄ビートが敷かれ、二人の好対照なラップが交互してナイスな味わいでグッド。他にもベテランCypress HillとKokaneが共演した「Greed」や、Roscoeが軽やかに舞って刺す「Training Day(In My Hood)」などが収録されています。

そんな目玉曲は無いので、絶対に購入という事はないです(辛口)。まぁブラックムービー好きな方ならこの映画は観た方が良い筈、僕もいつか観たいと思います(笑)。もっと目玉な一曲があれば違ったんですが、皆どれも普通で地味な仕上がりだったので、そこがちょっと寂しかったかなと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment