RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

DMX「Flesh of My Flesh, Blood of My Blood」
dmx-Flesh.jpg

Ruff Rydersの番犬であり、Hip Hop界の狂犬でもあるDMXの通算二作目となる『Flesh of My Flesh, Blood of My Blood』を御紹介。本作に関しては血塗れのDMXがまずインパクト大、DMX作品の中で最も衝撃的なジャケットかと思います(焦)。屈強で噛み付き吠えるそのラップスタイルは唯一無二、存在感抜群で今聴いても新鮮で御座います。
そんな本作の内容はと言いますと……まずはDMXの“アーーーーーッ!”の吠え声で幕を開けるバキバキな「Bring Your Whole Crew」で登場、PK製作のドカドカと細かく刻むビートに歯切れ良く噛みちぎるDMXのラップがスピード感抜群の狼煙曲。ピコピコと甲高く鳴る電子音にゆるめのスクラッチが絡む「Ain't No Way」は盟友Swizz Beatz製作曲。チープ一歩手前なちょっぴり間の抜けたトラックながらも、DMXの低く唸る様な鼻歌フックが殺伐とした雰囲気を醸し出しています。「We Don't Give A Fuck」ではJadakissとStyles P(この頃はStyles名義)のラップ巧者が揃って援護射撃、製作はIrv GottiとDat Niggaが共同で担当。チキチキと硬質なビートに不穏なメロディがダークで冷たく取り巻くトラックにDMX、Jadakiss、Stylesと癖のあるMCがマイクを回す硬派な一曲。「Keep Your Shit The Hardest」はSwizz Beatz製作のバンギンチューン、鋭く斬り込むスクラッチに単調に跳ねる電子音がSwizz Beatz独特のバウンスを生み出している一曲。ダークで陰湿なピアノ鍵盤のループがゴシックな「Coming From」は女王Mary J. Bligeが客演参加、単調過ぎるビートだしずっと底辺を這う感じでインパクトに欠ける気がするんですが、Mary J. Bligeの影のある歌声が驚く程に嵌っていてグッドです。Swizz Beatz製作のライトなタッチで疾走する「It's All Good」はTaana Gardner「Heartbeat」をサンプリングしたキャッチーソウル曲で、DMXのフックもすごくキャッチーで耳馴染みの良い一曲。引き続きSwizz Beatz製作でDMX「Damien」をサンプリングしたホラー曲「The Omen」はゲストヴォーカルにあのMarilyn Mansonを招いていて、もう気味の悪いったらない一曲で、ここまで来ると僕は拒否反応起こしてしまいます(嗚咽)。DJ Shok製作の「Slippin'」はGrover Washington, Jr.「Moonstream」を下敷きにした哀愁漂うメロウ、DMXはこういう王道なトラックでこそ格好良さが爆発していると思う(惜)。寂しげヴォーカルに乾いたビートが殺伐と響く、燻し銀な一曲でグッド。Swizz Beatz製作のアジアン弦音が妖艶に絡む「No Love 4 Me」は当時のDMX節が炸裂、バッタバタと薙ぎ倒す突進ラップが破壊力抜群でナイス。客演にはSwizz Beatzと若かりし頃のDrag-Onが参加、勢いが増しますね。Dame Grease製作の「Dogs For Life」は物凄いカッコイイ、R&B寄りのソウルフルでメロウなメロディにキラキラと煌めく電子音が散りばめられたドラマチックな一曲、DMXのラップもいつになくスマートで格好良いですよ(惚)。Swizz Beatz製作のハイトーンバウンス曲「Blackout」ではThe Lox(Jadakiss、Sheek Louch、Styles Pで構成)とJay-Zが客演参加、やはりJay-Zのラップが最高で完璧に抜きん出ていますね、滑らかで疾走感あってカッコイイです(痺)。「Flesh Of My Flesh, Blood Of My Blood」はSwizz Beatz製作のドカドカと溜めては叩くDMXの爆進曲、「Heat」もSwizz Beatz製作のストリートの危険な空気感がピリピリと張り詰める一曲、最後を飾るのはDMXのアカペラ(朗読)で始まる「Ready To Meet Him」でSwizz Beatz製作のシリアス曲。

DMXはカッコイイと思うけれど、どれもこれも同じ曲に聴こえて、途中で単調に感じてしまうのも事実。Swizz Beatzは最近の音の方がカッコイイと思います、初期はどれも同じに聴こえるし盛り上げ方もちょっと足らない。もっと色んなトラック&客演陣と絡んで欲しい、そう思ってしまうDMXで御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment