RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Akon「Freedom」
Akon-FreedomFront.jpg

Senegal出身のシンガーでMichael Jacksonにも楽曲提供しているヒットメイカー、Akonの通算三作目となる『Freedom』を御紹介。Akonが登場した時はこれほどの大物になろうとは予想だにしませんでしたが、今じゃすっかり大物Producerで御座います。とは言っても最近は門下生(?)のT-PainがR&B/Hip Hop界で大暴れ、少しAkonの影が薄くなっているのも事実ですが(辛口)。この青空と海を背景にビシッとスーツでキメているAkon、カッコイイですねぇ(合格)。
それでは気になる内容を簡単にですが御紹介しましょうねぇ……まず最初に一応書きますと、Aliaune "Akon" Thiamが全曲の製作に携わっておりますので。フックでの“なぁ~なぁ~なぁ~なぁ~♪”に思わず乗せられる「Right Now (Na Na Na)」、ちょっぴり悲しげなエレクトロ調のトラックに仲直りソングで、ディスコチックなノリ。続く「Beautiful」ではAkon主宰のKonvict Muzikのレーベルメイト、 Colby O'DonisとKardinal Offishallが客演参加。これまた爽快で突き抜ける様な爽やかエレクトロで、Akonのあの独特なハイヴォイスに負けない Colby O'Donisの甘い歌声と混ざり合い、Kardinal OffishallのRaggaeチックな暴れラップが引っ掻き回します。恋愛の後悔を切なく歌った「Keep You Much Longer」も完璧エレクトロ、爽快でビコビコ鳴らしながらシンセサイザーが振動する朝焼けっぽい一曲。と思ったらまたまたカラフルな電子音がビビビビビとなりながらジワジワと広がり彩を変えてゆく「Troublemaker」、客演参加の女性シンガーSweet Rushがなかなか美しく清廉な歌声していて要注目かと。エレクトーンっぽいカラフルな響きがフワフワと降ってくる優しメロウな「I'm So Paid」(Co製作にDetail)はYoung JeezyとLil Wayneが援護射撃、Young Jeezyのジリジリ焦がしゃがれたラップとLil Wayneのヘロへロで舐め回すようなラップが物凄い濃いスパイス、この二人の曲者のおかげで美味くなっています(助演男優賞)。「Holla Holla」では一番弟子のT-Painが共同製作&客演で参戦、Akonの早口でさらりとスムーズに歌い回す感じが素敵ですが、やはりT-Painのオートチューン駆使したロボットヴォイスでの“はぁらはぁら♪”に存在喰われてます。「Against The Grain」(RedOneが共同制作)はRay Lavenderが客演参加、一人の女性に虜になり溺れてゆく様を表現したドロドロしたエレクトロチューンが悩ましくて、同じエレクトロでもこの感じは好きです。“僕は君と一緒に居るから♪”と繰り返す綴る「Be With You」なんかも切ないメロディが良いから、いっそエレクトロ趣味を外したら面白かったかも(提案)。「Sunny Day」(RedOne共同製作)はWyclef Jeanが客演参加、これはWyclef Jean「Sweetest Girl(Dollar Bill)」での客演御返なんでしょうが、確実にWyclef Jean軸の時の方がAkonを巧く使っていましたね(完敗)。爪弾くギターの音色が優しく頬を撫でる風になる「Birthmark」はAkonらしくて素敵(惚)、済んだ海辺の夕陽が沈む水平線を思い描いてしまう、なんとも純粋で綺麗でピュアなラヴソング(溺愛)。クラシックピアノをポロポロと弾くシリアスなエッセンスも魅力的な愛の応援歌「Over The Edge」も素晴らしい、繊細で儚く美しいメロディに乗せて歌う力強い詩がカッコイイ、フックでのデジタル加工も鼻につかないナイスなスパイスになってます(誉)。アフリカの壮大な草原を彷彿とさせるおおらかでだだっ広い大地ソング「Freedom」、この開放感って気持ち良過ぎ、Akonのあの鼻にかかったハイヴォイスでの伸びやかな歌声にスーッとします(爽快)。

かなりエレクトロ化してしまっていて、発売当時でももうエレクトロが蔓延していて飽きていた時期だったんであまり聴いていませんでしたが、今聴き返してもやはりエレクトロし過ぎな気が(だいぶ経っているのに、今でもエレクトロ調な楽曲ばかりがドロップされているのが現状という事)。しかしやはりそのルーツの影響もあってか、独特の存在感を放っているので(特に最後の「Birthmark」「Over The Edge」「Freedom」の連続コンボは良かった、Akonの持ち味が出てました)、これからも頑張って欲しいシンガーですね。
スポンサーサイト



Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Comment