RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Marques Houston「Mr. Hosuton」
marques-mr.jpg

キッズグループIMxでデビューし、今や大人の男性へと成長した色気たっぷりのMarques Houstonの通算四作目となる『Mr. Houston』を御紹介。そうですね、もうミスターで御座いますよ、Marques Houstonは現在28歳で御座います。ソロになってからも順調に作品をドロップしてくれて、Marques Houston(以降はMHと省略)好きの僕的には嬉しい限り。歌って踊れるシンガーって良いでよね、高く甘い歌声も素敵、このサングラスの宣伝広告みたいなジャケットも素敵です。
それでは気になる内容を御紹介致しましょうかぁ……まずはあのJim Jonesを客演に迎えたキラキラと輝くオシャレな「I Love Her」で幕開け、製作はJoaquin Bynumが担当。遠慮無しにオートチューンを使ったMHの甲高い歌声が滑らかに響き渡り、数ある女性から“一人は選べない♪”と嘆くなんともプレイボーイなMH流儀の一曲。Jim Jonesのしゃがれたラップも良い味出しててグッド、個人的にはJuelz Santana好きですが。Detail製作のまったり煌びやかなセクシー曲「Body」、ファルセットでひらひら舞うMHも官能的で素敵ですし、フックでのあのリフレイン具合も脳内にいつまでも緩やかに響き続けるナイスな作り。オートチューン使って隙間たっぷりの歌い方で宇宙的な不思議な感触を生み出す「How I Do」はNoel "Detail" Fisherが製作。漏れる吐息のようなピアノ鍵盤の音が悩ましく、そこによがるような電子音が絡みまくる極上のベッドソング(色気)。完璧にT-Pian節なオートチューン×追いかけ唱法で迫ってくる「Express Lane」はちょっとやり過ぎかなぁ(苦笑)、まるで日本の雅楽の電気版って感じで、プァーーと鮮やかに鳴り広がるNoel "Detail" Fisher製作のエレクトロチューンはなかなか良いけれど。Alex Canterallが製作の“君という病気にかかっているみたいだよ♪”と甘く歌う「Case Of You」はすごく良い、軽やかながらもセクシーで甘酸っぱいフックのメロディと歌声シンフォニーが胸に深々と響く刹那曲でMHの歌声が活きています。Detail製作の「Stranger」はまったりとちょっぴりブルージーなメロディに、完璧エフェクトのかかったMHの青リンゴ声がエロく絡みつく恋人賛歌。Christpher Jerkins製作(Co製作をLes ButlerとDoc Clarke)の「Say My Name」は電子曲から離れていてとても落ち着く(安堵)、煌めきながら静かに響くキラキラ音にMHのファルセットが優しく広がるシンプル・イズ・ベストを痛感するナイスミッド(惚)。爪弾くアコギに指スナップ、それからピアノ鍵盤が爽やかな風を吹き込む素朴なラヴレターソング「Letter」はMarques Houston自らが製作を担当、MHが優しく囁きかけるよう繊細なファルセットで丁寧に歌い上げていて、聴いているだけで気持ちが洗われ清々しくなります(浄化)。続いてもMarques Houston製作でギターを掻き鳴らしたスパイシーな「Sexy Young Girl」は、異国情緒漂いながらもやはりファルセット駆使でガンガンダンスチューンに仕上げなかったのが紳士的。「Date」はあのOmarionがNaruto's Melody'sなる変名で製作(驚)、静寂デジタルなトラックにMHがここでもオートチューン憑依で宇宙人っぽく歌っています。「Beautiful Woman」はMarques Hoston製作、終始ファルセットでたおやかに歌い上げるMHに思わずウットリしながらも、この雰囲気はRobin Thickeに似ているなとも思ってしまったり(笑)。ここからは一応ボーナストラック扱い、しかしここからの流れがまたなかなか面白いんですよ。まずはDetail製作の南国風味の青空ギター曲が心地良い「Sunset」、これはもう夕陽の沈む浜辺を裸足で歩きながら、恋人に囁くように“だって君は僕の夕焼けだから♪”なんて甘い言葉を言ってみたい(笑)、最後の小声の“せっせっせっせっせっ♪”が良い味出してます。続いてもDetail製作の浮遊感溢れる振動エレクトロ「Resturaunt」、Detail製作で真っ直ぐガツンなHip Hop風味曲の「Excited」とDetailがとにかく大活躍。最後を締め括る「Tonight」はB. HowardとThe Merchantが共同制作、これはハンドクラップ鳴らしながらキュートなシンセサイザーがクネクネ飛び交う懐かしいポップ風味曲、軽快でカラフルなメロディにMHの甘酸っぱい歌声が鮮やかなダンスチューン。

うん、相変わらずMarques Houstonのファルセットはセクシーで綺麗でした(好)。しかしここまでオートチューン使ってエレクトロにしなくても良かったんじゃないかなと思います、もうだいぶ聴き手は飽きてきているのも事実ですし(苦言)。それならよっぽどMarques Houston自身が作った直球&王道なスムースR&B曲の方が好感持てました、Detailの仕事っぷりが悪かったとは言いませんが。もっと純粋にアダルトな渋い楽曲で半分を占めて欲しかったというのが本音、まぁ時勢を象徴している一枚で、Marques Houstonらしさは半減してたかも(辛口)。でもMarques Houstonの歌声が素敵です、辛口でしたがきちんとした一枚には仕上がっていますよ(当然)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment