RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Amil「All Money Is Legal」
amil-amil.jpg

Jay-Z率いるRoc-A-Fella発の女性MCのAmilのデビューアルバム『All Money Is Legal』を御紹介。AmilといえばJay-ZをはじめとするRoc-A-Fella初期作品には頻繁に登場していた女性MC、結局は本作を発表した後、そのまま自然と離脱してしまったみたいですね。そこまで好きな声質ではなかったりもしたんですが(失敬)、やはりRoc-A-Fella作品という事で購入しました。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まずは幕開けを飾るEZ Elpee製作のDavid Oliver「Summer Love」使いの「Smile 4 Me」、静かでミステリアスなメロディが、そんなに強くなく細く鼻にかかった高音ボイスのAmilにはお似合い。続く「I Got That」ではBeyonceが客演参加、制作はPokeとToneのTrack MastersとL.E.S.で、サンプリングにGwen Guthrie「Seventh Heaven」を使用。ちょっぴり不穏な音の鳴りにAmilの青臭い歌声と、Beyonceの清廉でピュアクールな歌声が爽やかな風を吹き込む不思議な感覚の一曲。「Get Down」はJon-John製作のロックテイストな明るい一曲で、軽く歌えるAmilの可愛めの歌声も良い感じにポップで良いです。Rockwilder製作のビョビョビョビョビートがクールにエッヂが効いていてカッコイイ「Ya'll Dead Wrong」はAmil単独では勿体無い、これでRedmanなんかが客演していたら超熱かった(強欲)。そんな不満を払拭してくれるのが、Hip Hop界の大統領Jay-Zが威風堂々の援護射撃を撃つ「Heard It All」、Chavon "Scripture" HenryとSean "Do" Lashley共同製作のギター弦と硬質なドラムビートが共存するチープな中近東トラックがナイスで、やはりJay-Zのボスなラップが最高に冴えていてAmil関係無しで御座います(地味)。再びEZ Elpee製作の「Quarrels」ではCarl Thomasが客演参加、これもアラビアンっぽいメロディにクラップ音を散らしたチープなトラックで、せっかくのCarl Thomasの歌声が活かされてない気がする一曲で残念。「Girlfriend」はRockwilder製作の尖ったシンセ音が鼓膜を突き刺すRockwilderらしいトラック、ビートに合わせて平坦に抑揚無く乗りこなすAmilがなかなかクール。Tyfife製作のカルメン調のカチャカチャ音がアクセントの「All Money Is Legal」がなかなかファンキー、このトラックは程よく黒くて疾走感があって冴えていますよ。再びJay-Zが大暴れする「That's Right」はなんとJust Blaze製作、一見ガッチャガチャに鳴らす電子音の連続が面白い化学反応を起こしていて結構クレイジー(壊)。またこの崩壊トラックにもJay-Zが超クールにキメてくれていて最ッ高、もうJay-Z単独で良いんですけどね(崇拝)。K-Rob製作でThe Three Degrees「Collage」下敷きの「Anyday」もなかなか、ベッタリ大味なフックサンプリングがキャッチーで聴き易いトラック。Omen製作のシリアスメロディとビヨンビヨンなシンコペイトが不思議で魅力的な「No 1 Can Compare」も、なかなか面白い一曲でAmilに勿体無い気も(笑)。最後を締め括るのはJay-Z、Beanie Sigel、Memphis BleekのRoc-A-Fella三銃士が揃い踏みした「4 Da Fam」が最高に熱い、この面子でマイクリレーして迫力が無い訳が無いです(保証)。

Amilにはそんな興味無かったんですが、本作ではそれを更に再確認してしまいました(苦笑)。トラックが良いとAmilには勿体無いと思うし、ゲストが良いとAmilがそっちのけになるし、Roc-A-Fellaファンでないと楽しめないかもしれません(辛口)。まぁ女性MC物が好きな方には良いかもしれません、面子はななか豪華です、僕みたくJay-Z目当てで聴くのも有りです(偏)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment