RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z「Vol. 2... Hard Knock Life」
jayz-hardknoc-cov.jpg

向かう所敵無しの最強MC、Jay-Zの通算三作目となる『Vol. 2... Hard Knock Life』を御紹介。本作は前作の『In My Lifetime, Vol. 1』の続編となる、いわゆる“Life三部作”で、この後には『Vol. 3... Life and Times of S. Carter』が発表されて完結します。1st、2ndと着実に人気&知名度を上げたJay-Zが更なる強力プロダクションを迎えて放った本作、どうもこのジャケットはカッコ悪い気もしますが、やはりJay-Z作品なんで押さえておかないと痛い目に遭いますよ(警告)。
それでは気になる内容を御紹介しましょう……まずは言わずと知れたゲットーアンセム「Hard Knock Life(Ghetto Anthem)」で幕開け、製作はMark The 45 Kingが担当で、サンプリングにはミュージカル『Annie』の劇中歌を使用。子供達の可愛い歌声がフックになったキュートなトラックがハイセンスでカッコイイし、そこに絡むストリートの厳しさを説くJay-Zの余裕たっぷりのラップがまたカッコイイ(痺)。「If I Should Die」はSwizz Beatzが製作を担当(客演にDa Ranjahzが参加)、シンセ音を単調に組み合わせてグルーヴ感を紡ぎ出したビートは、相変わらずの鋼鉄チックでJay-Zの斬れ味鋭いラップが見事に映えます。“ハッハッ♪”と吐く息使いをそのままビートにした疾走チューン「Ride Or Die」はSteven "Stevie J." Jordanが製作、クールにキメてハイウェイをスポーツカーで颯爽と走り抜ける様な感覚がスタイリッシュな一曲でグッド。Timbaland製作の「Nigga What, Nigga Who(Originator 99)」では、Jay-Zの師匠でもあるBig Jazが参加。チキチキチキチキと細かく火花を散らしながら飛ばす神速チューンに、Jay-Zの早口で斬り刻む神業ラップが体中を突き刺す鬼神曲が圧巻(痺)。このスピード感と中毒性はTimbalandならでは、ここからJay-Z×Timbalandの化学反応は始まったのです(歴史的瞬間)。そして本作で最重要曲ともいえるのが、Swizz Beatz製作でDMXが客演参加の「Money, Cash, Hoes」です(断言)。エレクトーンの上を指で荒っぽく滑らし鳴らす破天荒ビートがたまらない(興奮)、この曲を作ったSwizz Beatzは最高にキレてますね(奇抜)。そんな暴れるビートの上でクールなJay-ZとタフなDMXが衝突かるんだから間違いない(鳥肌)、DMXの吼えるフックがまた痺れますよねぇ(名曲)。J-Runnah製作でThe Isley Brothers「Ballad For The Fallen Soldiers」使いの「A Week Ago」ではToo Shortが参戦、ドラマチックでシックなビートも素敵ですが、フックのみでラップするToo Shortは果たして本当に必要だったのか疑問。Swizz Beatz製作の緊迫したガチャガチャトラックがエッヂ効いている「Coming of Age(Da Sequel)」では、Jay-Zの弟分であるMemphis Bleekが客演参加。本作のもう一つの注目曲はIrv GottiとLil' Rob共同制作の「Can I Get A...」、客演には(当時まだ無名に近い)Ja RuleとAmilが参加。チチチチチチチと単調に進んでゆくビートに合わせたバウンス感抜群のフックがかなりノれる素晴らしい一曲、このフックを編み出したのはJa Ruleなんだとか。Jay-Zのスマートなラップとは好対照な、Ja Ruleの濁声で唸り回すラップが武骨で良い味出してますよ。再びTimbalandが製作した「Paper Chase」ではFoxy Brownが参戦、ビート自体は単調で簡素なんですがやはりFoxy Brownがラップする事で箔が付きますね。Erick SermonがIsaac Hayes「Reservoir Dogs」を下敷きにしたベンベンと鳴るリフが痺れる「Reservoir Dogs」では、Beanie SigelにThe Lox、Sauce Moneyが次々とマイクを回す熱い一曲。Kid Capriが製作&客演した「It's Like That」、Jay-Zの共同経営者であるDamon DashとMahoganyが製作した「It's Alright」も、Jay-Zがラップする事で締まって聴こえますね。最後にはボーナス曲扱いでJermaine Dupriが製作&客演の「Money Ain't a Thang」を収録、Steve Arrington 「Weak At The Knees」とMr. Mister「Broken Wings」を下敷きにした、ビョンビョン跳ねながら駆け抜けるトラックが聴いていて気持ち良く脳内に響くし、Jermaine Dupriの鼻声ネッチョリラップもナイスなスパイスになってます。

Jay-Zが本作をして“トレンドの先を行く最先端のビーツ/ライム・アルバム”と評したのも頷けます、Jay-Zは本当にその時に最も旬で熱いProducerや手法を取り入れるのが巧く、それを更にオリジナルに昇華して魅せるのが巧いのです(神業)。Swizz Beatz製作の「Money, Cash, Hoes」も本来はBusta Rhymesに提供する為に作ったものを、Busta Rhymesが“俺はここまでクレイジーじゃないよ”といって断り、それをJay-Zはすんなり“毛色の違う曲をやりたかったんだ”といって使ったのだそう。これぞJay-Zの慧眼というべき逸話じゃないでしょうか、Jay-Zがヒットメイカーである所以ですね(賞賛)。Hip Hopの歴史でみても重要な曲が多い一枚、是非とも聴いてみて下さい(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment