RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Chrisette Michele「Epiphany」
chrisete-epiphany.jpg

Def Jamが自信を持って送り出した若きSoul姫、Chrisette Micheleの通算二作目となる『Epiphany』を御紹介。そのまん丸な眼と厚ぼったい口唇がとてもセクシーで僕は好きです、そんな彼女の可愛さがキッチリと写ったこのジャケットがまず僕はお気に入り、前回のジャケットも綺麗で好きでした。本作はBillboard Top 200でも堂々のNo.1を獲得、彼女の実力をキッチリと証明した結果となりましたね。
それでは気になる内容を御紹介致しましょう……まず幕開けを飾る「Epiphany(I'm Leaving)」、製作はNe-Yo率いるCompound Entertainment所属のChuck Harmony(Co製作はShaffer SmithことNe-Yo)が担当。ピアノ旋律が切なく鳴るちょっぴり夢見心地なトラックに、Chrisette Micheleのほんわか柔らかな歌声がふわっと包み込む恋人との別離を歌った一曲。ここで述べておきたいのが、先述のChuck Harmonyが本作最多の9曲を手掛けているという点、まずはそんなChuck Harmony製作曲から触れますと。切ない爪弾くギター弦に綺麗なハーモニーが織り重なる優美な「Notebook」、“わたしの気持ちを知るのはこのノートだけ♪”と歌う詩も可愛いし、フックでの響かせ方なんかはAlicia Keysっぽいアプローチで巧い。「What You Do」(Co製作をNe-Yo)ではNe-Yoとの綺麗な客演で華を添えます、プカプカ可愛い電子音に絡むクラップ音と、Ne-Yoの相変わらず甘酸っぱい歌声が気持ちを爽やかにします(澄)。“行動で示して♪”と歌う女心を歌った詞も勉強になります(笑)、Chrisette Micheleのまろやかな歌声との相性も意外と抜群です。ピアノ演奏をバックに清らかに歌い上げる純白曲「Blame It On Me」、壮大でドラマチックなメロディ展開に、Chrisette Micheleの力強く進む歌声が素敵な希望に満ち溢れた一曲。Ne-Yo曲にありがちなギター爪弾く青空の様に爽やかなメロディの「Another One」(Co製作をNe-Yo)、ただギターメロディだけでなくそこに硬質なドラムパターンも絡んでいて味わいが一層濃い、恋人に警告を告げる強い女性を歌った曲。「Fragile」ではちょっぴりノイジーでRockテイストなエッヂの効いたトラックを提供、Jazzっぽいノリ(Raggaeっぽいノリ?)とコーラスワークがなんとなくLauryn Hillを彷彿とさせる「Mr.Right」、ちょっぴりゴスペルライクな光降り注ぐ「Porcelain Doll」(Co製作をNe-Yo)、悲劇的なピアノ伴奏に寂しげなChrisette Micheleの“私なら平気よ♪”と歌うフック「が切々と心に響く「I'm Okay」(Co製作)と、どれも良い意味で聴き易いNe-YoテイストなR&Bトラックばかり。Chuck Harmonyと同じくCompound Entertainment所属のBie MaejorとTim Boskyが共同制作(Co製作にNe-Yo)の「On My Own」も綺麗、強くなろうと必死に願う女心を歌った詩にも心を打たれます(涙)。他にはAllstar製作のピアノ流麗曲「All I Ever Think About」がとても綺麗、どこまでも真っ直ぐで純粋な愛を、時に優しく、時に声を張り上げて歌い上げるChrisette Micheleにただただ聴き惚れてしまうラヴソング。あとはあのRodney "Darkchild" Jerkins製作の「Playn' Our Song」なんかも、ちょっと懐かしいR&Bメロディで素直に気持ち良く乗れるナイスなミッド。詩は恋人と別れた後に“二人の曲が流れてる♪”と泣いてしまう現実を繰り返し歌う切ない内容で、誰もが絶対に経験した事だからつい肩入れしちゃいます。本作でも一番のお気に入りかもしれません、流石はRodney Jerkins、この曲は凄く良いです。あと、国内盤にはボーナストラックとして、ピアノ弾き語り的な哀愁曲「Don't Speak(Music On Yahoo)」が収録されています。

う~んとても良かったです、Jazzっぽい雰囲気が強かった前作に比べると、僕的にはかなり聴き易かったです(高評価)。そういう意味ではNe-Yo(というかChuck Harmony)の参加はプラスだったと思います、R&Bの中でもとても澄んでいて清涼で、聴き易い美メロだから無理なくChrisette Micheleの歌声に合っていたと思います。国内盤を待った甲斐がありました、前作『I Am』をもう一度聴き返したくなる、そんな名盤で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment