RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Three 6 Mafia「Last 2 Walk」
Three_6_Mafia-Last_2_Walk.jpg

DJ PaulとJuicy Jから構成されるMemphisはTennessee出身の凶暴Hip Hopグループ、Three 6 Mafiaの通算七作目となる『Last 2 Walk』を御紹介。元々は6人組だった様ですが脱退、現在はDJ PaulとJuicy J、逮捕されていたLord Infamousの三人の様です。ただ本作はDJ PaulとJuicy Jによる作品となっている様です、僕としても馴染みが深いのはこの二人なので違和感は無いのですが(笑)。
それでは内容の方を簡単に御紹介致しますと……製作は全曲、勿論DJ PaulとJuicy Jの二人が担当しています(ブックレットを紛失しておりまして、詳細が分かりません)。まずはおどろおどろしくホラーチックに幕を開ける「I Told 'Em」、分かり易くダークにループする電子音に、チキチキと鳴り続ける金属音、その上で暴れる三人のラップが暑苦しくゴリゴリな一曲。ストリングスが鳴り響くシリアスながらもサウス丸出しの「Trap Boom」はProject Pat客演、フックでの“とらっぷ♪ぶんぶん♪”は絶対に一緒に言うしかないです。テクノっぽい音が流れては壊す「I Got」ではUGKの片割れPimp CとProject Patが参加、途中で急にシリアスに転調する辺りがトリッキーというかThree 6 Mafiaっぽい。ピアノ旋律が静かに鳴り響く「I'd Rather」ではUnkが客演参加、Unkは軽いノリのラップ&声質なのでThree 6 Mafiaと違ってて、これはこれで良いアクセントにはなってたかなぁと。「That's Right」では人気者のAkonが客演参加、しかしそこまでAkonの旨味が出なかった気がします(惜)、思い切ってAkonに任せてしまって爽やかサイダー曲とかに挑戦した良かったのに。シンプルなピアノの音色ループがどこかホラーチックな「Corner Man」、ギュルギュルとスクラッチかましながら鋭さはなく、底辺を這ってラップがダラダラと流れる鈍い感触の「Weed, Blow, Pills」と、とにかく重たいビートの連続。その流れを一気に断ち切るのがLyfe Jennings客演参加の「Hood Star」、キラキラ輝く流麗なメロウ曲にLyfe Jeningsのちょっとほろ苦甘い歌声が乗っかって、Three 6 Mafiaの灰汁(悪)の強いラップもまろやかになってます。単調なリズムで軽快にラップして戦陣切ってゆく「Get Ya Rob」(Project Pat客演)、大御所タッグのUGKをおぞましい雰囲気の迎えたオーメン曲「On Some Chrome」、Lil' Wyte客演のグダグダと転がるローリング曲「Rollin'」、銃声がバンバン鳴り響く悲しいギャングスタ曲「Click Bang」、Project PatにSpanish FlyにAl Kaponeに8 BallとMJGがマイクを回す「First 48」、繊細なピアノ旋律にピコピコな電子音が絡む完璧サイケなエレクトロ曲「Lolli Lolli(Pop That Body)」と、どれもがThree 6 Mafia印な暗黒チックな黒魔術曲の連続。異色曲なのはRock界よりGood Charlotteを迎えた「My Own Way」、ただこれも完全にThree 6 Mafiaなトラックで、果たして融合する意味があったのかとちょっと疑問に思ったりも(難癖)。

う~ん僕は正直ハマれなかったというのが本音、これでもだいぶサウスマナーの音楽も飲み込める様になったんですが。なんか一本調子過ぎて途中でダレてしまいます、彼らの音楽が本当に好きな方ならたまらないのかもしれません。同じ様な感じでいけば、僕は断然Ying Yang Twinsを推しますね(個人的見解)。いや、Three 6 MafiaとYing Yang Twinsは違いますがね(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment