RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mary J. Blige「The Breakthrough」
mary_j_blige_breakthrough.jpg

長きに渡って最前線で活躍し続ける“Queen Of Hip Hop/Soul”こと、Mary J. Bligeの通算七作目となる『The Breakthrough』を御紹介。以前はどこか暗い影、悲劇さを湛えていたMary J. Bligeですが、最近はでは公私共に順調で幸せに満ち溢れた楽曲も増えて、本当に胸を撫で下ろすばかりです(安堵)。そしてどんな状況下でも常に高品質の作品を提供し続ける貴重なアーティストの一人、もはや向かうところ敵無しといった状態でしょうねぇ。そんなMary J. Blige(以降はMJBと省略表記)が放つ本作、やはり聴き逃しは絶対に厳禁で御座いますねぇ(警告)。
気になる内容はどのようになっているかと言いますと……まず驚くべきはそのボリューム、全17曲(国内盤だと全19曲)も収録されていて、もう満腹になる事間違い無しで御座います(感謝)。さて幕開けを飾るのは新進気鋭のProducerであるJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが製作の「No One Will Do」、The O'Jays「I Swear I Love No One But You」を下敷きにした完璧ソウルフルな極上ミッドで、もうここから既にMJBが描き出すドラマが展開し始めますから。続くドカドカビートに息を吸う様な口音が連続して鳴る不可思議系のシンセ曲「Enough Cryin」はRodney "Darkchild" Jerkinsが製作(ソングライトにSean Garrett参加)を担当、ズシンと重いビートに鉄の様にハードでタフなMJBの歌声がカッコイイ。客演参加の女性MCのBrookもなかなか良い味出してる、正統派なフロウで好感持てます。白黒映画の音楽の様な温もりと埃っぽさがソウルフルなMJBに相応しい「About You」、製作はBlack Eyed Peasのwill.i.amが担当、客演にはそのwill.i.amと故Nina Simoneが参加。この曲はNina Simone「Feeling Good」を下敷きにしたちょっぴりJazzyなタッチの一曲、こういうネタ使いもwill.i.amは巧いですねぇ。そして本作からの先行シングルとして特大ヒットとなった「Be Without You」、製作はピアノ鍵盤の貴公子ことBryan-Michael Coxが担当(ソングライトをJohnta Austin)。窓を叩く雨音の様に切なく鳴り響くピアノ旋律はあまりにドラマチックで儚い、胸の奥から込み上げるようにして歌う“あなたと一緒じゃなきゃ♪”と繰り返し歌うフック、胸をギュッと強く締め付ける真摯で情熱的なラヴバラードです(溺愛)。D.Emileなる人物が製作を担当した「Gonna Breakthrough」は、極めてオールスクールなノリが懐かしくも輝くHip Hopチューン。The Mohawks「Champ」使いのシンプルにキックするトラックが痛快で最高にノれる、再登場のBrookもやはりナイスな援護射撃を放っています。9th Wonderがいかにも彼らしくMel'isa Morgan「Heart Breaking Decision」を使った渋メロウ「Good Woman Down」も素晴らしい、この濡れて曇ったじっとりソウル曲はMJBの独壇場、力強く女性を鼓舞するMJBのパワフルで慈愛に満ちた歌声に心打たれます。「Take Me As I Am」はLonnie Liston Smithの泣きの名曲「Garden Of Peace」を美しく敷いた流麗で悲しげな一曲、このしっとりと濡れたどこか悲劇的なメロディも、MJBの深みのある歌声にとても似合ってて、聴いてて思わず涙が零れそうになります。「Baggage」は黄金タッグであるJimmy Jam & Terry Lewisが製作、キラキラと輝くピアノ鍵盤の音色にどこかレトロなソウルメロディが絡み合い溶け合う素敵なミッドでグッド。「Can't Hide From Luv」は冒頭での呼び込みに親友のJay-Zが登場、しかしJay-Zの登場はここだけでかなり物足らない(残念)。ただAndre HarrisとVidal Davisが手掛けたトラックは素晴らしく、Willie Hutch「I Wanna Be Where You Are」を早回ししたトラックは疾走感抜群で聴いていてかなり爽快なんです(昇天)。「MJB Da MVP」はThe Game「Hate It Or Love It」をいたく気に入ったMJBがそのままビートを拝借、MJBが自信に満ち溢れた歌声でクールに自身の栄光の軌跡を歌う納得&満足の一曲。ここではメロディだけでなく50 Centの声フックを使ってるから嬉しい、一粒で二度美味しい的な痛快な一曲。南国風味の優しく爽やかな風が吹き抜ける「Can't Get Enough」はまさかのJimmy Jam & Terry Lewis製作(驚)、生音感バッチリの楽園トラックでゆったりドリーミー、MJBが真っ直ぐと愛を歌い上げる素敵なラヴソング。「Ain't Really Love」は再びBryan-Michael Cox製作曲(Johnta Austinがソングライト)、これはもう王道なしっとり聴かせるエモーショナルなミッド曲で、傷つく愛に見切りをつける女性の心情を歌った健気な一曲。そして本作の個人的なトピック曲があのRaphael Saadiq製作&客演のレトロなまったり具合がたまらないソウル曲「I Found My Everything」、もうこのなんとも懐かしく温もり溢れるメロディはRaphael Saadiqじゃないと書けません、まるで古いレコードを掛けているかの様な極上のラヴソング(溺愛)。「Father In You」はAndre HarrisとVidal Davisが再び製作、これまたフィリーソウルが充満したちょっぴり哀愁の漂うメロディに、MJBの繊細なファルセットが細く響き渡る一曲。Davel "Bo" McKenzieなる人物が製作した「Alone」はDave Youngなる男性シンガーがデュエット、これがかなり素晴らしい仕上がりで、Dave Youngの滑らかでナイーヴな歌声がかなりソフトタッチで心地良いんです(注目)。そして世間的な注目曲といえば、あのU2のBonoと共演した世界平和を歌った「One」でしょうね。製作はBlack Music畑のRon Fairが担当、“お互いを背負おう、ひとつの愛♪”と切実に訴える希望に満ち溢れたメッセージ曲。そして最後を飾るのが再びRaphael Saadiqが製作&客演(ソングライトにはTeedra Moses)を務めた(狂喜)ほんわかドリーミーで煌びやかな「So Lady」、これもスクラッチを軽く混ぜながらも軽やかでキュートなメロディ展開がなんとも愛くるしい一曲で、“あなたと一緒にいるとレディの様な気持ちになるの♪”と歌うMJBが可愛いです(惚)。ここまで本編の内容で、国内盤にはこれらに加えて更に二曲のボーナス曲を収録してまして。まずはダークでエッヂの効いた電子音がN*E*R*Dっぽいビューン曲「Show Love」、製作はMJBと親交の深いCarl "Chucky" Thompsonが担当。ブバブバブバと不思議な音が鳴って独特のバウンスを生み出すバンドチックな「Out My Head」、製作はRich Harrisonが担当という事で納得。

これだけの楽曲を収録していながら捨て曲は一切無し、これぞ女王Mary J. Bligeの貫禄で御座います(圧巻)。新旧を混ぜたかなり豪華な製作陣でトラックの幅も大きくて、これだけの長さがあっても僕は飽きずに聴けました。やはりRaphael Saadiq参加が僕としては本作の大きな魅力、新人のBrookとDave Youngも気になりましたねぇ。とにかくR&B愛好家ならば絶対に聴くべき一枚、というかもう皆様持ってますね(笑)。良かったです、素敵な一枚でした。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment