RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Justin Timberlake「FutureSex/LoveSounds[Deluxe Edition]」
Justin_Timberlake_-_FutureSex-LoveSounds_(Deluxe).jpg

その緻密で繊細に構築された楽曲とボーカルで完璧なクオリティを実現し、偉大なる一人のアーティストに確実に近づいたJustin Timberlakeの2ndの豪華盤『FutureSex/LoveSounds[Deluxe Edition]』を御紹介。もう彼を只のアイドルだと馬鹿にする輩はいないでしょう、彼がこの作品で提示した世界観は芸術に近くて、彼の才能が存分に発揮されたクラシックな一枚となりました。そんな本作ですから“きっと後から豪華盤が出るだろうなぁ”と思っていたら、やはり出ました(複雑)。なるべくこういうのは避けて欲しいですが、そこはファン心理、出ると絶対に購入してしまいます(性分)。
それでは以前書いた記事と重複する部分がありますが、内容を簡単に御紹介……まずはじっとりとまどろんだ電子ビートに徐々に引っ張られて幻覚に陥る「FutureSex/LoveSound」で幕開け、製作はTimbalandとJustin Timberlake(以降はJustinと表記)、それからTimbalandの右腕のNate HillsことDanjaが共同制作。少しこもったJustinの歌声が脳内に響いてくる、不思議な感覚の一曲で幕開けとしては謎めいていて惹きつけれられてグッド。ちなみに本作では三曲を除く全曲をTimbaland×Justin Timberlake×Danjaの三人で共同制作しています、つまりJustin Timberlake自身がサウンドプロダクションにしっかり関わり、創り上げているのです(感心)。本筋に戻って続いてはヒットシングル「SexyBack」、ビコビコと跳ねる先進的でアシッドなビートは中毒性の高いクラブバンガーなトラックで素晴らしいし、そこに絡むJustinの歪みの効いたエフェクトをかけたボーカルが最高にクールで冴えています(痺)。過激でセクシーな詩もぶっ飛んでてヤバイ、最初聴いた時はこれがJustinの曲だと一瞬分からなかった実験的で先鋭的な一曲。合いの手参加のTimbalandの低音ボイスフックも良い、とにかく怪しく乗れる一曲でグッド。「Sexy Ladies/Let Me Talk To You Prelude」は二曲連続構成、「Sexy Ladies」は少し間の抜けた電子ピアノ鍵盤音がスカスカと鳴るトラックが、どことなくPrinceっぽくもある一歩一歩と歩く様な隙間電子曲。そのまま流れ込む「Let Me Talk To You Prelude」がまた、ドカドカビートにキンコンカンコンと金属音が鳴り響くTimbalandらしい派手に突き進むビートがたまらない。そして本作最重要曲である「My Love」の登場、フック以外をすべて繊細なファルセットで彩りフックでは多重に重ねたボーカルワークを施す辺りがトリッキーで、聴いてすぐに嵌ってしまった、どこかにトリップする感じがたまらない機械的ラヴソング(惚)。ここではJustinの類稀なソングライト能力が鋭く発揮されていて、“二人が手を繋ぎながら、足指を砂まみれにして浜辺を歩いている姿が思い浮かぶ♪”というラインが僕は好き。また援護射撃で参加したT.I.がまたカッコイイ(痺)、T.I.の流麗で少し斜に構えたラップが冴えてます、これもこの曲の不可欠なエッセンス。TimbalandとJustinの口音(Beat Box)を軸に構築したダンス曲「LoveStoned/I Think She Knows Interlude」も、とにかくガンガンに乗って踊ってしまうエッヂの効いた一曲。Justinの神経質でガラスの様に繊細で、危険な感性が研ぎ澄まされ表現された「What Goes Around.../...Comes Around Interlude」は、まさにJustin節が炸裂した恋人の裏切りを恨む失恋曲。「What Goes Around...」での“因果応報、やった事は回り回って、元のところに戻ってくるものなんだ♪”と警告するラインが印象的、悲哀に満ちたJustinのプラスチックな歌声もどこか病的でそこがまた魅力的。途端に転調してドロドロと熱を上げて燃えて灰となり燃え尽きる様な「...Comes Around Interlude」がまた不思議な魅力で、これがInterludeなのが勿体無い(惜)。続く「Chop Me Up」ではTimbalandに加え、Justinとは同郷出身のThree 6 Mafiaが客演参加。ダークな鍵盤音を連続した毒々しいサウスマナー感じるトラックも耳に残るし、Three 6 Mafiaのゴリゴリと低く構えて攻めるラップも良いスパイスになっています。ビュイビュイなシンセサイザーにドカドカとビートが交錯し前進する、ひと夏の恋を歌った「Summer Love/Set The Mood Prelude」の「Summer Love」は、どこか甘酸っぱくも癖のある電子トラック&メロディフックが耳にしんみり残るラヴソング。そのまま流れる「Set The Mood Prelude」はJustinの儚く細いファルセットが響き渡る綺麗な一曲。そして本作で最も優美でドリーミーなラブバラードが「Until The End Of Time」、繊細でシルキーな柔らかいトラックがスムーズで心地良く、じわじわと体中に浸透してゆく甘美なトラックが素敵(溺愛)。そこに流れるJustinの優しい吐息の様な囁きの様なファルセットが、もう溜息が出るほどに綺麗で情感たっぷり。Justin流のゴスペル曲ともいえる「Losing My Way」は、どこかざらついた感触を覚える荘厳でオーケストラ調のトラックが力強く、後ろで聴こえるTimbalandの歌声も良いスパイスになっています。とここまでがTimbaland×Justin Timberlake×Danjaによる製作曲、彼ら以外にも楽曲を提供している方もおりまして。「Damn Girl」はJAWBreakersが製作を担当、このJAWBreakersとはJustin Timberlakeとwill.i.amで構成されるProduceチームの事。硬質なドラムビートに合わせてファンキーな裏声で唸るJustinにPrince流儀を感じてしまう僕、途中で援護射撃するwill.i.amもやっぱりカッコ良くてナイス客演。そして本作の注目曲はあのRick Rubinが製作したアコースティックバラード「(Another Song)All Over Again」です、Justinのピアノ弾き語りにギター弦がしっとりと寄り添うメロディがブルージーで、思わず涙が滲んでくる優しい一曲。Justinの心の奥底から湧き出る様な優しく包み込むような歌声が、しんみりと心に沁みるあまりに真っ直ぐで綺麗なラヴバラード(名曲)。この曲はJustin Timberlakeという一人のシンガーが、ただただ一人ステージで歌い上げる芸術的な一曲。
とここまでが本編で、ここからは“Deluxe Edition”のみ収録のボーナス曲が登場。まずはあの歌姫Beyonceとのデュエットが実現した「Until The End Of Time(duet with Beyonce)」、相手は歌って踊れるBeyonceなんだから「SexyBack」や「My Love」でも良かったんでしょうが、そこを敢えて歌のみ勝負のこのドリーミーバラードに起用する辺りが憎い。Justinの繊細なファルセットも良いけれど、Beyonceの伸びやかで艶やかな歌声もこの曲に似合っていて、素敵な共演となっています。Larry "Rock" CampbellとDJ Wayne WilliamsがRemixした「SexyBack(DJ Wayne Williams Ol' Skool Remix)」では新たにMissy Elliottが参戦、一味違う弾けた電子トラックにMissy Elliottのファンキーラップが絡むクラブ向けの好Remix。最後にはトラックはそのままで新たに50 Centをfeat.した「Sexy Ladies(Remix)」まで収録(豪華)、これまた少し隙間のあるサイケなトラックに、50 Centのボケたラップがクールに絡むマッドな共演でやはりグッドです。

またこの“Deluxe Edition”には特典DVDが付属しておりまして、これがまた最高にクールな必見の内容になっているのです。まずは先行カットされヒットした「SexyBack」のPVメイキング「Making Of SexyBack」、監督のMichael HaussmanがJustin Timberlakeと「SexyBack」を賞賛する「Michael Haussmann Interview」、そのまま流れ込むのが「SexyBack(Video)」。真っ黒なスーツを身にまとったJustin演じるスパイがもうセクシーでやたらカッコイイ(惚)、SpainのBarcelonaで撮影された近未来的な部分と古風な佇まいが同居した建物が芸術的でハイセンス。「My Love」PVを撮影したPaul Hunter監督の話を撮った「Paul Hunter Interview」、そしてそのまま「My Love(Video)」へ流れる。もうとにかくこのPVが最高に格好良くて、本作でもこの「My Love」が一、二を争う程に好きなんですが、それもこれもこの曲にこのPVが伴っているからです(断言)。まずなんと言ってもJustinのダンスシーンが満載なのが魅力、あの独創的な振り付けと彼のダンステクニックが見事に融合していて、観ていてどっぷりと魅了されます。白の場面と黒の場面が交錯するシーンも最高にクール、Timbalandの奇抜なビートを更に惹き立て増幅させる、ナイスな演出です。そしてこのPVに出演しているT.I.がまた格好良いんですよ、そしてT.I.に絡む女性がかなり可愛くてエロくて最高(下心)。あと最後のカメラがJustinを頭上から足元からとパーンしながら撮影した最後のシーンも面白い、Justinの発想なんだとか。あと映像作品としてかなり凝った作品となったのが「What Goes Around.../...Comes Around(Video)」、監督にSamuel Bayer、脚本にNick Cassavetes、共演にセクシー女優No.1にも輝いたScarlett Johanssonを迎えた短編映画の様な一本。Scarlett Johansson演じる自分を裏切った恋人に詰め寄るJustinのあの怒りと狂気に満ちた迫真の演技、観ていて恐ろしいものが有りました、この曲自体がかなり病的だからこれぐらいの内容でないと追いつかない。最後のクライマックスも衝撃的、これは観て下さい。「LoveStoned/I Think She Knows」PVを撮影したRobert Hales監督の話を撮った「Robert Hales Interview」を挟んで、そのまま「LoveStoned/I Think She Knows(Video)」へ。スペクトログラフなる技術を駆使したサイバーな映像が最高にクールで、映画『2001年宇宙への旅』や『スターゲイト』を参考にしているんだとか。ここからはライヴ映像の連続で、これがまたホットです。少し小さめのライブハウスみたいな場所でマイクスタンド一本にバンド引き連れ歌う「LoveStoned/I Think She Knows(Live from Concert Prive, Paris)」、ブルーの光線の中でこれまたマイクスタンド一本にバンドスタイルで歌う「My Love(Parkinson UK TV Performance)」、Timbalandも一緒にメドレー形式で歌って踊る(ライブならではのアレンジも加えられている)「SexyBack/My Love/LoveStoned/I Think She Knows(MTV Europe Music Awards Performance)」と、どれも綺麗な映像で満足のいく内容です。しかしとっておきはやはり最後に収録された「My Love/SexyBack(MTV VMA Performance)」ですね、ピンスポットを浴びながら独りステージ下からせり上がって来て、そのまま繰り出されるカクカク動く奇抜なダンスを余す所なく堪能できる絶品ライブ(熱狂)。とにかくPV以上にJustinのダンス技術を楽しめる内容になっていて、豪華盤を買わないと味わえない特典です。

……気付けばかなり長い記事になってしまいました、もし万が一読んで下さっている方がいましたら、グダグダ書いて申し訳御座いません(猛省)。ただこんなに書いてしまう程に、僕はJustin Timberlakeという一人のアーティストが大好きなのです(崇拝)。まだ通常盤の『FutureSex/LoveSounds』を購入していない方は、是非ともこの豪華盤を購入して下さい、音楽史に残る傑作ですので(絶賛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment