RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

112「Hot & Wet」
112-hwcovs.jpg


ベテラン男性ボーカルグループ112の通算四作目となる『Hot & Wet』を御紹介。Sean "Puffy" Combs率いるBad Boy Recordsより華々しく登場したのが、QにSlimにMikeにDaron Jonesの四人で構成された112で御座います。Biggie作品やP.Diddy作品で御馴染みだし、Daron Jonesは今でもたまにプロデュースなんかで曲提供していたりします。本作はDef JamのDef Soulに移籍しての第一弾アルバム。僕は個人的にはSlimが好きです、参考までに(笑)。
それでは早速内容の御紹介に参りましょう……まずは同郷で今や大スターとなった感のあるT.I.をゲストに招いた「It's Goin' Down 2Nite」でドロ~リと幕開け、製作はメンバーのDaron Jonesが担当。T.I.のラップも今こうやって聴くとやはりカッコイイし、彼の存在感がこの曲の売りである事も明らか。ダークでどろっとしたトラックにT.I.が完璧に映える一曲、出だしとしてはなかなか。「Hot & Wet」では晴れてレーベルメイトとなったLudacrisの男臭いラップをガツンとピックアップ、製作はBad Boyのお抱えチームThe HitmenよりStevie J.が担当。ここでもLudacrisの勢いと貫禄のあるラップが弾けててテンション上がらずにはいられない、夏の灼熱の海辺で聴いたら間違いないでしょう。Daron Jonesが製作を担当した低音シンセで妖しく光る「Unbelievable」もカッコイイ、Daron Jonesって上手い。Saint Densonなる人物が製作を担当した「Everyday」は、The Isley Brothers「For The Love Of You」を早回し回転させた可愛めのトラックで良い感じ。「Right Here For U」では総帥であるSean "P.Diddy" CombsとStevie J.が共同で製作を担当、Jodeci「Feenin」を下敷きにした甘美でメロウなトラックに112の繊細なハーモニーが乗る清涼バラード、これぞ112といったところ(賞賛)。どこまでも夢見心地で穏やかな「All My Love」、静かにしっとり四人の完璧なコーラスワークを聴かせる「You Said」はどちらもDaron Jonesが製作を担当。キャッチーなメロディラインのフックが実にらしいStevie J.製作の「Knock U Down」、なかなかです。「Hot & Wet(Remix)」はBad Boy御得意の戦術、ここでは原曲のLudacrisに加えて(これだけでも充分最強だったのに)Chingyまでもが参戦、Taana Gardner「Heartbeat」を下敷きにちょっぴりトラックも変え、Chingyの甲高い訛りラップが混じってもう最高です(痺)。「Na Na Na Na」もDaron Jones製作でここではRaggae風味を取り入れたイマドキなR&Bを絶妙に演出、ベテランSuper Catの援護射撃もキマって高水準。「Give It To Me」はDentが製作を担当、これはう~ん……もう一歩かなぁ。僕の心臓ど真ん中を撃ち抜く泣きの美曲「Slip Away」はDaron Jones製作、112の実力&魅力を存分に詰め込んだ最高のバラードです(涙)。「Say Yes」はあのAndre HarrisとVidal Davisのコンビが製作を担当、やはり普通のR&B曲とは違う空気感を持ったミッドは流石で、112も気持ち良さそうに流れに身を任せています。最後を飾る「Man's World」は当然Daron Jonesによる製作曲、聴かせる以外のなにものでもないピアノ基調のバラードで御馳走様で御座います(染入)。

流石は112といった歌声で勿論満足しました、がしかしあまりにアップテンポ(Hip Hop寄り)なトラックが多かったかなぁという気も(苦言)。T.I.、Ludacris、Chingyを参加させた曲だけアップでも良かったかな、あとは全て王道にバラードで良かった気がします(傲慢)。でも良い一枚なのは確か、夏のドライブに最適なんではないでしょうか。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment