RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tiffany Evans「Tiffany Evans」
tifany-evans.jpg

11歳でオーディション番組で優勝、そのままレーベルと即契約した経緯を持つTiffany Evansのデビューアルバム『Tiffany Evans』を御紹介。この時に15歳なんだから驚き、正にシンデレラガールで御座います。その割にはあまりBillboardチャートではあまり揮わなかった様ですが、まぁ話題の一枚だというのは知っていたんで購入してしまいました。
それでは内容を簡単に御紹介したいと思います……まずは話題性としては抜群だったCiaraとの共演曲「Promise Ring」で華やかに幕開け、製作はMr.ColliparkとThe Clutch、Brian "B-Nasty" Reidの三人が共同で担当。ピュンピュンと光線が飛び交うクールなシンセトラックに、Tiffany Evansの15歳らしいキュートな歌声がクリアに響き渡る宇宙っぽい一曲、Ciaraの存在がかなり薄いけれど随所には感じられる一曲で、確かにこれはCiara風味のダンスステップ曲かなと。「I'm Grown'」はRodney JerkinsとD'mileが製作を担当、客演に若きアイドルMCのBow Wowが参加。トラック自体は至って普通なタップビート曲でTiffany Evansが尖った歌声を披露、Bow Wowでなくて他の本格的なMCならちょっと違ったかも。「Impossible」はShea Taylor製作(Co製作はNe-Yo)のドカドカビートと一緒に突き進む、スラッシュ入れた様なフックが耳に残る次世代トラック。何かしらのソウル曲を45回転早回しした声が、ずっと鳴り響くトラックが可愛くも味わい深い「Thinkin' About」はSoulshock & Karlinが製作を担当。ちょっぴりKanye Westにも通じる懐かしさ香るトラックは情緒があって素敵ですし、超早口で歌うタイトルフックも印象的で面白い一曲(好)。Beau Dozierが製作を担当したポワワンとシンセが弾ける「Can't Walk Away」がこれまた煌びやかなプリンセストラックで、それこそお姫様声したTiffany Evansにはお似合いのアイドル曲。「Lay Back & Chill」はHit-BoyとCashe N. Casheが共同制作、ゆったりレイドバックしたキラキラメロディにドカドカとビートが叩かれるトラックがCiaraっぽくて素敵。学生らしくチャイム音で始まる「Girl Gone Wild」はBrian KiddとThe Clutchが製作を担当、低く構えてドカンドカンと野太く鳴らす太鼓音と怪しいメロディ使いに、Tiffany Evansの少女な歌声がミスマッチで面白い。「About A Boy」はEric Hudsonが製作を担当、これが切なく乾いたギターを爪弾く甘酸っぱいメロディと、幾重にも重ねられたTiffany Evansの透明感のある歌声が心の奥に自然と浸透してくる綺麗すぎるミネラル曲(惚)。「Favorite Broken Heart」は再びBeau DozierとJulian Bunetta、Chris Kellyが共同で制作、ピアノ鍵盤をコツコツ叩く音に流麗なメロディ&歌声が広がる爽やかなミッド曲。「Again」はRedOneが製作を担当、時折魅せるTiffany Evansの力強く唸るような歌声にちょっとドキッとさせられます。最後を飾る「Angels On Earth」はBilly Mannなる人物が製作した純白系の静寂スロー、淀みなく神々しいトラックが光り輝いていて、Tiffany Evansの無垢な歌声に(ここでは大声で綺麗に声を張り上げています)綺麗にマッチしたゴスペルライクな一曲で締め括りにはグッド。

思わず“可愛いね~”と言いたくなる歌声で、まだ真っ直ぐな感じが良いですね。ただこれからどう成長してゆくかが鍵で、現時点では何か突出した魅力(個性的ななにか)は見つからなかったかも(辛口)。ただ普通に歌は上手いので、最強のヒット曲が一曲でも付けば、また大きくなるかもしれませんね。経緯は知りませんが、ちなみに本作のExecutive ProducerはThe ClutchとCiaraが務めています。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment