RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

J. Cole「The Warm Up(Mixtape)」
jcole-warmup.jpg

Jay-Zが新たに設立したレーベル“Roc Nation”の契約第一号アーティスト、J. ColeのMixtapeアルバム『The Warm Up』を御紹介。あのJay-Zが認めた才能なんですから注目せずにはいられませんよね(約束)、ちなみにJ. ColeはJay-Zの新作『The Blueprint 3』収録の「A Star Is Born」でも客演をこなしています(抜擢)。そんな訳で、本来なら公式リリースされていない作品は紹介しないのが僕の中の規則だったのですが、かなり期待しているMCなのでMixtapeでも取り上げて記事にしました。
それでは気になる内容を御紹介致しますと……Mixtapeという事で詳細が分からないのですが、ほぼ全曲の製作をJ. Cole自身が手掛けている様です(憶測)。そうだとするとかなり曲作りが巧い、ラップもなかなか巧者で良いんですよ。まずはオシャレなピアノ旋律に弾く様なビートが絡む「Welcome」で幕開け、J. ColeのスタイルはLupe FiascoやTalib Kweliみたいな感じで、静かでちょっとキー高めで流れる様にスマート、良い味出してます。「Can I Live」はProducerが分かっていて Syienceが製作を担当、早回しした声が悲鳴の様に響くシリアスで悲しさ漂う一曲で、このドラマチックなトラックにJ. Coleの熱のこもったラップが光ります。オペラっぽい女性の声がループしながらハイハットのチチチチ音が妖しく響く「Grown Simba」、単調なトラックなだけにJ. Coleのマイク一本での実力が試される一曲(勿論合格)。「Lights Please」は本作からの公式シングル曲(?)、ゆったりと間を置いて鳴らすピアノ鍵盤に硬質なドラムスが絶えずビートを刻む、完璧MC至上主義の一曲(最高)。派手さはないけれどシンプルなビートが素晴らしい感触、J. Coleが淡々と撃つラップを思う存分堪能できます。まったりとしたホーンが心地良く鳴り響くスローなJazz風味曲「I Get Up」も味わい深い、フックで軽く歌うJ. Coleもなかなかイカしてますよ。ブルースロックなエレキギターが渋く、ソウルフルなハーモニーも重なる「World Is Empty」もなかなかのもの。低く鳴るベースのビートに合わせて時折ギコギコ音とハンドクラップを散らした疾走チューン「Royal Flush」は、Mos Defなんかが好みそうな渋い一曲。「Dollar And A Dream II」は静かにしっとり鳴るクラシックピアノの音色に合わせて、J. Coleの軽快なラップがダンスステップを踏む様に舞うオシャレな一曲。「Heartache」はEliteが製作を担当、ファンキーな硬質ドラムスビートが炸裂するタイト過ぎる攻撃的な一曲(痺)、唾飛ばしながら荒くラップして立ち回るJ. Coleが最高にカッコイイです。70年代ソウル曲を甘さそのままに回したメロウチューン「Get Away」、まったりと溶ける煌びやかなメロディにJ. Coleの歌うような優しいフロウが映える一曲。「Ladies」ではLee Fields and The Expressionsが客演参加、これまた懐かしい匂いのするソウル曲をばっちりサンプリング、バンドチックな演奏がまた雰囲気を盛り上げる美しい一曲。ヒラヒラと神秘的で不思議な電子音が浮遊する「The Badness」はOmen客演、仄暗い深海を彷徨tっているような感覚のトリップ曲。昔のKanye Westが作りそうな「Hold It Down」は、古き良きソウルを復刻した様なヴィンテージメロディがたまらなく渋い(涙)。J. Coleのふんわりと歌うような鼻歌フックも雰囲気バッチリで素敵だし、流麗なピアノ旋律が心の琴線に触れるナイスメロウ(惚)。最後を飾るボーナス曲「Losing My Balance」は、爪弾くアコースティクギターが爽やかな風と共に哀愁を吹き込むブルージーな南国風味曲、思わず夕暮れ時の陽の沈む海を思い出す情感たっぷりのトラックが素敵。あとはビートをそのまま拝借した曲もありまして、Talib Kweli「Get By」使いの「Just To Get By」、Jay-Z「Dead Presidents II」使いの「Dead Presidents II」、Kanye West「Dolive Slow」っぽい「Dreams」(Brandon Hines客演)などなど。

Lupe Fiascoっぽくも感じるけれど、僕的にはTalib Kweliに似た印象を受けました。いや、しかしこのJ. Coleはかなり良い気がします、僕が結構好きなタイプのMCですねぇ(太鼓判)。Kid CudiやDrakeも要注目ですが、このJ. Coleも侮れませんよ~(厳重警戒)。この全曲をJ. Cole自身で手掛けているのならなお凄い(驚)、Mixtapeといえど素晴らしい仕上がりになっています。ネット上のあちこちでダウンロード出来ますし、J. ColeのOfficial Siteでも無料ダウンロードが可能です。現段階で公式のデビューアルバム『Lights Please』は2010年リリースとアナウンスされています、延期やらお蔵入りなんかになりません様に(懇願)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment