RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jagged Edge「Hard」
je-hard.jpg

Jermaine Dupri率いるSo So Def所属の男性ボーカルグループ、Jagged Edgeの通算四作目となる『Hard』を御紹介。Jagged EdgeはBrian CaseyとBrandon Caseyの双子と、Kyle Norman、Richard Wingoの四人で構成されたグループで御座います。最近ではなかなかボーカルグループが苦戦している状況、しかしJagged Edgeは毎作と素晴らしい作品をリリースしてくれています(御礼)。ボーカルグループとしても他とは違って、コクのある男性らしい低く力強いハーモニーが魅力となっています。
それでは本作の内容を御紹介致しますと……まずは幕開けを飾るのが、Jazze Pha製作のスパニッシュなギターの爪弾きがスパイシーな「They Ain't J.E.」、これが軽妙なトラックでなかなか滑り出しとしては絶妙な仕上がりで御座います。シングルヒットした「Walked Outta Heaven」はBryan-Michael Coxが製作を担当した切なくも儚い流麗なスローバラード、ポワワンとエコー気味に響く音が心の琴線に触れます。この曲の持つ煌びやかでどこかミステリアスな、ポロポロと鳴る弦音が深い森の中を彷徨い歩くような危うい感覚がたまらなく切なくて良い(惚)。自分の元を去った女性を想い“天国を後にしたような気分だよ♪”と歌う詩も素敵、ソングライトはBrian CaseyとBrandon Caseyの二人担当しています(他曲も全て彼ら二人がソングライトを担当)。「Girls Gone Wild」はSick Cents(Co製作をThe Corna Boyz)が製作したセクシーな女性への賛美歌、米国のエッチなサイトにヒントを得た軽快でノリの良い一曲。Jermaine Dupriが製作(Co製作をBryan-Michael Cox)を担当した「Visions」も流麗でいながらしっとりと柔らかなメロディラインがなんとも美しい、もう一つ特筆するならばBack Vocalを務めるTiffany Beaudoinなる女性シンガーの艶やかな歌声も華やかで素敵です。Sick Cents製作(Co製作をMelvin Coleman)の「Hard」もドリーミーで心の奥深くに沈んでゆくようなキラキラしたメロディが綺麗、別れた彼女を想い“君のいない夜は辛くて♪”と歌う詩も切ないです。Melvin Coleman製作の「Dance Floor」はセクシーファンキーなダンス曲、小気味いいビートに軽やかに跳ねるJagged Edgeのハーモニーが気持ち良い。ここからはMelvin Coleman製作曲が続きまして、「Trying To Find The Words」は浮ついた電子音とフワフワなメロディがキュート、冒頭でトークボックス使いも出る“恋に落ちるってどんな感じ?”と歌う溜息出そうなほど美しい真っ直ぐラヴソング「What's It Like」と、どれも良い仕事しています。再びBryan-Michael Coxが製作の「Tryna Be Your Man」は、ギターをエスニックに掻き鳴らすアッパーな一曲。同じくBryan-Michael Cox製作でアコギを弾く「I Don't Wanna」はしんみりと素朴なメロディが愛らしいラヴソングで、“君じゃなきゃイヤなんだ♪ダメなんだ♪”と繰り返し歌う詩も切なくて素敵な一曲で好き。またまたMelvin Coleman製作曲で、息使いに使いファルセット歌唱に痺れてしまう「In Private」、ビンビンと鳴る音にJagged Edgeの男っぽい太いハーモニーが染まってゆく朝の目覚め曲「In The Morning」と、やはり良い仕事してくれています(誉)。最後を締め括る「Shady Girl」はJermaine Dupri製作(Co製作をBryan-Michael Cox)、程よくクールなHip Hop寄りのトラックで及第点は取っています。ここからは国内盤のボーナストラック、OutKastのBig Boiがクールなラップで援護射撃するSick Cents製作の「Car Show」、滑らかなギター旋律にドカッドカッとビートが時折鳴る「On My Way(After the Club)」、じわじわと広がってゆく煌めき音とJagged Edgeの優しく撫でる様なハーモニーが色っぽい女性賛歌「Respect My Girl」と、どれも聴き逃すには惜しい楽曲ばかりです。

Jagged Edgeのボーカルワークに、ただただもう聴き溺れるしかない一枚で御座います(溺愛)。やっぱりボーカルグループって良いですよね、グループでじゃないと出せない味わいがあります(重宝)。なかなかR&Bグループの活躍が厳しい昨今だけれど、良い物はやはり良い、Jagged Edgeも素晴らしいです、是非購入して下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment