RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Luther Vandross「Songs」
Luther-songs.jpg

世界中に愛されるシルキーヴォイス、Luther Vandrossのカバーアルバム『Songs』を御紹介。本作はタイトル通りに、Luther Vandrossが愛する楽曲をカバーして歌っています(拍手)。つまり往年の名曲をLuther Vandrossの美声で聴けるという、“一粒で二度美味しい”的な一枚なので御座います。僕はちなみに何も知らずに購入しまいした、普段はこういう手合いの物には手を出さないのですが、Luther Vandrossが歌うのならばと断然アリで御座います。聴いているうちに“あれ、なんか知っている曲多いなぁ”と思い調べたら(輸入盤なので解説が無い)、カバーアルバムでした。
それでは内容をさらりと御紹介しますねぇ……まず最初に述べておきますが、本作では全曲のProduceをWalter Afanasieffが担当しています。幕開けを飾るのはStephen Stillsのカバー「Love the One You're With」、希望に満ち溢れた輝き眩しいトラックにLuther Vandrossの優しく深みのある歌声が響き渡る一曲。The FugeesのLauryn HillもカバーしていたLori Liebermanの名曲「Killing Me Softly」がもう溜息が出るほどに美しい、Luther Vandrossの絹の様に柔らかな美声に撫でられながら、どんどんと意識の深くに沈んでしまう美曲で素敵です(繊細)。Diana Ross & Lionel Richieの名曲「Endless Love」は、歌姫Mariah Careyをデュエットの相手に御指名(拍手)。これがもう素晴らしい豪華共演で、Luther Vandrossの優しく甘い歌声とMariah Careyの繊細で高らかに歌い上げる歌声が見事に美しく絡み合って溶け合い、聴き手をすぐにウットリと心地良くしてしまいます(昇天)。恋人といる時にこんな美曲が流れたらもう気持ちが昂ぶる事間違い無し、どこまでも酔い痴れてほしい素敵なラヴソングです(最高)。ぽろろんと爪弾くギターが爽やかに響き渡る「Evergreen」は、Barbra Streisandのカバー。Diana Ross & the Supremesのカバー「Reflections」も、彼女達らしいキャッチーなメロディながらもLuther Vandrossが歌えば全く違った味わいになるから不思議です。Lionel Richieのカバー「Hello」は哀愁たっぷりに切々と歌うドラマチックな一曲、どこまでも繊細で儚げなLuther Vandrossの歌声に思わず涙してしまいそうな一曲。McFadden & Whiteheadのカバー「Ain't No Stoppin' Us Now」はもうフックが爽快で聴いていて気持ち良い、風を体中に感じながら駆け抜けるような感触がたまらない明るく爽快ソウル曲。Heatwaveのカバー「Always and Forever」はしっとりと艶っぽく聴かせてくれるLuther Vandrossに胸の鼓動も高鳴ります、星降る夜に夜空を見上げながら聴きたい、オシャレで美しい繊細な一曲。あのAretha Franklinもカバーしたのが「Since You've Been Gone」、陽気で気持ち良いサンシャイン曲。Jackie DeShannonのカバー「What the World Needs Now」もLuther Vandrossの透明感溢れる歌声がスーっと心に沁み込んでくる影のあるミッド、最後を飾るRichard Kileyのカバー「The Impossible Dream」も劇的なメロディ展開が壮大でまるで物語のワンシーン、クラシカルなピアノ旋律に静かに響き渡るLuther Vandrossの優しく温もりのある歌声に包まれてください(安息)。

やはりその時代を知らなくても、昔のソウル曲も素晴らしいなぁと感動させられる一枚です(絶賛)。そんな名曲の数々をLuther Vandrossが歌ってくれているんだから、もう気持ち良く聴き惚れる以外に方法はないですよ(身委)。これは本当に“一粒で二度美味しい”アルバム、お薦めで御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment