RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Drake「So Far Gone(Mixtape)」
So Far Gone - Front Cover

最近やたらと話題のカナダ出身の俳優兼MC、DrakeのMixtapeアルバム『So Far Gone(Mixtape)』を御紹介。音楽業界に疎い僕でも流石に知っていたのが、この新進気鋭のMCであるDrake、もう巷じゃ話題持ち切りですよねぇ(騒然)。デビュー前からあちこちのメジャーレーベルが契約を持ちかけて、結局はLil Wayne主宰のYoung Money Entertainmentと契約を果たしました。まだデビュー前で音源が無いので、ネット上でこのMixtapeを落としてiPodで聴いてまして。最近は本作から何曲か選んで一枚にしたEPという形で公式リリースされた様です、僕はそちらは購入してないので、いつも聴いているこちらを御紹介します。
それでは気になる内容なんですがこれがなかなか素敵でして……まずは本作で多くの曲を手掛けているNoah "40" Shebib製作の楽曲から御紹介します。まずは幕開けを飾る「Lust For Life」、Tears For Fears「Ideas as Opiates」をサンプリングしたトラックは、静寂の中にポコポコと打楽器が鳴り響きまた静寂に吸い込まれるという、なんとも不可思議で静かな一曲。このトラックはKanye Westっぽい作り、そこに絡むDrakeの抑えたこもった声質のラップが耳にすんなりと入る一曲。「Houstatlantavegas」ではThe-Dreamみたいな酩酊トラック&歌い回しを披露、ここではDrakeがちょっぴり加工された歌声でスマートに幻想的に聴かせていて、途中でコロッと平坦なラップに切り替えて魅せるトリッキーな一曲。「Successful」ではTrey SongzとLil Wayneが揃って援護射撃、Trey Songzの艶やかながらもどこか冷たい歌声がスーッと広がる深海曲が魅力的。こうやって聴くとDrakeとLil Wayneは声が似てる(無論、ここでもLil Wayneはオートチューン魔法使いまくり)、Lil Wayneは爬虫類声で、Drakeは蛙声……いや違うか(笑)?Peter Bjorn and Johnの同名曲をRemixした「Lets Call It Off」も、そのままUKなロックを持ってきたトラックが軽快でノリ易い。オシャレなミッドナイト曲「A Night Off」ではDrakeが甘く美しい歌声を披露していて、高くナヨった歌声が魅力的な客演Lloydと対等に張り合っているから面白い。フワフワと電子音が輝き浮かぶメロウチューンで、互いの歌声が溶けるナイスな一曲。ヘリコプター音にトークボックスが後ろで炸裂し続ける、滑らかセクシーな「Bria's Interlude」はOmarionが客演参加。どこか遠くで聴こえるOmarionの歌声に、完全ロボットなフックが奇天烈な濃~いInterlude。心臓の鼓動にも似たドロドロしたビートが絡みつく「The Calm」では、Drakeがシリアスながらもスムーズなラップを披露。とここまでがNoah "40" Shebib製作曲、ここからはそれ以外の曲を御紹介。Notorious B.I.G.「Warning」のフックを思い切りスクリューした「Nov 18th」はDJ Screw製作、これはまぁまぁかなぁ。Jay-Zの同名曲のビートをそのまま拝借した「Ignorant Shit」、Lil Wayneを援護射撃に迎えてDrakeもなかなか鋭いラップで威勢良く駆け抜けます。「Say What's Real」はKanye West「Say You Will」のビートをほぼそのまま拝借、こうやって聴くとDrakeがKanye Westっぽいフロウスタイルの持ち主である事にも気付いたり。変てこビートが印象深い「Unstoppable」はSantogoldの同名曲のビート&歌声をそのまま拝借(Lil Wayneも参加)、ここでのDrakeのラップスタイルはLil Wayneに似てる気も。Boi-1da & Northern Profit製作の「Uptown」はBun BとLil Wayneが参加、Drakeのラップと歌声のスイッチングの妙技も光っていますし、雄臭いBun Bのゴリ声とLil Wayneの粘着質な声も好対照で面白い一曲。D10製作(ArrangedにNoah "40" Shebib)の「Sooner Than Later」も、ちらちら鳴るピアノ旋律とハンドクラップに、流麗な電子メロディとデジタル加工されたDrakeのファルセット気味の歌声が浮遊する、不思議な魅力が漂うスペーシーな一曲でグッド。最後を締め括る「Brand New」もD10製作(ArrangedにNoah "40" Shebib)、宇宙っぽい静けさ広がるスナッピンビートに、Drakeのヘロへロな歌声がゆたゆた浮遊する最近流行りなスタイルの一曲。しかし本作で最も注目なのはやはり、米国でも大ヒットとなりDrakeを世に知らしめた「Best I Ever Had」、製作はBoi-1daが担当。どこか古臭いメロディに明るくカラフルなガシャガシャ電子ビートが降り注ぐトラックもハイセンスですし、そこにちょっぴりメロディに乗せてオートチューン使った歌声&ラップをかますDrakeが見事に輝くナイスな一曲。

歌を交えながらのラップですんなり聴き易い一枚、Drakeもなかなか良い歌声しているんで良いです。僕的には歌:ラップを6:4にしてもらうと丁度良い塩梅な気がします。完璧に新世代のMCといった感じで、これからこういうMCがどんどん出現してくる気がしますねぇ。本作はネット上のあちこちで無料でダウンロード出来るので、皆様も是非落として聴いてみて下さい、Mixtapeですがなかなか良いですよ(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment