RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jagged Edge「Jagged Edge」
je-jecovs.jpg


ベテラン男性ボーカルグループJagged Edgeの通算五作目となる『Jagged Edge』を御紹介。Brandon Casey、Brian Casey、Wingo、Kyle Normanの四人で結成されたJagged Edge、もはや知らない人は絶対にいませんね(確信)。一時期は前全盛を誇ったボーカルグループも最近はめっきり元気が無くなって、ここ最近では前線にいるのはこのJagged Edgeと112ぐらいではないでしょうか(涙)。そんなJagged Edgeのこのアルバム、当時お金無くて輸入盤買ったんで、歌詞が分からないです(阿呆)。
早速内容に触れてゆきたいと思います……まずはタイトル通りにぽろろんなギターがアクセントになった「Ghetto Guitar」で幕開け、製作はメンバーのBrabdon Caseyが担当しています。Jagged Edgeは自分らで作れるんですよね、というよりこういうボーカルグループは皆作れるか、ほどよく隙間の空いたこの感じが好きです。「So High」はJagged Edgeの育ての親であるJermaine Dupriが製作を担当、サンプリングにNas「Affirmative Action」をベッタリと使用しています。Nas曲特有のあの殺伐としたトラックは哀愁たっぷりで、Jagged Edgeの憂いを帯びたコーラスが身に染みます(木枯)。メンバーで双子のBrabdon CaseyとBrian Caseyが共同で製作を担当した「Watch You」は、程よくキラキラでぽわわんとした夢見心地なナンバーで個人的にお気に入り。「Hopefully」も同じくBrabdon CaseyとBrian Caseyが共同で製作を担当した一曲、抜群のコーラスワークで一気にJE世界に引き込むセンシティブなバラード、これも好き。「Get A Lil' Bit Of This」もBrabdon CaseyとBrian Caseyが共同で製作、これはもう従来のJEアッパーって感じでもう聴いた事あるような気分。この後もBrabdon CaseyとBrian Caseyの兄弟製作ばかりなので、そっちから御紹介してゆきます。Bad Girlなる女性シンガーをゲストに招いた「Crying Out」はゲスト起用が功を奏してない気が。それとは打って変わってゲスト起用がばっちり嵌っているのが「Season's Change」、あのJohn Legendがピアノで参加した、あまりに繊細で美しく儚いバラード(涙)。僕の本作での一番のお気に入りはこの曲です、これでJohn Legendが歌っていないのがまた粋ではないですか(男前)。「Baby Feel Me」では彼らに加えて、Co製作であのTha Corna Boyzが参加。現行のお手本となるハンドクラップをあしらったトラックもバッチリだし、フックでの跳ねる様なJEの歌唱もかなり好き。続く「Who You Wit?」もTha Corna BoyzがCo製作を担当、ここでの切なさ込み上げる哀愁系のトラックも好きだなぁ、こういうJagged Edgeも嫌いじゃないです、Tha Corna Boyzの作る音楽って好き。「Ass Hypnotic」は再びBrabdon CaseyとBrian Caseyの二人、途中でLil Jonのような掛け声を挟み、JEもラップを披露しています。彼ら以外の曲はもう本当に数曲、それらを駆け足で御紹介。ピアノのフレーズが印象的な「Good Luck Charm」はChad "Dr.Ceuss" Elliottが製作を担当、この曲もフックでのJEのコーラスが最高に素晴らしくて、もう昇天モノで御座います。VoltioなるMCをゲストに招いた「So Amazing」はJermaine Dupri製作、JDはバラード作れるんだからもっとバラードを提供してやれま良かったのに(残念)。完ッ全なサウスビートにJEが乗っかる「Sexy American Girls」はDonvitoとCheeseが共同で製作、Boyz N Da HoodからBig Dukeが援護射撃、このBig Dukeが良い味出しててよろしいです(親指)。

うん、勿論Jagged Edgeの歌声は絶品で文句無しの満点で御座います(太鼓判)。がしかし、コレ!といった楽曲があまりに少なく、アルバム一枚を通してみても単調で、個性が無かったって点は否めないかなぁと(辛口)。もっとJermaine Dupriと絡んで、王道をガツンと突き進むJagged Edgeを聴きたいんです、僕はッ(熱望)!とはいっても充分聴くには値します、Jagged Edge万歳です。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment