RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Chris Brown「Exclusive」
chrisb-ecovs.jpg


“Next Michael Jackson”の呼び声も高いChris Brownの通算二作目となる『Exclusive』を御紹介。デビューアルバムとなる前作『Chris Brown』は特大ヒット、それもそのはず当代きっての敏腕プロデューサーが集結した超豪華な一枚で、ほんんのちょっとの隙も無かったですからね。がしかしそれも、Chris Brownが歌もダンスも超絶的に上手く、スター性が充分にあるからですよねぇ。
そんなこんなで本作もきっと豪華な面子が集結しているんだろうなぁと思っていたら……いや揃い過ぎですしね(笑)、どれだけのお金がかかって製作されたんでしょうか、相当な枚数を売らないと利益が出ないんじゃないかなぁって心配になります(余計)。それでは簡単に内容い触れてゆきます、かなりのボリュームですが。まずは幕開けを飾る「Throwed」はState Of EmergencyとBryan-Michael Coxが共同で製作を担当。最初のシンセの鳴りとか聴くとThe Neptunes製作かなとも思ったんですが違ってました、しかしBryan-Michael Coxっぽさもそんな無いかなと。「Kiss Kiss」は予想通りのNo.1ヒット曲となったシングル、製作&ゲストにT-Painが出陣したんだから当然の結果なんですかね。がしかし僕はこの曲、あまりはまりません、そんな目新しくも感じなくて、T-Painの味もちょっと消えている気が(個人的見解)。「Take You Down」はThe Underdogsが製作を担当、じっとりと濡れているエレキギター演奏が艶かしさを倍増させる一曲、流石はThe Underdogsで御座います(脱帽)。「With You」は売れっ子StarGateが製作を担当した爽快甘酸っぱい一曲で、雰囲気的にはモロにBeyonce「Irreplaceable」な作り、ですが好きにならずにいられない。しかもソングライティングはJohnta Austinが担当しているから最強、フックでの“うぃずゆー♪うぃずゆー♪うぃずゆー♪”の繰り返しは絶対に口ずさみます。「Picture Perfect」は本作でもかなり好きな一曲、製作はwill.i.amが担当。ドカドカなバスにビュイーンと鳴るシンセ、途中で降臨するコーラスハーモニーに疾走感を煽るカメラのシャッター音、絶妙に構成されていてかなり興奮したカッコ良過ぎる一曲(絶賛)。will.i.amのラップ部分での転調も流石、何故will.i.amは自身のソロでこのトラックを使わなかったのか(不思議)。「Hold Up」ではOutkastのBig Boiがラップで援護射撃、製作はAndre HarrisとVidal Davisが担当。「You」はL.O.S. Da Maestro製作でソングライティングをTerius "Dream" Nashが担当、そうです、J.Holiday「Bed」を手掛けたコンビです。The Dreamが“Chris Brownが“「Bed」は俺が歌わないとNo.1は獲れない”と言ったけど、J.Holidayに歌って欲しかった、もうChris Brownとは仕事はしない”と発言してましたので、The Dream関与の曲は収録されないかと思ってました(加えてちょぴりChris Brownが嫌いになった)。がしかしこうやって無事に収録されていまして、しかもこれがかなり秀逸で素晴らしい仕上がり(悔)。The Dreram印となったあのリフレイン(繰り返し)がもたらす心地良く癖になる感じはたまらない、Chris Brownの甘酸っぱい“ゆー♪ゆー♪ゆー♪ゆー♪ゆー♪”がもうたまらなくツボで、青筋立てて僕も一緒に歌ってます。本当に切なくて清涼感溢れる素敵曲。続く「Damage」はThe Runnersによる製作曲、これまた壮大なバラードでフックでのChris Brownが声を絞り出すところなんかは感情を揺さぶられる事必至で、T-Painよろしくボコーダー使ってる辺りも策士で強欲で御座います。「Wall To Wall」は御存知、本作からの先行シングルでSean "The Pen" Garrettが製作を担当。スリリングな音でクラブ向けながら、そこまでの中毒性は無い気もする一曲。夏色なカラフルシンセで彩られた「Help Me」は意外にもThe UnderdogsとRob Knoxが製作を担当した一曲。じわじわと熱を持って盛り上がってゆく様が面白くて、青空の下で聴いたらバチっと嵌る事間違いなし。哀愁漂うピアノの音色で確実にBryan-Michael Coxの仕事だと思った「I Wanna Be」は、予想を裏切りAntonio DixonとEric Dawkinsによる共同制作(驚)。これがもう文句なしの刹那系の美曲で僕の大好物、曲の切なさを倍増させる“なりたいんだ、キミの……”歌詞も素晴らしく切ない、Chris Brownのまだちょっと青い高音響きが上手く活きているバラード。「Gimme Whatcha Got」はJazze Phaが製作を担当したキラキラ系の一曲、ゲストにはもはや客演王となりつつある人気者Lil Wayneが参加(ソングライティングはTerius "Dream" Nash担当)。Jazze Pha手掛けるこの透き通る様な夢見心地なトラックも可愛くて好きだし、Lil Wayneのネッチョリラップもカッチリ嵌ってて良い感じ。「I'll Call Ya」はSwizz Beatzが製作を担当したちょっぴり疾走系トラック、Swizz Beatzの声は入ってませんが、彼十八番の煽り声がバックに入ってます。単にシンセを使うんでなく流麗なピアノフレーズも取り入れているから、一元的でない魅力が詰まった“流石はSwizz”と感嘆させられる一曲。「Lottery」はThe UnderdogsとRob Knoxのコンビによる製作曲、ギュイギュイとうねるトラックが聴き手を異次元に引っ張り込む癖の強い一曲。Timbalandの軽快版って感じ、あそこまでくどくない感じ(笑)。サウスの様なダルいノリのリピートが完全Hip Hop風味の「Get At Ya」も、製作はThe UnderdogsとRob Knox。R&Bモノでは御約束なお母さん賛歌「Mama」はErick Hudson製作曲、こんな風に母親への感謝や愛を歌えたら、ちょっとした親孝行になるんでしょうけどねぇ(羨)。「Nice」は最近名前を聞かないScott Storchが製作を担当、ゲストにウェッサイの最終兵器The Gameが参加。久々にScott Storchが良い仕事をした気がするジャキジャキ感が程よく鋭いキラーチューン、The Gameのあのヤクザな感じが上手く滲んだ一曲。「Down」はゲストにKanye Westが参加、なので製作も多分……Kanye West……なのかな?最後に収録されたこれまたギュイギュイと歪んだシンセと流麗ピアノを絡ませた「Fallen Angel」(国内盤のみ収録)は誰の製作なんだろう、これも凄く面白い仕上がりで気になるばかり。

はぁ~疲れたぁ(溜息)、よくもまぁこれだけ最前線な陣営で臨めたよねぇ、お金が幾らあっても足りないんじゃないかなぁ(貧乏人)。これだけの一流が作っている訳ですから、抜かりなんて当然有りません、皆が自分の個性を上手く発揮しています。今売れているR&B曲で自分お好みの一曲を探したいなら、このアルバム(カタログ)で探せば良いです、お好みのProducerが見つかるでしょう……そう言いたくなる一枚、でもやっぱりChris Brownは歌上手いです、ただのアイドルではけしてありません。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment