RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Amerie「Touch」
amerie-touch.jpg

韓国人の母とアフリカンアメリカンの父を持つエキゾチックな顔立ちが素敵な、Amerieの通算二作目となる『Touch』を御紹介。歌手としてだけでなくモデルとしても活躍している彼女、その生脚美脚は他の追随を許しません(断言)。アジアンな感じもあってか、かなり親近感の沸くAmerieが僕は結構好きですねぇ。声量もかなりあって張り上げるハイトーンヴォイスはなかなかのもの、本国USでもかなり有望視されている女性シンガーで御座います。
それでは内容を簡単に御紹介したいなと思います……まず最初に御紹介したいのはAmerieの育て親であり盟友Producer、Rich Harrisonが手掛けた楽曲から先に御紹介したいと思います。まずは特大ヒットとなりAmerieの代表曲となった「1 Thing」でド派手に幕開け、サンプリングにThe Meters「Oh, Calcutta」を使用したドカドカ暴れて引っ掻き回す躍動感溢れる一曲(一撃必殺)。このガチャガチャしたファンキーなビートに、Amerieの突き抜ける様なハイトーンヴォイスが痛快でキュートで最高に熱い(痺)、改めて両者の相性の良さを実感する素敵な一曲。Jean Carne「You Are All I Need」を45回転早回しした甘酸っぱいソウル曲「All I Need」はMary J. Bligeを彷彿とさせるドラマチックさで迫るラヴソング、Amerieの張り上げるでなく高く響き渡るクリアな歌声に胸が空く思い。「Like It Used To Be」ではちょっぴり影のある太めのベース弦がずしりと響く、カリブチックなメロディが独特な雰囲気を醸し出す失恋曲。けたたましく鳴るホーンの応酬にせわしく鳴り続ける硬質なドラムスが(良い意味で)騒々しい「Talkin' About」、ちょっぴり間の抜けた様なふざけたメロディラインも面白い一曲。彼女に振られた意中の男性に“私と一緒に来ればいいわ♪”と慰める「Come With Me」、電子ピアノの鍵盤を短く途切れないように鳴らす、繊細でいてちょっと危なっかしいガラスの様な一曲でこの曲もかなり耳に残る。ムーディーなトランペットの音が後ろで絶えずループし盛り上げるアダルトな「Rolling Down My Face」は、Roy Ayers「Searching」を下敷きにしたオシャレに煌めく夜会系のスマートでJazzyな一曲。そして最後には女優としても活躍すつカッコイイ女性MCの代表、Eveが新たに援護射撃を放つ事でより疾走感抜群となったリメイク「1 Thing」も収録、Eveがまた素晴らしくカッコ良くてコッチの方がより強力で好きです。とここまでがRich Harrison製作曲、それ以外にも素晴らしい製作陣が脇を固めていて要注目なんですよ。まずはあのお祭り男Jonathan "Lil Jon" Smithが製作した完璧クランクチューン「Touch」、ポカポカ鳴る打楽器に怪しく捻れる電子音がいかにもLil Jonらしい癖のある一曲。「Not the Only One」はBryce Wilson製作(Co製作をThe Buchanans)の波打つシンセサイザーにAmerieが妖艶な歌声で揺れる艶やかな一曲、この曲はThe Neptunesっぽいケドそこまで癖が無く、良い意味で聴き易いシンセ使いで好感持てます。「Can We Go」ではなんとあのCarl Thomasと共演、しかも製作があのB!nkなんだからもう間違いないです(鉄板)。Earth, Wind & Fire「Evil」を下敷きにした流麗でいてヒンヤリとした冷たさも感じる冬の夜風の様な寂しい一曲、詩の内容も戻りたくても戻れない恋人同士の終焉を歌った悲しい別離の一曲。「Just Like Me」は Andre HarrisとVidal Davisの鉄腕タッグが製作を担当、しなやかでいて清廉としたメロディが美しく優しく輝くラヴバラードで、Amerieの澄み切った歌声に心が洗われて徐々に浄化されるナイススロー(惚)。The Ladies ChoiceとRed Spyda(!)が共同制作した「Falling」は、吐息混じりのAmerieの歌声が悩ましい一曲。とここまでが本編で、国内盤にはこれらに加えてボーナス曲を二曲追加収録。特筆すべきはあのDiana Rossの同名曲カバー「I'm Coming Out」ですね、あの爽快ハッピーチューンにAmerieの突き抜ける高音がスッキリ気持ち良く跳ねていてとってもお似合いです(誉)。

うん、良かったです。「1 Thing」の一曲狙いで購入する価値も充分に有ると僕は思いますし、何よりそれ以外にも粒揃いな楽曲が目白押しでかなり秀逸な一枚になっていますよ(賞賛)。Rich Harrisonとの相性はやはり抜群、これからも二人三脚で頑張って頂きたいものです。その長く美しい生脚を魅せびらかしながら、これからも元気でハジけた楽曲をこなして欲しいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment