RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Prince「Rave Un2 The Joy Fantastic」
prince-rave-un2-the-joy-fantastic.jpg

ここ日本でも“殿下”の愛称で敬愛されている天才、Princeの通算20作目(?)となる『Rave Un2 The Joy Fantastic』を御紹介。最初はそのルックスからちょっと敬遠していたのがPrince、しかしある日PrinceのPVを観て一気に惚れ込んで、今では結構大好きなアーティストの一人で御座います(遅)。Princeは結構アルバムジャケットも凝っていて、神秘的というか謎めいているというか、意味深なところがまた魅力。本作のジャケットはかなり好き、蒼いPrinceも、アルバムタイトルのロゴ、そしてPrinceを象徴するシンボルマーク、どれもが素敵です。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……一応最初に断っておきますが、全曲の製作とアレンジをPrinceが担当しています(愚問)。まずは幕開けから痛快にぶっ飛んだ電子チューンでPrinceがファルセット全開で吠える「Rave Un2 The Joy Fantastic」、ちょっぴり隙間の空いたメロディにエレキギターが唸るPrinceならではのファンキーさ。ビンビンと痺れる硬質なドラムビートに奇怪な電子音が飛び交うフューチャリスティックな奇天烈チューン「Undisputed」、この電子曲に合わせてPrinceの歌声もほとんど機械仕掛けになっていて、それがまた独特なグルーヴと面白さを生み出す事に成功しているし、聴いているコッチの感覚がどんどん研ぎ澄まされます。そんなPrinceの機械ヴォイスに負けじと存在感抜群なのが客演参加のPublic EnemyのChuck D、Chuck Dの野太く破壊力抜群の男らしい荒いラップがドカドカビートに合わせて突進する様もあまりに痛快過ぎます(最高)。Princeの近未来的な感性が爆発したサイケチューン、最後の方にはPrinceがオートチューン使ってますから(最高)。と思えば一気にスローダウンして悩ましくも綺麗なR&Bマナー曲で攻める「The Greatest Romance Ever Sold」が飛び出すから憎い、スムーズで哀愁漂うソウルフルメロディに、ちょっぴりスクラッチも噛ませるラヴソング。カラフルなホーン鳴り響く「Hot Wit' U」はPrinceの重ねられた歌声がソリッドクールな感触を生み出していて、とにかく色彩豊かに跳ねたポップトラックが最高にカッコイイ(痺)。そこに援護射撃を放つのが女性MC(女優)のEve、いつだってクールでスマートなEveのラップが斬れていて余計にこの曲はカッコイイ(痺)。爪弾くアコースティックギターの音色にPrinceの優しい裏声がさらさらと響き渡る「Tangerine」が綺麗、爽やかなメロディに乗せて別れた恋人への想いを綴った短い一曲に涙。そのまま流れ込むライトなRockテイストの「So Far, So Pleased」ではNo DoubtのGwen Stefaniとデュエット、真夏の空の下を走るように熱く爽やかな一曲。僕が本作でもお気に入りなのが「The Sun, The Moon And Stars」、指スナップ響く煌びやかで流麗な星屑メロディも輝いていて素敵だし、Princeのファルセット交えながらの話しかける様な滑らかな歌声がたまらなく素敵(失神寸前)。とっても詩的な歌詞もPrinceの世界観が覗けて好き、とにかく月明かりみたく柔らかな光に包まれたスムージー曲でグッド。「Everyday Is A Winding Road」も電子鍵盤音が光る鮮やかでファンキーな一曲で、フックでの跳ねた疾走感がたまらないグルーヴ。「Man'O'War」はピアノ旋律を主軸にした静かにじわじわと広がる清涼なバラード、別れた女性を忘れられない男の気持ちを切々と情熱的に歌い上げた、Princeの細く官能的な歌声が印象的な美曲(涙)。激しいハーモニカで始まる「Baby Knows」ではSheryl Crowが客演参加、これがPrince流のカントリーロックなんでしょうね。Ani DiFrancoをfeat.したピアノ&ギター弦のしんみりと心に沁みて泣けるバラード「I Love U, but I Don't Trust U Anymore」も、アコースティックならではの温もりがじんわり伝わってきて素敵過ぎます(感動)。彼女の裏切りを知った男の悲しみを感情豊かに表現したPrinceの歌声に胸が詰まります(刹那)、Princeの今にも静かに切れてしまいそうな儚げなファルセットがたまらなく切なくて、悲しくて、聴いているうちに涙が自然と零れる失恋曲(深溺)。物語を読んでもらっている気持ちになる優しくドリーミーな「Silly Game」は、恋に落ちる瞬間を歌った甘酸っぱい一曲。テクノロジーっぽいシンセサイザー駆使のトラックが近未来な「Strange But True」では、Princeが地声で呟く様なラップを披露していてコレがなかなか面白い。アコースティクなギターにエレキギターが絡む埃っぽいブルージーな空気感がたまらない「Wherever U Go, Whatever U Do」が素晴らしい(感動)、Princeの爽やかに吹き抜ける風のようなファルセットがスーッと胸の中を通り抜ける一曲。なお国内盤にはこれらに加えて、Eveを客演に迎えたHip Hop風味のソウルRemixの「The Greatest Romance Ever Sold(Adam & Eve Remix)」、隠し曲として収録された「Segue」とパーカッションが小気味良く鳴り響くJames Brown風のファンキーダンス曲「Prettyman」が、ボーナストラックとして収録されています。

とにかくPrince殿の研ぎ澄まされた感性が鋭く突き刺す、素晴らし過ぎる一枚(鳥肌)、これは傑作です(殿堂)。Princeの音楽をR&Bとここでは括っていますが、そんな風にPrinceの創る音楽をカテゴライズするのは全く無意味な話ですよね(失礼)。Princeが自らの手ひとつで創出するRockも、Soulも、Funkも、Popも全てを融合した音楽のジャンルは、正に“Prince”でしかないです(唯一無二)。このアルバムは本当に凄いアルバムで、僕のお気に入りです、音楽好きには絶対に聴いてもらいたい宝物の一枚です(絶賛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment