RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z「Chapter One: Greatest Hits」
jayz-chapter1-cov.jpg

Jay-Zの初期の楽曲を集めたベスト盤『Chapter One: Greatest Hits』を御紹介。本作はJay-Zの衝撃的デビューアルバム『Reasonable Doubt』から、『In My Lifetime Vol 1』、『Hard Knock Life Vol 2』から厳選された楽曲を収録、今のJay-Zがベスト盤を作ったらもっと違う内容になるでしょうね。どれもJay-Zのクラシックな楽曲ばかりで、それはつまりHip Hopの歴史における古典的名曲の目白押し状態という事に相成ります(太鼓判)。
それでは気になる内容を簡単に御紹介したいと思います……まずはミュージカル『Annie』のテーマ曲を思い切りサンプリングした「Hard Knock Life (The Ghetto Anthem-Radio Edit)」で幕開け、子供達の可愛い歌声に合わせてストリートの厳しさを語る、Jay-ZがLiveで必ず演奏する一曲。45 Kingが製作を担当したこのトラックが素晴らしい、これはかなり斬新な手法で他にはない味わい。Track Mastersが製作した「Wishing On A Star(Radio Edit)」ではあの煌めく魅惑の歌フックが綺麗、アダルトで紳士的なメロウ曲でJay-Zのスムーズなラップが映えます。Daven "Prestige" Vanderpoolが製作の「Sunshine(Radio Edit)」ではBabyfaceとFoxy Brownが参加、キラキラと輝くキュートなメロディに絡むBabyfaceのシュガーヴォイスがとにかく甘いナイスな一曲で、僕は結構好き。ヒンヤリと冷たい空気を含みながら真夜中の高速を走り抜ける様な感触がたまらない「The City Is Mine (Album Version)」はTeddy Rileyが製作、客演参加で艶やかなハーモニーを聴かせてくれるBlackstreetの面々もナイスな援護射撃で最高です。そしてJay-Z初期の楽曲でも最高の一曲だといえるMary J. Blige参加の「Can't Knock The Hustle(Radio Edit)」が登場、あのKnobodyが製作したMarcus Miller「Much Too Much」を使った黒くギラギラ光るソウルフルなトラックに、少し早口にスマートにラップする余裕綽々のJay-Zが神の様にカッコイイ(失神)。そこにあのMary J. Bligeの熱いシャウト手前の歌声が迸るんだから間違いない、今では完全無敵なスターとなった両者が“ベイビー♪いつの日かアナタもスターになれる♪”と歌っているのが面白い、あの頃は二人も若かった。Foxy Brownとの粋な絡みがエッヂの効いた跳ねるビート上で踊る「Ain't No Nigga(Original Radio Edit)」は、Jay-Zの師匠であるBig Jazが製作を担当、この曲も絶対にJay-Zがプレイする有名な一曲で男性陣と女性陣の掛け合いが素敵。Daven "Prestige" Vanderpool製作の燻し銀な名曲「Imaginary Player」を挟んで、Jermaine Dupriが製作&客演の「Money Ain't A Thang」、これはJDの鼻声ラップと跳ねたビートに乗って軽快に疾走するJay-Zがカッコ良い一曲。Irv Gotti製作の「Can I Get A...」ではJa RuleとAmil、ちょっぴりミステリアスなメロディと絶え間なくバウンスするビートだけでも病みつき度100%なのに、そのうえあの耳に残る呪文みたいなフックがたまらない(このフックはJa Rule考案なんだとか)。それからSwizz Beatzが電子鍵盤の上を滅茶苦茶に指滑らしビートにしたクレイジーな「Money, Cash, Hoes」、このビートは完全にイカレてるけど素晴らしい、Swizz Beatzの本当に黄金期を感じます(天才)。そのうえこの派手な狂気ビートに凶暴なDMXまでが絡むから凄まじい、これは確実に押さえるべき一曲。完全なBad Boyサウンドがキャッチー過ぎるRon "Amen-Ra" LawrenceとSean "Puffy" Combs製作の「I Know What Girls Like(Fly Girly Dub)」はPuff DaddyとLil' Kimが客演参加、ただ存在感あるのはLil' Kimです(笑)。Meccaの色っぽい歌声が美しいアダルトメロウ「Feelin' It」、Ski製作でピアノ旋律が細やかで美しい流麗曲。続いてもSki製作でHip Hopの歴史の上で重要文化財指定の「Dead Presidents II」も最高に痺れる(卒倒)、Nas「The World Is Yours」から声を拝借した、後のJay-Z×NasのBeefの発端ともなった一曲。ここからは一応ボーナストラック扱い、しかし目玉曲ばかりだから大事なんですよ。英国では重鎮のProducerであるD-InfluenceがRemixを担当した「Wishing on a Star(D Influence Remix)」、元ネタよりMelissa Morganを客演に招いた機転の効いたRemix「Can't Knock the Hustle(Fool's Paradise Remix)」はオリジナルをも凌ぐ勢いの格好良さ、不穏な空気を醸し出す鋼鉄ビートがガッチガチな「Ain't No Nigga(Rae & Christian Mix)」と、どれもが好Remixで知っておかないとマズイ曲ばかり。しかし一番の最重要楽曲は最後を飾る「Brooklyn's Finest」、Jay-ZとあのNotorious B.I.G.がマイク握って激突する一瞬昇天モノの名曲で御座います(雄叫)。兎に角この両雄の激突が聴けるのは貴重、もしBiggieが生きていたらずっと二人でKing Of N.Y.の座を争奪戦していたでしょうね。

この一枚に名曲ばかりが収録されていて、昔のJay-Zを知らない方はこれ買えばとりあえず押さえる事ふが出来ます。どれもがヒットした楽曲ばかりで、やはりJay-Zが稀代のヒットメイカーMCだという事を痛感させられます(納得)。ちなみに最後に収録されているNotorious B.I.G.との「Brooklyn's Finest」は国内盤のみの収録、なので絶対に国内盤の購入をお薦めします。Jay-Z『The Blueptint 3』でJay-Zに興味を持った方、このベスト盤を聴いてもっとJay-Zファンになって下さい(勧誘)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment