RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

T.I.「Urban Legend」
ti-UrbanLegend.jpg

あのJay-Zをして“次はお前だよ”と言わしめた南部はAtlanta出身の若き天才MC、T.I.の通算三作目となる『Urban Legend』を御紹介。そのカッコイイ顔立ちだけでなく、詞を書く才能も高い評価を買っているT.I.(他のMCのゴーストライト経験もあるとか)。その勢いそのままにリリースした本作、僕は一曲狙いで購入を決定したのですが……。
まぁそれも含めて、まずは内容を簡単に御紹介したいと思います……その一曲とはシングルとして特大ヒットした「Bring 'Em Out」、言わずと知れた玄人Swizz Beatzが製作したガンガン攻めたバンギンチューン(最高)。この曲はJay-Z「What More Can I Say」でのラインを声もそのまま拝借し、フックでループさせるという荒技でこれが見事に成功、Jay-Z崇拝者の僕にはもう反則技の必殺トラックです(一撃)。しかしこれはJay-Z声は抜きにしても、ホイッスル鳴り散らし電子音が跳ね回るSwizz Beatzらしい(しかもこの勢いは彼の黄金期並み)ド派手で盛り上がるパーティー曲でホット過ぎます(絶賛)。しかしこの曲だけでなく他の楽曲も高品質で、聴き逃せないんですよ。まずは“King”としてT.I.が呼び込まる幕開け曲「Tha King」、Run DMC「Hit It Run」使いのトラックはFury製作、Kingを名乗れるなかなかの存在感。T.I.の右腕ともいえるDJ Toomp製作の「Motivation」も、後ろで鳴る笛音に完全サウスな緩めのドカドカビートがカッコ良い。T.I.御得意の“あいッ♪あいッ♪”で飛び出す「U Don't Know Me」もDJ Toomp製作曲、ここではシリアスで危険なバウンスビートに合わせてT.I.が上下に跳ねながらかますフロウが最高に冴えている、T.I.がラップ巧者である事を示している一曲。“えいさっぷ♪えいさっぷ♪”のフックが耳に残る「ASAP」、製作はSanchez Holmesが担当。そのSanchez Holmes製作の「Playin For Help」はR&B好きが好きそうな、煌びやかなスマートメロウチューン(惚)。ここでのT.I.の甘めの(でもちょっとワルな)ラップは最高にクールでカッコイイ、涼しげでハイセンスなキラキラ曲も素敵な仕事っぷりです。続くKevin "Khao" Cates製作の「Why U Mad At Me」もしっとりとオシャレな夜会系の一曲で、サンプリングにIssac Hayes「Bumpy's Lamont」を使用してムードたっぷりに仕上げています。「Get Loose」はJazze Pha製作でNellyが援護射撃で参加、ばらばっばっばー♪なメロディに乗せるT.I.の歯切れのよくキャッチーなフックも冴えてるし、NellyもJazze Phaとは相性抜群なのでキマってます。サウスの先輩BGを招いたドカドカと派手に邁進する「What They Do」も男らしくてタフ、製作はKLCなる人物。これまたサウスの大物ProducerであるMannie Freshが製作&客演した「The Greatest」は、いかにもMannie Freshらしいエパエパチキチキなビートが癖になります。「Get Ya Shit Together」はScott Storchが製作を担当、客演にはLil' Kimが参加。クールなシンセサイザーが小気味良く響く宇宙的なトラックで、Lil' Kimはフックのみ参加。The Neptunes製作でPharrellのあの細いファルセットが聴き手をハイな気分にする「Freak Though」が僕は好き、クールとメロウを絶妙にブレンドしたメロディとT.I.の紳士的なスマートラップ、Pharrellの歌フックとどれもが僕の好きなR&Bテイスト曲。再びScott Storchが製作を担当した「Chillin With My Bitch」ではJazze Phaが客演参加、アコギを爪弾き鳴らすスパイシーで哀愁たっぷりのメロディに、Jazze Phaの喉震わすコク深い歌声が雰囲気バッチリの一曲でグッド。Lil' Jonが製作した「Stand Up」ではLil JonにTorick DaddyにLil Wayneとかなり濃~い面子がマイクリレー、全員がキャラ濃いので聴き応えはバッチリです。最後を締め括る「My Life」はDaz Dillingerが製作&客演で参加、浮遊感のある空間遊泳的な電子曲がクールでカッコイイですね。

T.I.の声ってカッコイイんですよ、そうですつまり声まで二枚目なんです(悔)。ハッキリ言ってサウス物が苦手なんでそこまで期待してはいなかったんですが、このアルバムは結構良かったです。これからの活躍にも期待できる若手有望株No.1のT.I.、Jay-Z超えする日は来るのでしょうか。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment