RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Toni Estes「Two Eleven」
toniestes-two.jpg

Virgin Recordsが送り出した女性シンガーToni Estesのデビューアルバム『Two Eleven』を御紹介。ハッキリ言ってToni Estesについて何も知りません(無知)。ただソングライターとして、あのWhitney Houstonなどにも曲提供したりしてるみたいです(凄)。よくは知らなくても僕は黒人シンガーの盤なら購入します、一か八かで御座います。
それでは本作の内容はどうだったかと言いますと……まずは「Independent Lady」でジャキジャキ鋼鉄な幕開け、製作はなんとあのTeddy Rileyが担当しています。Blackstreet「No Diggity」のテンポを速めた様なトラックはカッコイイし、客演参加のLil' Zaneのラップを切れ味抜群で素晴らしいです。続く「Hot」はTeddy Bishop製作(ソングライトをJohnta Austin)の乾いたギター弦を掻き鳴らすアップ曲で、Toni Estesのクールな歌声をエッヂ効いててカッコイイ一曲でグッド。電子ピアノの鍵盤音を流して鳴らすビコビコ細かく跳ねる「Told Me」はBryan-Michael Coxが製作を担当、この曲も近未来的な流麗アッパーで一時期のShe'kspereを思い出させる仕上がりにニンマリ、しかしToni Estesが端正な歌声しているので全くぶれてなくて素晴らしい(褒)。「I Adore」は再びTeddy Bishop製作(ソングライトはJohnta Austin)、ポワワンと浮かんだ様な柔らかなトラックが可愛くも綺麗で、Toni Estesの整った美貌溢れる歌声(美人声)が活かされたミッド曲。「Let Me Know」はBryan-Michael Coxが製作(この頃の表記は“Bryan Michael-Cox”だったり、“Bryan Cox-Cox”だったりします)、幾重にも重なった吐息のように優しく儚いToni Estesの歌声と、哀愁たっぷりのドラマチックなトラックが超お似合いで素敵な仕上がり。レコードっぽいプツプツ音に擦れたギター弦が絡まる「She Already」もBryan-Michael Cox製作曲、この曲の持つフィーリング(ゆったりと落ち着いたコク深い味わい)はMary J. Bligeを感じさせる一曲で、Toni Estesの才能の豊かさを感じる好楽曲。「Big Thangs」はあのWarryn "Baby Dub" Campbellが製作を担当、爪弾き奏でるアコギのメロディにシンセ音が疾走するエッヂの効いたアッパーで、これもDestiny's Childっぽい早口乗りがカッコイイ現代的な一曲。そのWarryn Campbellは続く「Change Of Heart」は、爽やかな夏空を感じさせるウェストサイドっぽいHip Hop風味のトラックが爽快でグッド、とにかくToni Estesが良い声しているからアッパーもスローも合います。Babyface周辺で仕事していたJon-Johnが製作の「U Don't Got What I Want」は、ビヨンビヨンな電子音がうねるビートに、斜に構えたToni Estesの耳馴染みのいいフックが痛快なアッパービートで結構好き。「Stupid」はTeddy Bishop製作(Johnta Austinがソングライト)のしっとりバラード、Toni Estesの清潔で透明感のある歌声がスーッと広がり浄化してくれる切ない一曲。「Let's Chill」はJon-John製作、とはいってもTeddy Riley製作のGuyの同名曲のカバーで御座います(興奮)。最初にトークボックスで悩ましく揺らめいただけでもう僕は鳥肌モノ(痺)、Toni Estesならではの味わい(色っぽさはそのままに、よりスマートに艶っぽく滑らか)に仕上がっていて素敵な抱擁曲にうっとり(溺愛)。「She Can't」はBryan-Michael Cox製作(ソングライトにJohnta Austin)のしっとりどこか悲しげなスロー、やはりBryan-Michael Coxはこういう美曲を作るのが巧いなと唸らされる一曲。最後を締め括るのはWarryn Campbell製作のカラフルポップなキャンディ曲「Still Your Son」、普通にシンセ音を鳴らすだけでなく、ちょっぴり変てこな音(しゃっくりみたいな声?)を混ぜ込んであるのが憎い演出で面白い。

そんな期待していなかったけれど、これが結構(というかかなり)素晴らしい仕上がりで驚きました(嬉)。Toni Estesがかなり端正なイイ声していて、聴いていて凄く気持ち良かったですし、製作陣も思いのほか豪華(しかも皆がイイ仕事っぷり)で、そこも大きな得点源でしたよ。アップもスローも器用に歌いこなすToni Estesに拍手でした、ただこのアルバムは販売されていないみたいなので、中古とかで運良く見つけたら購入してみて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment