RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Paid In Full」
pain-dreamcovs.jpg


Jay-Z率いるRoc-A-Fellaの精鋭で作られた映画のサウンドトラック『Paid In Full』の御紹介。映画『Paid In Full』のサウンドトラックって事なんですが、この映画自体は観た事がありません。Roc-A-FellaをJay-Zと共に取り仕切っていたDame Dashの企画の様で、ホストはこれまたRoc-A-Fella所属のDJ Clueが担当している様です。てな訳で中身は当然ROC一色、Cam'ron率いるDipsetもこの頃はRoc-A-Fella所属ですので参加しています。
それではざっとで中身を御紹介……まず始めにこのアルバムは二枚組でDisc1は純粋なインスパイア盤、Disc2がオリジナル盤となっています(今回はDisc2を紹介)。まずはDJ Clueの紹介で始まるQueen「We Are The Champions」をべ~~ったり使った「Champions」で幕開け、Dame Dash製作という事であまり芸がないというか、薄っぺらく感じてしまう一曲。しかしKanye WestからYoung Chris、Beanie SigelにCam'ron、そして最後に外部からTwistaのマイクリレーはなかなか無い組み合わせだから面白い。特にTwistaのカッチリ嵌り具合は素晴らしい、流石の仕事っぷり。Jay-Z「Takeover」の一節“Roc-A-Fella Is The Army”をまんま下敷きにループさせた「Roc Army」はZukhan Bey製作曲。ヒンヤリと緊迫感のある敵意剥き出しなトラック(あとBeanie Sigelの“Mac! Mac! Mac!”の掛け声)がカッコイイ、ここではBeanie SigelとYoung Chris、Cam'ronに加えて、ROCに欠かせないFreewayにPeedi Crakk、OschinoとSparksが参加。「Bout It, Bout It (Part III)」ではCam'ron率いるThe DiplomatsとMaster Pが参加、ギュイギュイうねるトラックに胸焼け起こしそうだし、殆どがCam'ronのラップであまり好きになれない(苦笑)。「One For Peedi Crakk」はPeedi Crakk、Young Chris、Beanie SigelにFreewayとROC純血の精鋭が勢揃い、製作はMegahertzが担当しています。「1, 2 Yall」はもうMemphis Bleek作品で既出、Memphis Bleekを軸にJay-Z、Lil' Cease、Geda Kが参加した攻撃曲。「Don't You Know」は待望のJay-Zソロ曲、製作も嬉しい事にJust Blazeが担当。Simon Haseley「Hogan's Thing」をサンプリングしたソウルフル丸出しのこの曲はカッコイイ、Jay-Zの最新作『American Gangster』に収録されていても良さそうな一曲。「You Know What I Want」はRoc-A-Fellaに所属しながらも全く日の目を見なかった男性シンガーRell、援護射撃にCam'ronの一曲。Rick Vocalsなる聞いたことのない(勉強不足)シンガーが歌う「Ghost」はKing James製作曲、知らないけれど上手いんだから凄い。Black KeysがEddie Kendricks「Shoe Shine Boys」を下敷きに製作した「Home Of Philly」はBeanie SigelとYoung Chris曲、もうこの組み合わせになると安心して聴けます。僕が本作でも気に入っているのはAllen Anthonyが歌う爽やかな「Alright」、製作はJust Blazeが担当。Freewayを主軸にした方も好きだったけれど、Allen Anthonyの歌声がうんと堪能できるコッチも好き。Ron Feemster製作の「City」ではM.O.P.が登場、せっかくのM.O.P.なんだからJust Blaze製作でなにかバキバキなトラックに乗っけてもらいたかったなぁ(願望)、まぁ充分楽しめますけど。「I Am Dame Dash」はJust Blaze製作曲でVicki Sue Robinson「Freeway Song」を45回転早回しした十八番曲、Dame DashにCam'ronにJim Jonesの面子には勿体無い気がしてならないトラック(涙)。最後を飾るPhillyな匂いプンプンの「Brooklyn Girl」を歌うM.A.J.が気になる、なんか知らんがメッチャ良い雰囲気を醸し出してて、なんか凄い気になる。

とまぁ、Roc-A-Fellaファンでなければあまり楽しめないかもしれない内容になっています(笑)。ハッキリ言ってクオリティはかなり低いと思います、突出した曲も無ければ、そんなグッと来る組み合わせも無かったし、トラックもどれも地味で味気が無い、う~~~ん……なんか肩透かしだったかなぁ(苦言)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment