RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 日記  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

umizoi-1.jpg

昨日、8月31日は僕の勤め先のアルバイトの良介とチャッキョンと三人で、山口県の角島に行きました。
何ヶ月か前にチャッキョンがうちにアルバイト採用されて、その時にこの三人で歓迎会も兼ねたランチを開催したんですが、その時に僕が“いつかこの三人で角島に行こう”と話したんです。その時にまぁ“チーム角島”を結成したんですが、そのまま月日は流れていました。

んでつい最近、良介が就職決まりまして。
という事で急展開、是非とも“チーム角島”を決行しましょうという運びになり、最後の夏の思い出に朝9時半集合で出発しました。
行きだけで二時間ちょっとかかるんで、皆が到着するまでにグダグダになるかなぁと思っていたんですが、高速降りて関門トンネル通り抜けて、山口県入ってくると徐々に皆がウキウキソワソワ(楽)。そのうちに海岸線が見えると皆がカメラをパシャパシャ、ちなみに朝は完璧に曇りだったんですが、海が見え始めると急に晴れ間が見え始めました。本当に海が綺麗、青というかエメラルドグリーンというか、本当に透き通ってて綺麗なんですよ(惚)。

tunosimaoohasi-2.jpg

そして遂に角島の入り口となる角島大橋に到着、やったー、やっぱ綺麗!
本当に出発時は曇っていたんですよ、天気予報も曇り時々晴れ、なのにこの快晴なんだから素晴らしい(驚)。ここでも皆がカメラでパシャパシャ、何度もここには来ているんですがやはり何度来てもその綺麗さに感動してしまいます。海って良いね、自然って良いね。

tuno-orekyon-3.jpg

18歳のチャッキョンと25歳の僕、はしゃいでいたのは確実に僕の方(笑)。

tunosimamae-4.jpg

角島大橋前のモニュメント(?)の前で良介とチャッキョン、良介はちなみに22歳、若い二人。

oohasiwataru-5.jpg

そして角島大橋を横断、この渡っている瞬間も最高に気持ち良い、これは運転する人の特権。

kaisendon-6.jpg

着いた頃には12時半過ぎていたので、先にランチする事に。
前の日の晩にネットで調べて付近の食事処を検索してプリントアウトしておいたんですが、当日の朝が9時半集合であまりに早くて(個人的感想)、慌てて出たもんで忘れてしまいまして。結局そこら辺をウロウロしていたらネットで探していた食事処“おおはし”を発見、ここで食事する事に。
ちょっと定食屋っぽい雰囲気、愛想のないどこにでもいそうな店員のおばちゃん、壁に掛けられた俳優の西田敏行さんのサイン、メニューに時価と書かれた定食達(恐怖)、旅先の食事って気分満開で良かったです。
三人いろいろと迷った挙句、皆が海鮮丼を注文しました。上の写真はその海鮮丼、途中まで食べたところで写真撮ろうと思い立ち激写、もう器に盛り沢山の刺身や蟹やイクラや穴子の蒲焼や玉子焼きやらが乗っていて、超豪華でした。

syokuji-cr-7.jpg

いつもの如く僕は一番に完食(笑)、それでも箸を休め休めして食べたんですが。若い二人も始終“おいしおいし”言いながら食べていました、本当に美味しかったです、途中でイカ焼きとかたこ焼きとか食べなくて本当に良かった。

boat-co-8.jpg

その後はゆったりと角島灯台の周辺を散策、風が心地良く吹いていて、日差しの割にそんなには暑くありませんでした(幸運)。皆であちこちで記念写真を撮ったんですが、その中の一枚でお気に入りなのがコレ。浜に打ち上がっていたボートにチャッキョンと二人で乗って、大航海気分を満喫しました(阿呆)。

tunosimabanzai-10.jpg

で最後は近くの漁港で足まで海に浸かってチャプチャプと水遊び、ひんやり冷たい海水が気持ちよくて、皆で童心に帰ってはしゃぎました。2時半頃になって帰りたくない気持ちと戦いながら帰路につく、なぜなら僕と良介は18時から出勤だから(涙)。帰り道では良介も流石に爆睡、僕とチャッキョン二人でゆったり話しながら帰りました。
あ、そうだ、帰り道に警察に捕まりました(笑)。一旦停止箇所での一旦停止が甘いという事で、今回は警告で済みました(安堵)。もう三度も違反切られているから、これ以上は違反切符ヤバイです。その後の店舗での働きは本当に最悪、疲れ切っていましたよね(瀕死)。

でも楽しかった、最後に素敵な夏の思い出が出来ました。


で、その角島ドライブ当日のBGMに抜擢されたのがこの二枚で御座います……

lionel-jut-tuno.jpg
行き道でプレイしたのはLionel Richieの『Just Go』。とにかく爽やかな一枚で、なんとなくiPodをクルクルして掛けたんですが、これがもう青い海と空にバッチリ似合っていて、最高の選曲でした(自画自賛)。製作陣もStarGateにAkonとかなり常夏爽やかな布陣ですもんね、Lionel Richieの淀みの無い美しくもジェントルマンな歌声が最高でした。これから先の夏にも持ってこいの一枚ですねぇ。
Lionel Richie『Just Go』過去記事はこちら

india-teslove.jpg
帰り道でプレイしたのがIndia.Arieの『Testimony: Vol. 2, Love & Politics』。もう彼女のギターサウンドが夏の海と空と愛称抜群なのは今までの経験で知っていたので、迷うことなくこの一枚を選曲しましたね。んでまたIndia.Arieの歌声は絶……ッ対に帰り道、ちょっと寂しくなる気持ちも代弁してくれるあの歌声が切なくて良いんですよ(涙)。今回は少し帰る時間が早かったので出来なかったけれど、来年は夕陽が水平線に沈んでゆくのを観ながら聴きたいです(残念)。
India.Arie『Testimony: Vol. 2, Love & Politics』過去記事はこちら


とはいえ他の二人は邦楽しか聴かないので、結局は僕一人がBGMに聴き溺れていただけですが(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment