RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Gordon Chambers「introducing... Gordon Chambers」
gordonchambers-intro.jpg

優秀なソングライターとして多くの楽曲を提供している、Gordon Chambersのデビューアルバム『Introducing... Gordon Chambers』を御紹介。とは言っても浅い知識の僕は、このGordon Chambersを知りませんでした(恥)。その経歴は輝かしく、楽曲提供したアーティストはAnita BakerにBrownstone、BrandyにTamia、Tevin CampbellにCarl ThomasにFaith EvansにUsherにと、そりゃまぁ豪華な顔触れで驚きで御座います。そんなGordon Chambersが発表した作品なんだから、もう凄いに決まっていますね、きっと。
それでは簡単にですが内容を御紹介しますと……まずはTroy Taylor製作の「Touch You There」で幕開け、パーカッシヴが程よく効いたヒンヤリと涼しげな都会の夜の様にスタイリッシュなミッドナイトチューンで、幾重にも重ねられたGordon Chambersの潤いたっぷりの滑らかな歌声がすんなりと浸透する一曲。続いてもTroy Taylor製作で琴を撫で奏でるような流麗なメロディに思わずウットリする「Never Fall In Love」、爽やかクールの中にもどこか色っぽさのあるトラック&歌声が素敵なミッド曲。Vato製作の「Slippin' Away」では往年の名曲、Spandau Ballet「True」をそのまま拝借したトキメキメロウチューンを甘く披露。この原曲自体が僕は好きだからこれも普通にアリ、まったりと甘い時間を過ごせるベッタリポップな仕上がり。またまたTroy Taylorが製作を担当した「My Imagination」なんかも流麗な中にもどこかセンチメンタルな響きがあって、最近でいうNe-Yoみたいな清涼感と切なさが混じった天然水曲で好き。「Be Happy」はAndreao "Fanatic" HeardとSherrod Barnesが共同製作、乾いたギターの音色に跳ねたパーカッションと歌声が気持ち良い、南国風味の一曲。これまたスパイシーなギター弦の音色にキラキラな電子音とドカドカキックが響く「Still In Love」は、Ken Fambro製作のエッヂの効いたアッパーチューン。ここではSara Devineが客演参加で麗しい歌声を披露、これもどちらかといえばポップ寄りの清涼さ抜群の炭酸水曲。濡れたピアノ旋律やホーンの音色がオシャレで大人な夜を演出する「My Valentine」は、Gordon ChambersとBrian Becchusが共同制作。ここではCarl ThomasとRay Hargroveが客演参加、三者の甘く艶っぽい歌声が溶けて絡まるビタースウィートな一曲(溺)。引き続きGordon ChambersとBrian Becchusが共同制作の「I'll Miss You Most」がまた素晴らしいバラード(涙)、客演にMike Phillipsが参加。ピアノ基調のしんみりと美しいメロディはどこかゴスペルライクで聖なる響き、そこに響くGordon Chambersの澄み切った歌声が透明度抜群で心にスーッと浸透して潤います(浄化)。「That's When You Fall In Love」はBarry Eastmondが製作、思わず溜息が零れてしまう夜会曲で悩ましいです(吐息)。晴れた日の森の中を駆け抜ける様な爽やかさが心地良い「Always Be Proud」は、Troy TaylorとGordon Chambersが共同で製作。けして黒くはないけれどやはり清涼で爽快、こういうミント曲もなんだかんだで好きですね。小気味よく鳴り響くホーンの音が絶妙な、アダルトなJazz風味の一曲「Never」は、Gordon ChambersがAnita Bakerに提供した同名曲のカバー。最後を締め括るのはピアノ鍵盤と爪弾くギターで聴かせる純朴スロー「The Only One」、製作はGordon Chambersが単独で担当。Boyz II Menとかが歌ってもしっくり来そうな、真っ直ぐと抜けるドラマチックなバラードで、ただただその美しさに聴き入るばかりです(溺愛)。

そんなよく分からなくて購入したんですが、この一枚はかなり良いですねぇ(溜息)。歌声も素敵だし歌唱力もある、メロディも真っ直ぐと純粋で聴き易いものばかり、癖が無いので誰でもすんなり聴けます。もう一度よく見直して、Gordon Chambersが書いた曲を聴いてみようと思いました。すっきり素敵な一枚、皆様も聴いてみて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment