RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Redman「Red Gone Wild :Thee Album」
redman-redgonewild.jpg

ファンキーでファニーなキャラクターで愛され尊敬される超ベテラン、Redmanの通算六作目『Red Gone Wild :Thee Album』を御紹介。その火薬声で一気に聴き手に火をつけ焦がすRedman、僕のお気に入りのMCの一人で御座います。前作『Malpractice』からおよそ6年ぶり、いやはやなかなかスッとは出さないですね~。しかしこの可愛くもファンキーなジャケットがたまらないですねぇ(惚)、この色使いとかマットな感じがアートで素敵(あと日本語で“赤い男”って書かれてるのも)、今までのRedman作品の中では一番の仕上がりですね。
じゃあ気になる内容はどうなっているかを書きますと……これが物凄く良い一枚に仕上がっていて、かなりヤバイですよ(喧伝)。まずはE3製作&客演の「Fire」で幕開け、ちょっぴりドロリとした電子音にRedmanの灼熱ラップがジリジリと迫るナイスな短曲。「Put It Down」は驚き、あのTimbalandが製作を担当。いかにもTimbalandな骨太ダークなバウンシービートが地響き鳴らすトラックに、Redmanのゴツいラップが跳ねて壊す素晴らしい融合(痺)。Timbalandとしてもくいう系統のビートは御無沙汰な気がして素敵、Redmanの火薬声にもTimbalandはお似合いで素敵。続く「Gimmie One」はPete Rockが製作、Marvine Gaye「The Break In」使いの埃っぽい真っ黒ファンキーなビートは流石、Redmanの緩急ついたトリッキーなラップも渋くて、Hip Hop黄金期を思い出させるクラシックな出来映えに感動。盟友Rockwilder製作の「How U Like Dat」はベヨンベヨンと響いて鳴るビートが跳ねてて軽快、Redmanのラップもかなり走ってて聴いてて思わず縦ノリしてしまう、最後に登場する客演のGov Matticも良い声しててグッド。Scott Storch製作のスカスカドカドカ打楽器ビートがクールファンキーな「Freestyle Freestyle」も最高、シンプルにラップで勝負するRedmanの余裕たっぷりのラップも、“ふりーすたいる♪ふりーすたいる♪ふりーすたいる♪”と繰り返すフックも絶妙、そこでちょっとサイケに転調するのもナイススパイスでカッコイイ(痺)。Erick Sermon製作&客演で、Keith MerrayにBiz Markieまで参加(!)の「Walk In Gutta」も渋い、Blondie「Heat Of Glass」使いの曇った燻し銀トラックが王道な仕上がり。Da Mascot製作でLove Unlimited「Midnight Groove」使いの「Wutchoogonnado」がまた懐かしいソウルフルなトラックが真っ黒で美しくて渋い(痺)、そのうえ客演のMelanie Ruthrfordなる女性シンガーの(良い意味で)古臭いソウル趣味な歌声が素晴らしいアクセントに(助演女優賞)。「Dis Iz Brick City」(フックのみでReady Roc参加)はなんとあのDJ Clark Kent(!)が製作を担当、Millie Jackson「You're The Joy Of My Life」使いのメロウソウルフルな泣き節がベタベタな作りで、それがまたDJ Clark Kentっぽくて素敵(絶賛)。Erick Sermonが続いてはAl Green「Right Now Right Now」からメロディ&歌声も借りた「Rite Now」も渋い、ちょっと地味なのにRedmanが火を吹けば激熱な一曲に仕上がるんだから凄い。WattsがBob Marley「The Sun In Shining」使いのReggae風味曲「Blow Treez」はそのまったりドロリな感触がまたカッコ良く、客演のMethod ManとReady Roc(それからAdditional VocalのGov Mattic)も良い味出してて煙たい。ぶっ壊れクラシックって感じの「Pimp Nutz」もRedmanだとキマる、製作はVitamin Dが担当。再びRockwilder製作の鋭い鋼鉄工場ビートが超クールな「Hold Dis Blaow!」もカッコイイ、このコンビも素晴らしい相性ですねぇ(感嘆)。そのRockwilder製作の「Merry Jane」はSnoop DoggとNate Doggが客演参加。いかにも西海岸なゆったりとしたノリのスウィートビートが可愛くてナイス、そこに絡むSnoop DoggのユルユルラップとNate Doggの下手ウマな歌声もガッチリお似合い(最高)、Redmanもこういう曲に乗せる事あまりないから新鮮で凄く良かったですね。Da Mascot製作でGoblin「Snip Snap」拝借のドラムブレイクビートが脳天直撃で痺れる「Gilla House Check」も、Redmanが受け継ぎ語り続ける王道Hip Hopって感じで、最近のHip Hopが忘れている魅力がギッシリ。Erick Sermon製作の「Soopaman Luva 6」はCurtis Mayfield「Give Me Your Love(Love Song)」を使用、ドラマチックなメロディに乗せて渋く吠えるRedmanも良いんですが、ここでは歌声を貸すMelanie RutherfordとHurricane Gが素晴らしい仕事っぷりで拍手。その二人は続く「Soopaman Luva 6 1/2」でも参加、ここではそんな歌わないのが残念。最後を締め括る「Suicide」はAdam DeitchとChris Pinsetの共同制作、サイバーなシンセサイザーが妖しく光って、そこにゲームチックなビコビコ電子音が跳ねながら交錯するダークアッパーで、そんな癖あるビートもRedmanが完全に喰っているナイスなエレクトリックチューンで最高。

いや素晴らしいですよ、一言で表すなら“痛快”とでも言いましょうか(褒)。ハチャメチャに暴れて遊びながらも、きちんと芯の通ったタフな一枚に仕上げるRedmanのその器量には頭が下がるばかり。古き良きHip Hop味がここには濃厚に練り込まれています、素直にHip Hopの楽しさを思い出させてくれる力強い名盤に大満足ですよ。Redmanってやっぱカッコイイですねぇ、僕はこの一枚でまた惚れ直しましたよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment