RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Boyz Ⅱ Men「Full Circle」
boyz-fccovs.jpg


超ベテランの男性ボーカルグループBoyz Ⅱ Menの通算五作目『Full Circle』を御紹介。彼らのArista Records移籍第一弾アルバムが本作、そんな取り立てて話題にはならなかったけれど、やはり安心して聴けるんですーっと購入しました。
それでは簡単に内容を御紹介……まずはあのFaith Evansをゲストに迎えているというだけでテンションの上がる「Relax Your Mind」で幕開け、製作はCarlos "Pryceless" McKinneyとHennesseyなるコンビが担当。DeBarge「All This Love」を下敷きにした程よくミッドなトラックに絡む四人のハーモニーは最高、最後に元曲の有名フレーズを拝借したFaith Evansの歌声も素敵、欲を言えばもっと聴きたかったけれど。「The Color Of Love」はもう鉄板過ぎるタッグ、あのBabyfaceが製作を担当した美曲(拍手)。あの「End Of The Road」を彷彿とさせる四人のコーラスワークと曲展開、美しく愛に満ち溢れた詞、もう……涙が止まらないです(感涙)。往年のBoyz Ⅱ Menにはたまらない名バラードで御座います。「Ain't A Thang Wrong」ではRob JacksonなるMCをゲストに迎えています、製作はKen "K-Fam" FambroとSpencerなるコンビ。イマドキなアップビートを乗りこなすBoyz Ⅱ Menは勿論カッコイイんですが、まぁ僕的にはそんな欲しい感じの曲ではなかったり(我侭)。ピアノの旋律で始まる優しい「Oh Well」はJimmy JamとTerry Lewisの黄金コンビによる製作曲(流石)、これまた綺麗なんですよ(目潤)。別れを後悔し懇願する男の切なくも熱い想いを歌ったこの曲は素敵、天に召されてしまいそうな昇天コーラスフックで胸のど真ん中を撃ち抜かれます。「Whatcha Need」は再びKen "K-Fam" FambroとSpencerの製作、R&B曲御馴染みのテーマ“キミにはヤツじゃなくボクが必要さ♪”はやっぱり好き、それぐらい強気に口説いてみたいもの(笑)。「On The Road Again」はメンバーのNathan Morrisが製作を担当、爪弾くからっと乾いたギターの音が哀愁を深める一曲、好きですこういう曲も。「Roll Wit Me」では意表を突いてあのScott Storchが製作を担当、エッヂの効いた今風のトラックでまぁ可もなく不可もなく(辛口)。“ぽわわん”的な音でブルージーにしっとりと歌い上げるバーボン曲「Right On Time」、製作はAndreo "Fanatic" HeardとメンバーのWanya Morrisの共同。ハーモニカの音に“べぇぃす♪”のフレーズが異様に耳に残る「Howz About It」、製作はEdmund "Eddie Hustle" Clementが担当。「That's Why I Love You」では嬉しい事に再びJimmi Jam & Terry Lewisが出陣、もう美しいって言葉しか浮かばないですゴメンなさい、語彙力無くて(悲)。純粋に王道な愛を歌っているんですが、たとえ月並みで下手したら地味でも、コレが良いんです、これでこそBoyz Ⅱ Menだと僕は思うんです(叫)。失恋した男友達に忠告するという珍しいテーマ(?)の「I'm OK, You're OK」はKen "K-Fam" FambroとSpencer製作曲。セクシーな大人の夜を描いた歌なんですが、雪空の街中を歩きながら恋人と聴いたら絶対に間違いない「Luv N U」も大好き(綺麗)、製作はThe GooniesとメンバーのWanya Morrisが担当。「I'll Show You」はどこかで名前を聞いた事のあるPajamが製作を担当、これまたコーラスグループの王道を行く様なキラキラバラードで美味、これぞ真骨頂という感じ。で最後に国内盤にはボーナストラックとして「Woman Don't Cry」を収録、Babyfaceが製作を担当した“泣かないで、ボクがいる♪”曲はやっぱり王道ですが落ち着きます(安堵)。

彼らの息の長さを物語る鉄板な仕上がり、超必殺バラードってのは確かに無かったけれど、それでも粒揃いのバラードが詰まっていたんではないかと思います。残念ながらMichael McCaryが病気療養中で、現在はNathan Morris、Shawn Stockman、Wanya Morrisの三人での活動となっています(泣)。一刻も早く病気が治って復帰して、また四人での歌声が聴けたらなと願っています(祈)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment