RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z & Linkin Park「Collision Course」
jay-z-linkin-park-collision-course.jpg

Hip Hop界の帝王Jay-Zが人気RockバンドのLinkin Parkとタッグを組んだ、MTVマッシュアップ企画盤『Collision Course』を御紹介。本作はMTVの企画“MTV Ulimate Mash-Ups”として企画された(?)このマッシュアップ、あのJay-ZがLinkin Parkとがっつりコラボという事で、Hip HopファンもRockファンも注目の一枚と言えるでしょう。しかしJay-Zは『Black Album』で引退宣言をしたばかり、これはもう引退する気はさらさら無いですね(笑)。まぁ僕はJay-Zのファンなので彼に引退してもらっては困るから、こういう風に何かしらをドロップしてくれるのは嬉しい限り。
そんな大注目の本作の内容を御紹介しますと……本作はCDとDVDの二枚組となっております、まずはCDの方から御紹介します。簡単に言ってしまえば、Jay-Zの既存曲とLinkin Parkの既存曲をそのまま綺麗にドッキングさせた楽曲群。こう書くと手抜きな印象で色気がありませんが、そこはきちんと細部に至るまでが巧妙に仕掛けられていて面白い。まずは口火を切る「Dirt Off Your Shoulder/Lying from You」、Timbaland趣味の変則ビートの妙味を残しながら完璧にRock化されたトラックがエッヂ効いてて素晴らしい。そしてあのTimbaland趣味のピーヒャラ鳴らす笛音がそのまま陽気に鳴り続ける「Big Pimpin'/Papercut」、Jay-Zの早口滑走フロウが火を吹いてもう誰も止める事が出来ないチキチキビートの「Jigga What/Faint」は途中からのドラムビートからの更なる加速と、Chester Benningtonの高音シャウトがたまらなくカッコイイ一曲。Jay-ZもLinkin Parkも納得&満足の仕上がりで本作からの先行カットとなったのが「Numb/Encore」、確かにこれは最初聴いた時からすごくしっくり来たし、相性の良さを感じた一曲。Chester Benningtonによる原曲フックの差し替えもすごく素晴らしく尖ってて、そこが互いのマッシュアップ成功に感じたりもした一曲。「Izzo/In The End」ではやはりJackson 5「I Want You Back」のメロディはそのまま、そこが最大の魅力なんですから抜いてはダメですね。Jay-ZとLinkin Parkが仲良くバウンスしていて凄く楽しそうに感じる一曲。Linkin Parkの持ち味を最大限に活かしたガチガチバキバキRockで衝突する「Points of Authority/99 Problems/One Step Closer」はエンディングに相応しい派手さ、この曲を聴くとLinkn Parkの格好良さを改めて再認識させられます。勿論Jay-Zはカッコイイ、そこは余裕でJay-Zの勝利かと思います。こうやって使われたJay-Z曲を見ると、全てTimbalandとKanye Westが製作した楽曲のみなんですね、これには何か事情でもあるのかな(疑問)。
DVDではこの企画が実現するまでのプロセスとライヴの模様が収録されていて、こちらが本作の一番重要な部分かもしれません。プライベートジェットで悠々と降り立つJay-Zはまさに大統領、本作もやはり主役はJay-Zという感じがしますね(当然)。Linkin Parkとしてもこの企画にノリノリなのはMike Shinodaだけな気がします、Chester Benningtonはあまり乗り気じゃない様に見受けられますよ(笑)。全てを取り仕切るのはMike Shinoda、彼が主導でまずスタジオでLinkin Parkが楽曲を作り上げていく工程を観る事ができます。そうこうしていると高級車に乗ったJay-Zが颯爽と登場、ここで驚くのはJay-Zがかなり背が高いという事、知ってはいたけれどLinkin Parkの面々が小さく見えます。Jay-ZとLinkin Parkの全員でデモを聞き、意見を出し合い、少しずつ形にしてゆく過程をこうやって観ると、ただただ元々ある曲を単純に混ぜ合わせただけでない事を痛感します。これはCDを聴いただけでは分からない、皆がヴォーカルも録り直したりして、よりスムーズになるように切磋琢磨します。ここではJay-Zがリリックをノートに書き留めず、頭の中にすべて記憶している芸当を披露、何も見ずにさらさらとマイクの前でラップ、終わるとすぐさま“もう一度”と催促し、より良いコンディションに仕上げます。Jay-Zファンの僕としては彼のレコーディング風景が観られるだけで儲けモノ、やはりカッコイイですねぇ。そしてリハーサル映像も織り交ぜて、そのまま遂にライヴへ。今回のライヴはLinkin Parkのファンクラブで観客抽選があり、そこでなされた質問は“Linkin Parkに招待して欲しいアーティストは?”というもの、そこで“Jay-Z”と答えたファンが観客として選ばれているのだそう、これなら平等に盛り上がれて良いですね(妙案)。Mike Shinodaが“驚くなよ”と一言放つとすぐさま始まる「Dirt Off Your Shoulder」のあの変態ビート、ここで観客が皆でRoc-A-Fellaを象徴するあのハンドサインをするのが興奮します。その後は……まぁ観て下さい、観れば迫力満載でよりアルバムを楽しむ事が出来ますよ。

Jay-Zファンには満足の内容ですが、Linkin Parkファンはちょっと面白くない一枚なのかな、それぐらい主導権はJay-Zに握られているかと思います。マッシュアップという事で知っている曲だとブレンドされた面白さを感じるし、双方共に知らない方は斬新な(お互いのクールな楽曲を一度で楽しめる)一枚に感じるのかもしれませんね。まぁ確かに物凄くお薦めていう訳ではありませんが、聴いて損は無い面白い一枚に仕上がっていますよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment