RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ginuwine「The Senior」
ginuwine-the-senior.jpg

悩ましい歌声とセックスアピールもその魅力のひとつの紳士シンガー、Ginuwineの通算四作目となる『The Senior』を御紹介。その昔は奇才TimbalandのProduceでグングン知名度を上げたGinuwine、本作ではそのTimbalandは不参加という事で、“大丈夫かなぁ……?”とちょっぴり不安にもなりましたが、やはりGinuwineという事で購入しました。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まずはなんとあの怪物Mike Tysonによる呼び込みで登場する「Mike Tyson」を経て、Snoop DoggとThe Rockを客演に招いた「Get Ready」に入り込みます。Troy Oliver製作の哀愁漂うトラックで、Snoop Doggもラップというよりは語りに近くて、やはり幕開け口上的な一曲でここはスルー。続く「Chedda Brings」は再びTroy Oliverが製作を担当で、客演にJose Cenquentezが参加。爪弾くギター弦がスパイシーで鳴るピーヒャラ鳴る笛音が異国情緒を漂わせる放浪曲、Ginuwineのコクのある歌声が時折ロボチックに揺らめくのもナイスな一曲。R.Kellyが製作を担当した「Hell Yeah」はもうモロにR.Kelly流儀のメロディ&歌唱法が繰り出す一曲で、R.Kellyの匂いを拭えない一曲。客演でBaby(a.k.a. Birdman)が参加するも、やはりインパクトには欠けるかなと(辛口)。Ginuwineの濃厚な“うーーーーッ♪”の唸り声で始まるエロさがたまらない官能曲「In Those Jeans」はJerry "Juke" Vinesが製作を担当、乾いたギターにGinuwineのハイトーンの熱のこもった歌声が炸裂していて超セクシー(汗)、“ちょっと隙間があるかな、俺が入り込める隙間がそのジーンスに♪”と歌う詩も正にGinuwine節で最高です。Bryan-Michael Coxが製作の「Stingy」は、ちょっぴり甘くほんのり爽やかなミント味の一曲で、真っ直ぐな愛情を歌った優しいGinuwineの歌声に包まれる一曲。「Love You More」はCASINO Joeなる人物が製作したキラキラ煌めく夜会系ミッド、“適切な言葉が見つからないよ♪愛しているよ、と言う以外に♪”と直球で歌うGinuwineの、絹のように柔らかな歌声を織り重ねたフックが繊細で美しいです(感動)。Troy TaylorとThe Formulaが共同で製作を担当した「Bedda To Have Loved」は、失恋して傷ついた女性を優しく励ます、Ginuwineの紳士的な一面を押し出した一曲。この曲はとにかくメロディ展開&音使いがオシャレでスマート、Ginuwineのハイトーンヴォイスが鮮やかに彩ります。牢屋に入った男の悲哀を歌うストリート曲「Locked Down」はScott Storchが製作、ただトラック自体は流麗で情感溢れる一曲でScott Storchの引き出しの多さを感じます。Troy Oliverが製作を担当したスウィートなメロディがたまらない濃厚チョコレート曲「On My Way」、自分の帰りを待つ彼女を想い“君が求めていることをしてあげる♪”と情熱的に囁く様に歌うフックが悩ましい、女性はじっとり濡れるであろうGinuwineらしいSex曲。とろ~りと甘く官能的な美曲でGinuwineの甘美な歌声が聴き手を溶けさせる、そんなナイススローに男の僕がウットリ。と思えばストレートに“いつだってヤリたいんだ♪”と言ってしまう「Sex」が飛び出す始末(笑)、Scott Storch製作の彼らしい中近東トラックにハアハア吐息が重なるアッパー曲で結局グッドです(客演にSoleが参加)。後ろでポカポカと打楽器音が響く「Bedda Man」もScott Storch製作、これもやはりどこか民族音楽っぽいフレイバーがStorch節な魅力。Troy Taylor製作の爽やかクリアな美スロー「Our First Born」は第一子の誕生を素直に喜ぶベイビー誕生祝福曲、自分に子供が産まれた時もこんな風に感動するのかなと想像してしまうハッピー溢れる美曲。木琴っぽい音にJazzyはグルーヴがたまらなくクールな「Big Plans」はTroy Oliver製作曲、ここではMethod Manがあのしゃがれた煙たい黒いラップで援護射撃を渋く撃ち放ちます(痺)。「Hell Yeah(Remix)」ではオリジナルのBabyに加え、Remix製作を担当したR.Kellyも参加、そのうえClipse兄弟までが援護射撃で参加しています(豪華)。完全にR.Kellyの独壇場となる“おーおうお♪”と“へぇーるいえぇぃ♪”が響くRemixはいかにもな作り、Clipseが充分冴えているからBabyでなくLil Wayneを召還したら最高だったのに(惜)。

キラーボムは無いですがそれでも及第点は獲得している一枚にひとまず安心、やはり歌い手が良いと作品は引き締まりますね。多くを手掛けたTroy Oliverが良い仕事していましたね、それも及第点超えの大きな要因かと。でもやっぱりもう少しパンチの効いた一曲が欲しかったのも事実、Timbalandとのタッグを望んでしまいますよねぇ(我侭)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment