RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Black Eyed Peas「Bridging The Gap」
BlackEyedPeas-BridgingTheGap.jpg

ラップして踊れるHip Hopグループ、Black Eyed Peasの通算二作目となる『Bridging The Gap』を御紹介。この作品の後に発表された『Elephunk』よりFergieが加入し、現時のBlack Eyed Peas(以降はBEPと省略)の構成となっています。will.i.am、apl.de.ap、Tabooの三人で作られた本作、最近のBEP好きでもここは知らないなんて方も多いかもしれませんね。
それでは気になる内容を御紹介したいなと思います……まず幕開けから熱いのが「BEP Empire」、製作をあのDJ Premierが担当した鬼の如く黒く硬い一曲(痺)。いかにもPrimoらしいシンプルなベンベン鳴らすループの応酬にスクラッチがキュルキュルと擦られる渋過ぎる一曲で、三人のストレートなマイクリレーにも痺れます。「Weekends」はwill.i.am製作でサンプリングにSly and the Family Stone「Family Affair」と、Mandrill「Lord Of The Golden Baboon」を大胆に使った派手な一曲。こういうキャッチーなネタ使いは当時のwill.i.amも得意としていたのですねぇ、こういうタイトでストレートなトラック聴くと、やはりBEPの面々はガッツリとラップ勝負できるんだなと感心します。フックで聴こえてくるEstheroなる女性シンガーのアンニュイな歌声も素敵、良い味出しています。「Get Original」もwill.i.am製作で、これはどこかWu-Tang Clanっぽい武闘派な声も聴こえるダークでストイックなトラックで、客演参加のChali 2naがまた野太く荒っぽいラップで武骨に盛り上げてくれます(興奮)。「Hot」はapl.de.apが製作を担当、これがまた最高にJazzyでファンキーなトラックで良い感じ。will.i.am製作の「Cali To New York」ではDe La Soulが参戦、ジャカジャカなトラックに時折ロボットチックな変声が施されたこの曲は不思議なクールさ。BEPの面々だけでも充分素敵なマイクリレーですが、そこにDe La Soulまでが加わるんだから最高にディープ。叩き続けるドラムロールっぽい音の鳴りにベース弦が渋く絡むwill.i.am製作の「Lil' Lil'」なんかは黒くて渋い、これはもうHip Hop愛好家にはたまらないシンプルビートで最近のBEPでは聴かないソリッドな音(痺)。ピアノ鍵盤のダラダラした音にLes Nubianの艶やかで冷たい歌声が華を添えるwill.i.am製作の「On My Own」ではMos Defがマイクを握る、なんとも硬派な一曲に痺れます。昔のRockテイストのメロディに鍵盤ハーモニカみたいな一音程がずっと鳴り続ける「Release」と、乾いたギターの音色が真夏っぽいアンニュイさを演出する「Bridging The Gaps」はapl.de.apが製作を担当。Afrika Banbaata&Soulsonic Force「Planet Rock」を大胆にサンプリングしたベース響き渡る骨太ビートが最高に尖っていてファンキーな「Go Go」はwill.i.amが製作、これはもうザックザクなビートに合わせて跳ねるBEPの面々のラップが最高にホットで失神寸前になります、機械でエフェクトかけた歌声も摩訶不思議な魅力で面白い。これは正にBlack Eyed Peas流儀(というよりwill.i.am流儀)で痛快、分かり易いけれど嫌味じゃない、Hip Hopへの愛情を感じる楽しい一曲。「Rap Song」はWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisのタッグが製作を担当した、軽くハイチな乗りが爽やかなギターサウンド満開のトラック。途中で聴こえるWyclef Jeanの南国風味の歌声も素敵、この両者は愛称がいい気がします。インド民謡っぽくもありカーニバルっぽいメロディ&乗りに、オートチューン使いが面白い「Tell Your Mama Come」もwill.i.amの音楽域の幅広さを感じる一曲でグッド。Macy Grayをfeat.した爽やかRock風味の「Request + Line」は、Rhett Lawrenceとwill.i.amが共同で製作を担当。これらに加えて国内盤にはボーナストラックとして、Police「Magic」をサンプリングした清涼で流麗な「Magic」「Bridging The Gaps(Version 2)」の後に隠しトラック「Empire Strike Black」の三曲が収録されています。

いかにもwill.i.amらしい耳馴染みのいいキャッチーなトラックながらも、そのどれもが王道Hip Hopへの愛が滲んだタイトなトラックの連続で、結構良かったと思います。ただどれも平均的で個性が弱い気がするの事実、そういう意味ではFergieを加えた後期のPopなBEPの方がパンチ力は有るかもしれません。ただ純粋に硬派なHip Hopを望む方なら、この時期のBlack Eyed Peasを好むかもしれません。僕はどちらのHip Hop形式も好きなので、違った感触で双方とも楽しめています。
スポンサーサイト



Comments

BEP
こんにちは。
Blogをチェックさせていただきました。
なかなかよくBEPを分析していて
すばらす解説ですね~
ブラックミュージックに造詣が深いですね~
Dan
http://blog.goo.ne.jp/danpgr/
No title
Danさん、こんばんわ。
返事遅くなってすみません。

素晴らしい解説だなんてとんでもない、なにも知らないのに書いてますから(苦笑)。好きで聴いているだけですし、Black Eyed Peasの1stは持っていませんし(笑)。

造詣が深いだなんて、お世辞でも言っていただけて嬉しいです。ただBlack Musicが好きなだけですが……ありがとうございます。

Danさんの部ブログにも遊びに行きます、コメント有難う御座いました。

Leave a Comment