RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z「Hustlers Poster Child Part 2(Mixtape)」
posterchild2.jpg

先日『The Blueprint 3』を発売したばかりのJay-ZのMixtape、『Hustlers Poster Child Part 2』を御紹介。Mixtape物はたま~に落として聴くぐらいで、ここで紹介するのは本来ならば意に反するのですが(苦渋)。ではなぜ紹介するのかというと……皆様『The Blueprint 3』は聴いてますか、僕は通勤&帰途にの車中はガンガン掛けてます(最近のお気に入りは「Reminder」)。そこで残念だったのが「Jockin' Jay-Z」や「Brooklyn Go Hard」が収録されなかった事、国内盤にもしかしたら収録されるかと期待しましたが、やはりされず終いでした(悔)。そこで紹介したいのが本作、その二曲がキッチリ収録されてますし、他にも未発表曲が収録されています。
簡単に内容を御紹介しますと……まずは当初は『The Blueprint 3』からの先行シングルっぽい扱いだった「Jockin' Jay-Z」、製作はKanye WestでサンプリングにRun DMC「Dumb Girl」を使用したバキバキなナンバー(暴)。ブザーみたいな音が警報みたく連続で鳴るトラックが渋くも鋭く、Jay-Zのラップも相変わらずの切れ味でイイ、Kanye Westによる“じょっきんじぇいじー♪じょっきんじぇいじー♪”もぶっ飛んでて好き。なんで収録されなかったんだろう、地味だけど結構好きなのに。そして映画『Notorious』サントラ盤に収録の「Brooklyn Go Hard」、製作はKanye WestでサンプリングにSantogold「Shove It」を使用。まんまSantgoldのラインを拝借しループし、そこに硬質なドラムスをぶつけた荒削りなトラックがまたなんとも渋くてグッド。Santgoldの癖あるヴォーカルも巧く処理されて映えているし、Jay-Zの変則的なフロウも面白くて耳に残る。DJ KhaledがKanye WestとT-Painを迎えたオリジナルにJay-Zが参加したRemix「Go Hard(Remix)」、「後に出されたD.O.A.(Death Of Autotune)」を考えるとこの共演もまた面白く感じますね。Young Jaazyの同名曲のビートにそのままJay-Zが乗っかる「Put On(Remix)」、Young Jeezyよりも全然スムーズなJay-Zのソフトなサウスっぽいノリのフロウが面白い。Uncle Murdaと共にJay-Zがヤンチャに暴れる「He Asked For It」(The Neptunes製作?)はFat Joe攻撃曲、Uncle Murdaもなかなかイイ味出していて要注目のMCかなと。「Can't Cheat Death」「Welcome To The 70's」「Damn」はなんとあのDJ Premierが製作を担当、いかにもPrimoなエッヂの効いた激渋ファンキーなトラックがビョンビョン跳ねるトラックに、Jay-Zの流れる様なラップがバッチリ似合ってます。これが公式リリースされないのが惜しい、本当に残念で御座います(涙)。Swizz Beatzが製作の「You're Welcome」は女王Mary J. BligeとSwizz Beatzが客演参加、粉雪のように優しく降るキラキラ輝く電子音にまったり間を取るハンドクラップ、この繊細で美しいトラックが溜息モノです。Jay-Zのラップはさることながら、Mary J. Bligeの優しく細い可憐な歌声がしんみり心に沁みる素敵なスローチューン。そのまま素敵なメロウチューン「Maybe」へ、製作はSean C & LVで御座います。なんともソウルフルでメロウな極上とろけるチューンが凄まじく滑らかでセクシー、ここで歌フックを担当しているのが誰か分からないのが酷、知っている方教えて下さい。DeShawn Stevensonなるバスケ選手をDissした笛ピューピュー曲「Blow The Whistle」、安っぽいLil Jon製作みたいなチープクランク風味が小馬鹿にしている感を演出。映画『Notorious』サントラ盤に収録予定だった「BK Anthem」はMC Lyteが客演(途中でBusta Rhymesっぽい声も聴こえます)、なかなか良いんですがねぇ。「Early This Morning」はJust Blaze製作曲、Just Blazeらしい早回し声が炸裂する電子鍵盤曲にJay-Zが王様フロウを撃ち放つ相性抜群の一曲。最後を飾るのはBarack Obamaへの応援メッセージソング「History」、製作はKanye WestでTony Williamsのドラムス使い(?)のまったりとしたクロスオーヴァーな感覚の一曲。その他にも既出曲が収録されていますが、そこは省略させて頂きます(了承)。

まぁMixtapeという事でノリで攻めたクオリティの曲も多いですが、Jay-Zに興味ある方なら楽しめる内容なんじゃないかなと思います。ネット上を歩いていればあちこちに落ちてますので、無料でダウンロード可能です。気になる方はどうぞ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment