RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「The Fighting Temptations Soundtrack」
FightingTemptationsSoundtrack.jpg

Cuba Gooding, Jr.とBeyonceが主演を務めた映画のサントラ盤『The Fighting Temptations Soundtrack』を御紹介。この映画、観たくて仕方ないんですが観ていないまま(涙)。最近でこそ女優としての仕事を順調にこなしているBeyonceですが、この作品は彼女にとって二作目ぐらいになるんじゃないでしょうか。こういうブラック系の映画のサントラは絶対に外せないッ!そこでしか聴けない楽曲&意外な組み合わせが楽しめるんですからね。
それでは簡単に内容を御紹介しますと……まずはBeyonceとMissy Elliott、MC LyteにFreeと女性四人が元気一杯に弾ける「Fighting Temptation」で幕開け、Missy Elliott製作でサンプリングにWalter Murphy「I Like Funky Music」を使用。Missy Elliott「Work It」っぽい上がって捻れる変てこ音にファンキーなホーンが散る華やかな一曲で、冒頭&フックで聴こえるBeyonceの煌びやかな美声が清涼感抜群で素敵(惚)。そこにマイクを回すMissyもMC LyteもFreeもバッチリ跳ねてくれて、ガールズな仕上がりが可愛い一曲。「I Know」はDestiny's Childの楽曲、製作はBeyonce KnowlesとSoul Diggazが共同で担当。乾いたーギターがアクセントになった荒涼としてトラックに、Destiny's Childの美しくも寂しげなハーモニーが奏でられるアダルトな香りの渋い一曲。The O'JaysのEddie Levert(!)とAngie Stoneが共演した(Aditional VocalにMelba Moore、Montell Jordan参加)「Rain Down」、Rex Rideout製作のべコベコと跳ねるエッヂの効いたナチュラルビートにクワイヤが力強く絡む現代風ゴスペル曲。Angie Stoneの深みのある歌声とEddie Levertのガラガラ鳴らす喉が渋い、なんとも濃厚な一曲で大満足。続いてはT-BoneとZaneのMC二人にMontell Jordanがファルセットでフックを担当する「To Da River」、BusterとShavoni製作の本作唯一のHip Hop曲。Ann NesbyがShirley Ceasarをカバーした「I'm Getting Ready」は完璧なゴスペル曲、教会で歌っているかの様なオルガンメロディにAnn Nesbyのパワフルな歌声が響き渡るオーソドックスな一曲。引き続きAnn NesbyがShirley Ceasarの曲を歌う「The Stone」ですが、ここではShirley Ceasar御本人と共演。手拍子と共にステップ踏んで教会の壇上で踊りながら歌うようなこの軽快さと力強さ、聴いてて気持ちがスカーッとするし気持ちよくて踊りたくなります(陽気)。Jimmy Jam & Terry Lewisが手を加えたDonna Summerのカバー「Heaven Knows」、歌うのはFaith Evansなんだから間違いない。ピコピコデジタル音が颯爽と駆け抜けるディスコ調のトラックがゴキゲンだし、Faith Evansの艶やかな歌声も高らかに響いてきて素敵です。Beyonce KnowlesとDamon Elliottが共同制作のPeggy Leeカバー「Fever」は、指パッチン鳴らしながら妖しく歌い上げるメロウJazzyな一曲がBeyonceのキュートでセクシーな歌声でより熱っぽく仕上がっています(惚)。そして本作の裏ハイライトともいえるのがBeyonceとあのBilal(!)が共演を果たした「Everything I Do」、しかも製作はあのJimmy JamとTerry Lewisなんだから痺れます(失神寸前)。キラキラと輝きながらもまったりと溶け合うスムージーなメロウチューンが素敵で、その美しさだけでもう骨抜きにされます(倒)。そこに絡むBeyonceとBilalの吐息(溜息)混じりの優しく囁くような歌声(途中のアドリブも素晴らしい)が凛と心に響きます(惚)、特にBilalのあのハイファルセットで身を捩って喘いでしまいますよ(嘆息)。刻むリズムとハーモニカ一本で聴かせるアカペラ風味の「Loves Me Like A Rock」は、O'JaysによるPaul Simonのカバー、味があって良いですねぇ。Loretha JonesとBeyonce製作の王道ゴスペルナンバー「Swing Low, Sweet Chariot」、Beyonceの堂々としたパワフルな歌声に鳥肌立ちっぱなしでスタンディングオベイション(拍手)、Beyonceが実力のあるソウルシンガーなんだと痛感します(立派)。BeyonceとThe O'JaysのWalter Williams, Sir.がデュエットする(Additional VocalにAngie StoneとEddie Levert)「He Still Loves Me」、クワイヤを従えて天高く歌声が昇る輝かしい一曲で素敵、製作はまたまたJimmy JamとTerry Lewisの黄金タッグ。軽やかなピアノのメロディに乗せてBeyonceとAngie StoneとMelba Mooreの歌声が跳ねて疾走する晴れやかな「Time To Go Home」もJimmy JamとTerry Lewis製作、このコンビは本当に素敵な楽曲ばかりを提供します(感謝)。Beyonceの妹Solangeのソロ曲「Don't Fight The Feeling」(Papa Reu客演)、このインドチックなデジタル曲が本作に必要だったかはちょっと疑問。最後を締め括るのはSean "P.Diddy" CombsとMario "Yellow Man" Winansが共同制作(Co製作をStevie J.)の「Summertime」はP.Diddyも客演参加、まったりと滑らかな極上サマーチューンで思わずウットリ(惚)、やはりBad Boyはこういうキャッチー曲に強い(十八番)。常夏の青空の下、海沿いを走りながら陽光浴びて聴きたい夏必須の一曲、Beyonceの柔らかな歌声も素敵です(溺愛)。

豪華な面子を見ても分かる通り、とにかく歌心満開のナイスな一枚となっています。Beyonce×Bilalの「Everything I Do」(僕的にはLauryn Hill×D'Angeloの「Nothing Even Matters」にも匹敵)が収録されているだけでも絶対に聴き逃せない一枚(断言)、あとBeyonceの「Fighting Temptation」「Summertime」もここでしか聴けませんからね。あとこの頃のBeyonceのヴォーカル風味も今は聴けません、この頃の可愛い歌い方も好きだったんだけどなぁ~(惚)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment