RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

David Jordan「Set The Mood」
davidjordan-stm.jpg

あのTrevor Hornが発掘した英国発のシンガーソングライター、David Jordanのデビューアルバム『Set The Mood』を御紹介。Trevor Hornは昔、The Bugglesなるバンドを組んでいた人物でProducer。僕がTrevor HornをSealの作品で知りました、それからはSealと共にTrevor Hornのファンにもなりました(最近ではJohn Legend「This Time」なども製作)。そのTrevor HornがExecutive Producerとなっていて迷わず購入したのが本作、David Jordanの横顔を写したこのモノクロジャケットも素晴らしいので、お気に入りで御座います。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……全10曲中の5曲をTrevor Hornが製作していますので、まずはTrevor Horn製作曲から御紹介したいと思います。少しJazzっぽいノリに電子鍵盤のリズムが軽快に絡む「Love Song」、これがかなり渋くてクールでカッコイイ、R&Bって感じではないけれど有り。途中の壊れた音使いなんかはPrinceっぽい趣向、David Jordanの歌声もなかなかタフでほろ苦で素敵です。完全にRockテイストに仕上げたギリギリ尖ったトラックに合わせて、David Jordanもファルセット歌声を重ねる「Move On」も、けしてR&Bではないけれど有りですよ。これぞTrevor Horn節といった気のする、アコースティックギターで聴かせる心温まるスローバラード「Sweet Prince」が素敵(溜息)、フックに向かうにつれて高くなるDavid Jordanの歌声、フックでのオルゴール調なメロディへの転調、David Jordanの優しく包み込むような歌声とどれもが美しい(惚)。まるで子守唄のような一曲で、聴いていて安心してリラックスしてしまいます(休息)。ちょっぴり妖しく艶やかなメロディが魅惑の香りを漂わせる「If I'm In Love」、どこか異国情緒なすパイシートラックでDavid Jordanの跳ねた歌声もカルメンチックで素敵。70年代っぽいざらついた感触のカントリー音楽っぽいノリが土埃をあげる「Glorious Day」も面白い、くたびれた村の一角の酒場で安い酒を煽っているようなトラック。最後を締め括る「Fight The World」もRock味のブルージー曲、というか完璧にブルースで御座います。ここまでがTrevor Horn製作曲、残りの4曲はSteve Lipsonが製作を担当してまして。まず幕開けを飾る「Place In My Heart」は、電子鍵盤音に時折エレキギターが鳴るスキップ曲で、David Jordanが終始細いファルセットで歌い上げる一曲。Kanye Westなんかが作りそうなブレーメンっぽいノリが面白い「Sun Goes Down」なんかも、なかなかファンキーでナイスな仕上がり。David Jordanのスムージーな歌声に惹き込まれる「Set The Mood」も、結構渋いJazzyトラックでバーボンの様な味わいが濃厚。冒頭のファルセットを綺麗に重ねた歌声から、そのまま流れ込む悲しげなピアノ旋律に耳をガッチリ奪われる「Only Living Soul」も美曲。これはかなりSealっぽい作りのUKソウルな一曲、流麗な中にもどこか静かな激しさを湛えたドラマチックなトラックが素敵な仕上がり(拍手)。

どことなくLenny Kravitzを彷彿とさせる作風&歌声で、Sealとは違った味わいでしたねぇ。R&B/Soulって感じではなかったけれど、たまにはこういう音楽も良いかなと思います(薦)。仲間とオシャレにお酒を片手に談笑しながら聴いたら、きっと素敵だろうなと想像してしまいます(妄想)。Seal好きにはまぁお薦め、Trevor Horn好きなら絶対に購入しましょう。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment