RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mary J. Blige「Reflections(A Retrospective)」
mjb-refle.jpg

誰もが認める“Queen Of Hip Hop/Soul”ことMary J. Blige、彼女のデビュー作『What's The 411?』から『The Breakthrough』までの軌跡を辿ったベスト盤『Reflections(A Retrospective)』を御紹介。僕はあまり安易にベスト盤を購入するのは好きでないのでなかなか購入しませんし、Mary J. Blige(以降はMJBと省略)は好きなシンガーですから全作品を持ってはいるんで必要もないのかもしれませんが、結局やはり好きだからこそ購入してしまっていました(笑)。この凛としたジャケットも好きですし、なんとこのベスト盤には新曲が4曲も収録されていますからね、やはり買いです。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まずは新曲となる楽曲群から御紹介、やはりMJBだからここは押えておかないと。まずはMJBが自分のこれまでの人生を振り返り歌うドラマチックな「Reflections(I Remember)」はBryan-Michael Cox製作(Johnta Austinがソングライト)、ドカドカ鳴るビートにMJBの力強い歌声が胸に響く一曲。続いてもBryan-Michael Coxが鍵盤の貴公子らしく、ひらひらと鳴るピアノ旋律で繊細に聴かせる「We Ride(I See The Future)」、さらさらと流れるようなメロディにMJBの熱っぽい歌声が絡む、フックでの繰り返す“うぃーらいど♪うぃーらいど♪”も耳に残る一曲。Eric Hudson製作(Sean Garrettがソングライト)の「You Know」は良い意味で古臭いソウルフルで躍動感溢れる一曲で、ここでもMJBがファルセット気味に軽快に歌うフックが気持ちよくて耳に残ります。そして本作の注目曲がJohn Legendとデュエットした「King & Queen」、製作はAVenue(Co製作はJohn Legend)でサンプリングにStevie Wonder「Visions」を使用した大人の色香としとやかさ漂う一曲。MJBの魂こもった熱い歌声を、John Legendのあの曇った優しい歌声がふんわり包み込む素敵なデュエットで、この二人でないと紡ぎ出せない味わいで、オールドソウルなレコードを掛けているかの様な一曲にウットリ。ここからはベスト盤でいう本編、MJBがこれまで発表した名曲の数々で御座います。まずはそのパフォーマンスも鮮烈に印象に残っているJam & Lewis製作の「No More Drama」、“悲劇の女王”とも呼ばれたMJBらしい、傷だらけで、それでも勇敢に立ち向かう劇的な曲で、やはり聴いていると沸々と力が沸いてくる一曲。これもその中毒性の高いダークなループビートが病みつきのフロア曲「Family Affair」、Dr.DreらしいそのトラックとMJBのキレのあるドカドカな歌声が素晴らしい化学反応です。“MJBといえばこの曲!”と叫ぶ人も多いであろうMJBの代名詞な名曲「Real Love」、Mark MoralesとMark C. RooneyがAudio Two「Top Billin」を拝借したこの柑橘系のスウィート爽やかなトラックが、当時まだキュートさの残るMJBの歌声に絶妙にマッチ。新進気鋭のProducerであるJ.U.S.T.I.C.E. Leagueとガッチリ融合した「No One Will Do」は、The O'Jays「I Swear I Love No One But You」を早回ししたトラックが、昔のBad Boyと組んでいた頃を思い出させましたね。そして近年のMJBの名曲ともいえる「Be Without You」はBryan-Michael Cox製作(ソングライトにJohnta Austin)、悲しげなピアノ旋律に乗せて“あなた無しではいられないの♪”と泣き声で繰り返し歌う(叫ぶ)MJBに胸をギュッと掴まれるんですよ(刹那)。Chucky Thompson製作の完璧ソウルマナー踏襲のレトロソウル「I'm Going Down」、Kenneth "Babyface" Edmonds製作のしっとりと濡れた泣きの失恋美曲「Not Gon Cry」(個人的には好きな一曲)、情感溢れる極上スロウ「My Life」を新たに録り直した「My Life '06」、Sean "Puffy" CombsとPokeがCurtis Mayfield「You're To Good To Me」を下敷きに共同制作した「Be Happy」と、どれも外すことが出来ない名曲ばかり。このベスト盤はMJB自身の曲だけでなく、彼女が客演した曲も収録されているから面白くて。誰かに恋して胸を撃ち抜かれ“911にダイアルしてくれ♪”と歌うナイス着想の「911」はWyclef Jeanと合体、アコギ主導の哀愁漂うこの曲好きなんだよなぁ。Method Manと一緒に腰低く煙たく構える「I'll Be There for You/You're All I Need to Get By(Razor Sharp Mix)」、George Michaelとの爽やかなデュエット曲「As」も収録されています。あとは既出曲を録り直したものもあって、オリジナルではU2のBonoと歌っていたのを抜きにした単独版の「One」、あまり変化を感じないもう殆どそのままな気もする50 Centの声もそのままの「MJB Da MVP」なども収録されています。

これだけでは語れないですね、MJBは、そういう意味でこのベスト盤は不完全だと言えます(断言)。特に僕が思うのは、あのガンガン掛かっていた名曲「Love @ 1st Sight」と、4th『Mary』からの曲がピックアップされていないのが腑に落ちない(『Mary』は確かに地味だけれど、結構名曲があって好きな一枚なのだ)。でも気軽にMary J. Bligeに触れられる一枚ではあります、新曲も収録されていますし、持っていて損はありませんよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment